7/4  ホンモノの言葉たち

おはようございます✨

昨日は嬉しい連絡がありました。以前、愛知にある

【未来をつくるチカラを育む『生き方塾』】『子どもキャリアパーク ミラコラ  』

に参加させていただいた際に
小中学生から頑張る高校生に向けての応援メッセージを考え、それをカレンダーに仕上げた『日めくりカレンダー』を作ろう!!
という何とも素敵で魅力的な企画を実行に移していただき、小中学生にメッセージを考えてもらっていました

もっとみる
前向き且つ未来志向✨

何回言っても聞かないんですよ❗️

あの人は

何回言っても

聞いてくれない。

直してくれない。

人を馬鹿にしている!

そうゆう話を聞いた事が多々ありますw

なんでか分かりますか⁇

それは

エゴだからです。

誰かを変えようというのは

あなたのエゴ。

子供でもパートナーでも家族でも

誰かを変えることは出来ないでしょう。

だって

あなたも

他人を変えようとする事を

ずっとやってるんだからw

辞めろって言わ

もっとみる
スキありがとうございます😊
1

今日ここから。

2020/7/3

今日、開業届を提出してきた。

開業日は2020年6月11日。

ぼくにとって、たいせつな日。

なぜ、今日まで出さなかったか。

躊躇していた。仕事の都合。そして、げんを担いで大安の日にしたかった。ちなみに、開業日も大安だ。

開業届を出したからといって、全てが一気に変わることはない。実際、まだ準備は必要だし、コツコツと積み上げていかないといけないのだろう。

それでも、夢と

もっとみる
感謝でございます😊
14

5月のこころの香り

小さなことですぐに揺らぐ心に不甲斐なさを感じてきたけれど
自分の軸が見えてきて、揺らがない強さを感じたら、
その先に広がるわくわく感も同時にやってきた!

今月の私の本能が選んだ香りは、
OrangeSweet、TeaTree、Citronella。

「揺らいでいたあなたもよかったよ」と優しく抱きしめてくれたOrangeSweet。

落ち着いた強さで軸をつくってくれるTeaTree。

Cit

もっとみる
とっても嬉しいです♪思い出の香りはありますか?
5

ぼくがぼくでいられる瞬間。

7月ってもう暑くて夏ってイメージやけど、実はしばらくは梅雨の時期が続くから雨が多くてジメジメしてますね。

どうも色波です。

今日は昨日に引き続きまして、表現について書いていこうかと思います。

作るということ

ぼくは最近までずっと自分の作品のことを愛せませんでした。

と言うと極端に聞こえてしまうかもしれませんが、自分の中から出ていったものに関しては興味を失ってしまっていたんです。

3〜4

もっとみる

何となく調子が良いと感じる朝、いつも決まって買っていた缶コーヒーや一服のルーティンが「今日はいいや」と思える日は本当の意味で、あなたの心が整っているのかもしれません

忙しい時こそ自身で
心を満たし、ゆとりを整えましょう

今日という一日も豊かで軽やかになりますよう、応援してます

ありがとうございます。私もスキ♡しにいきますね!
4

私が伊能忠敬先生の生き方に惚れるのは?

私が伊能忠敬先生の生き方に惚れるのは?

先生が伊能家に来た時、家業は衰え危機的な状況だった。約10年間で経営を完全に立て直してしまった!

36歳で名主となり、1783年(38歳)の天明の大飢饉では、私財をなげうって米や金銭を分け与えるなど地域の窮民の救済に尽力し、先生の村は一人の餓死者も出さなかった。

49歳で家業を全て長男に譲って隠居。1795年、50歳を機に幼い頃から興味を持っていた天文

もっとみる
ありがとうございます😊これからもよろしくお願いします🤲
7

7/3  『人生』というフライト

おはようございます✨

1週間もあっという間ですね💦
ここ数年本当に時間が過ぎるのが早く感じます。アラフォーだからでしょうか?

小学生の頃は1週間も1年間もとても長く感じてたのになぁ💦
次のクリスマスや誕生日が来るのを待ちわびながら、待てど暮らせどその日が中々近づいてこない…そして忘れた頃にようやく訪れる。
そんな印象でした😌

それがどうでしょう。
ここ数年特に「今年も始まったなぁ」と正

もっとみる
自分に与えられた環境に感謝✨
3

企業理念「途上国から世界に通用するブランドをつくる」

山口絵理子(マザーハウス代表)さんが作られた企業理念「途上国から世界に通用するブランドをつくる」、私これがものすごく好きで、もちろん山口さんという女性も笑顔も魅力があって、大好きな方の一人です。

この理念は、一企業の理念ということだけではなく、どういうか弱者の泥臭い反骨精神でったり、好きな人、物、事、に対する自分自身の美学であったり、人間の想いがすごくつまっていると感じていました。

人は夢を持

もっとみる

自分の人生に責任を持つ

新卒至上主義は何のためか。

大学生活も後半に差し掛かり、周囲から就職活動という無言の圧力を感じる時期になった。

昔、所謂就活スタイルと呼ばれる服装が大嫌いだった。なぜ皆と同じスーツに髪型をし、個性を消して面接にのぞまなければならないのか、と。

今なら少しは理解することができる。外見上の差を減らすことで、学生の内面を見極めようとするための慣習であると。少なくとも現時点で私はそのように理解してい

もっとみる