多動性

【多動性】とにかくいつでもどこでも落ち着けない。授業中とか毎日地獄でした。体のどこかを必ず動かしてしまう。じっとできない。ぼーっとしたり静かにしてくことがどうしてもできない。本気でお寺に修行行こうかと思ってました。

嬉しいです。ありがとうございます(^^)
3

私が下半身麻痺になって改善した経緯

私が下半身麻痺になって改善した経緯をお話しました。30分と長いですがご覧になっていただけたら幸いです。

勝ち負けがわからない

下の娘は鉄砲玉みたいな多動性があったので、義務教育の間に壁にバンバンぶつかって、中学生あたりにはすでに自分の感覚を抑え込んで窮屈な人生(社会に求められること)と格闘することになっていた。

高校生くらいにはもう人生を悲観しており、寿命はもう充分だ、20歳までには人生を終えたい、とのたまっていた。

次女は私と趣味思考が全く違うので『お母さんと私は違う』と早くから認識し(諦め)て親と対等に付き合うこ

もっとみる
龍神召還 願い事を言え
4

焦り..。 弱者 仕事 生

4月末からパッタリとやんだ派遣が

急に仕事依頼きました(数は少ないけど...)

しかし、今回のコロナで何も保証して貰えない会社

未来も無ければ所属するのも無意味(元々副業としてたような仕事)

しかし、コロナ渦になってから働く“ということをしていなかったので💦💦

そのバイトすらちゃんと果たせるのか不安しかありません。

だから行くんですけど。

コロナ警戒中だけれども。

人だから

もっとみる
嬉しいです♡ 私からもお邪魔させて頂きます♡
1

アイデンティティ (自粛だからこそ向き合えた現実..

障害者手帳を取る前は、どこか自分は一般人でいける!と思っていました。人とは違えど就職はしたし、転職もできたし、仲間も居れば好きな人 場所もある。それだけで毎日happyでした❤️

しかし、転職を繰り返すと再就職は難しくなるし、

仲間とのいざこざも増えるし

何より自己分析が出来ていないから..発達障害に打つ手立てを知ってないんですよね。

自粛で自由も仕事も奪われ、ずーっとずっとただ生きるため

もっとみる
嬉しいです♡ 私からもお邪魔させて頂きます♡
2

ADHDの多動性は思考にも現れる。目につくものからどんどん連想ゲームが始まる。なんでそんなに刺激を求めに行くのかと思って調べていたら『脳でつくられるドーパミンが少なく、やる気が出にくい』ということを知った。それは依存しやすさにも繋がる。健全にドーパミンを出すには、どうしたら🤔?

フォローもぜひお願いします✨
5

ADHDと併存する障害について

2016年9月、こころとそだちのクリニックむすびめの医院長 田中康雄先生のセミナーへ行ってきました。
今回は「ADHDと併存する障害について」でした。
ADHDという言葉も一般的に通じることが多くなり
広く知られるようにはなったものの、まだそのADHDというものを上手く説明することが 実は医師でも難しいとの事でした。

ADHDの子たちが大きく困り感を感じていることととして衝動性だったり攻撃性だっ

もっとみる
Thanks a lot ❣
14

新しいルールを作って数日経ってどうなったか

先週末から私は新しい自分用ルールとして「一度につき一つのことに集中すること」を意識するようにしました。それによって生じてきたいくつかの変化について書いておきます。

最も分かりやすかったのが音楽鑑賞です。何かをしながら音楽を聴くのではなく音楽を聴くことに専念するようにしたところ、10代の頃に聴いた曲を10代の頃と同じくらい純粋な気持ちで聴くことができて気分が高揚するのを感じました。こちらがそういっ

もっとみる
ありがとうございます!!
2

ADHDの多動性、衝動性

ADHD:注意欠陥多動性障害

不注意の特性が強く出るタイプ、多動・衝動が強く出るタイプがあります。

不注意型:気が散りやすく、物事に集中できない。

多動性・衝動性型:落ち着きが無い。ささいなことでカッとなる。

我が子には特に多動性、衝動性が強く出ています。

その特徴をまとめていきます。

日常生活での困りごと

ADHDとは不注意、多動性、衝動性などの行動特性があり、

生活上の困難があ

もっとみる
ありがとうございます!
3

新しいルール作りのチャレンジ

こちらの投稿を私自身は自分語りの集大成ないし自己分析の総まとめ(*)のように捉えていまして、これからは日々新しく知ったことだとか、誰かのためになるような情報だとかを書くことに重心を移したいと思います。

そうした新しい方向にシフトするにあたり、最低限守ろうと思っているルールがありますので勝手にここで宣言させていただきます。それは

一度につき一つのことに集中すること

です。

何かというと瞑想す

もっとみる
読んでいただいて嬉しいです!
4