裕福への6ステップ 第2章「裕福になるために、この3年間で実践したこと」(後半)

こんばんは。
お金のソムリエ協会グランドマスターの
小林依久乃(こばやしいくの)です。

2019年にダウンロード数1000を超えた小冊子「裕福への6ステップ」を軸に、さらに、1冊のビジネス書籍にまとめてみました。

労働収入だけのサラリーマンで終わりたくないと思っている方、あちこちのセミナーに行ってもまだ裕福になれていないセミナージプシーの方に読んでいただきたいです。

ちなみに、マガジンで購入

もっとみる
励みになります💕よろしければシェアもお願いします‼
6

裕福への6ステップ 第2章「裕福になるために、この3年間で実践したこと」(前半)

こんばんは。
お金のソムリエ協会グランドマスターの
小林依久乃(こばやしいくの)です。

2019年にダウンロード数1000を超えた小冊子「裕福への6ステップ」を軸に、さらに、1冊のビジネス書籍にまとめてみました。

労働収入だけのサラリーマンで終わりたくないと思っている方、あちこちのセミナーに行ってもまだ裕福になれていないセミナージプシーの方に読んでいただきたいです。

ちなみに、マガジンで購入

もっとみる
とても嬉しいです💕
5

また、負け戦だったか

黒澤明監督の「7人の侍」から、台詞をお借りします。

 本日、人事当局から『営利企業への従事等の許可について』という大変ありがたい文書を賜りました。
 書籍販売について「許可」をいただきましたので「公タマ伝」及び「福島太郎」について、「公認」を得たということになると思います。

 この、有り難き「許可書」について、平身低頭、低頭平身、恭しく頂戴いたしました。
 全く意義はございません、謹んでお受け

もっとみる
ありがとうございます。嬉しいです
11

裕福への6ステップ 第1章「人生を変えた救世主との出会い」(後半)

こんばんは。
お金のソムリエ協会グランドマスターの
小林依久乃(こばやしいくの)です。

2019年にダウンロード数1000を超えた小冊子「裕福への6ステップ」を軸に、さらに、1冊のビジネス書籍にまとめてみました。

労働収入だけのサラリーマンで終わりたくないと思っている方、あちこちのセミナーに行ってもまだ裕福になれていないセミナージプシーの方に読んでいただきたいです。

ちなみに、マガジンで購入

もっとみる
励みになります💕よろしければシェアもお願いします‼
7

決断

こんばんは。今日はちょっとリアルな悩みがあるため、軽く書きます。

、、、

素直に、つまづきました。

理由は家族内での経済的問題。

親もいい歳してきています。

父親は定年までもう何年も無い状態であるのにも関わらず、前職を退職し、転職しました。本人は転職先で楽しそうに仕事をしているものの、退職金は少なく、もちろん給料も激減。

母親からは、悲しそうに「楽できひんなぁ」との声。

僕自身を育て

もっとみる

サラリーマンの副業が会社にバレた結果...

どうも。

タイトル詐欺ですが、今回は副業が会社にバレた時のことを考えました。

会社に副業をバレないようにするには、確定申告で住民税を普通徴収にするか、あるいは法人を設立すればバレないらしいです。そうは言っても、なんかボロが出てバレるのではないかと不安になります。

まず、うちの会社の就業規則を見ると、会社以外に勤務してはダメと言った旨のことが書いています。勤務の定義がよく分かんないですが、アル

もっとみる
ありがとうございます^ ^
13

副業は賛成派

みなさん、こんにちは!あひるさんです。
今回はせっかくなので副業に関することを書いていこうと思います。
みなさんの会社は副業はOKですか、まだ数多くの企業が副業を禁止しています。
私は、副業については推奨派です。
ただ、バイトをかけもちをするとかではなく、自分自身でなにかを行うことを大前提とします。
もちろん、本業を疎かにすることは悪でしかありません、本業あっての副業なので本業で精一杯頑張ることを

もっとみる
スキありがとうございます!
39

最近話題の副業。
うちの会社は禁止。
だと思っていたけど、いつの間にか、申告許可制でOKになっていた。
いつの間にか。
どんな副業がOKでどんな制約があるのかは不明。
申告しないで副業すると、解雇。

う~ん、申告しなくても、
じぶんで確定申告すればバレない気がする。

ありがとうございます
4

副業時代にこれを知らないと負ける

皆さん今は副業時代と言われているほど副業が国や企業が奨められていますよね? あれだけ今まで何も言ってこなかった国やましてや副業を禁止にしていたような企業までもが現在、副業を奨めているかご存じですか?

なぜ副業時代になっている?

今これだけ国や企業が会社が皆さんに副業を奨めているのにはもちろん明確な理由があります。それは国も企業ももう皆さんの面倒を見ることができなくなったからなんです。今まで国は

もっとみる
あざっす!
11

「今日から副業禁止です」社員が猛反発。就業規則の新設による労使間トラブルを回避するための心得

設立したての若い会社では、バックオフィスや社内制度が整備されておらず、社員の副業は「暗黙の了解」となっている場合が多いです。会社の成長に伴い、経営側が「就業規則」を定めるにあたり、暗黙の了解であったはずの副業を明確に「禁止」と打ち出したため、社員とのトラブルに発展したケースがありました。このようなトラブルを回避するにはどのようなことができるでしょうか。

小規模の会社で「暗黙の了解」だった副業

もっとみる