【夫婦別姓】苗字は大切ですか?

選択制夫婦別姓を認めないことが違憲ではないと最高裁が判断したことは大々的に報じられました。皆さんはこのニュースにどれくらい関心がありますか?私はとても興味深く見ていました。 確かに憲法で夫側の姓にしなさいと決められているわけではないので、どちらにすることも自由です。なるほど、だか…

お金の話はタブーではない!

森永卓郎は非常に頭のいいジュニアを持ったと思う。 言ってみれば復旧ではなく復興を目指すべき理由をわかりやすく説明している。増税前に戻さなければならない。 今の日本社会を築いてきた先人たちを我々世代以降が敬えるか、それともさげすんで楢山節考のごとく対応するか、それは今ここで政策転換…

夫婦別姓って裁判でやることなの?

夫婦別姓は合憲、 最高裁の判断が出たようですね。 っていうか、 これって裁判でやること? 原発稼働の可否の裁判のときも 思ったんだけど、 あれも裁判でやることなのかなあ? ニュースで見てると、 正義感の強そうな弁護士さんが 「こうあるべきだ!」と 怖い顔して主張してますよね。 正義感の…

この国は 滅びるだろうな と思った件

本日 2021年6月23日 最高裁決定で 夫婦同性の強制は 合憲なんだとさ。こういうことは 国会で決めるべき なんだとさ。司法の役立たず。 25年前に 夫婦別姓が選択出来る 改正案を作ったものの 放置プレイ。6年前に最高裁からボールを投げられてなお、不作為を続ける立法府は 司法以上のポンコ…

相変わらずインフラ整備出来ないダメ政治

G7で積極的にインフラ整備を進めよという方針。 それに引き換え日本の馬鹿どもは緊縮財政に頭が狂い、インフラ整備をサボる。結果、災害から全く回復出来ず、海外からは物笑い。 安く買い叩かれる日本になりたい菅政権、二階、麻生始めとする自民党のマゾヒストになぜシルバーは投票を続けるのか。そ…

「政治スタッフ(見習い)」という仕事 〜わたしの経歴の話〜

政治家の卵が、世間のいろいろな方の”ごはんの食べ方”に迫るインタビューシリーズ。初回は、39歳で政治の世界に入ったわたしから、自己紹介を兼ねてお伝えします(*1)。 選挙という文化祭の裏方仕事---「政治スタッフ(見習い)」ってどんな仕事なんですか? 永田町を中心とした「おまつり担当」で…

国会会議録の分析 「おめでとう」の登場回数

おはようこんにちはこんばんは。mitsunariです。 前回に引き続き国会会議録で遊んでいきたいと思います。 https://note.com/jibu_mitsunari/n/n34838512f2bf 今回の単語は「おめでとう」。何か発見があるといいですね。 分析対象のデータ : 第1回 - 第203回国会までの発言全て 「おめでとう」の全登…

国会会議録の分析 「やば」の登場回数

おはようこんにちはこんばんは。mitsunariです。 前回に引き続き国会会議録で遊んでいきたいと思います。 https://note.com/jibu_mitsunari/n/n8b9234361a89 前回、加藤厚労大臣は国会の場で一度も「やば」という発言をしなかったことがわかりましたね。他の議員はどうでしょうか。 ※助詞の「や」と…

テクノロジーは人が動かすもの。

テクノロジーは人が動かすものであり、人を動かすものではない。 政治家のじーさんたちはやたらとテクノロジーをもてはやし、政府のお勉強しかできないお坊ちゃんたち、官僚のお坊ちゃんたちは技術だけでどうにかなるという思い込み。 室伏氏は人間の解決能力を低下させる「技術狂」なる言葉で「テク…

反社に与しない経産省の姿勢

財務省の学級委員長的な考え方にNOの声を挙げる省庁が出てきたことは非常に喜ばしい。 そろそろ不毛な議論には終止符を打ちたい。 国民は普通の生活に戻りたいんだ! 我々は声を挙げ、反社会的活動をしている政府に対し、まっとうな国民生活ができる水準、そう、憲法が保障する水準を保証させようは…