私に掃除をさせる大地はすごい。

こんにちは。
zabesuです。

私はホント、掃除が苦手で。。

いつのまにか、物で溢れ返ってることが多々あります。

それを変えてくれたのが、愛犬 大地。

朝のゲージ掃除を家族と交代でしていますが、6年、毎日欠かさず掃除しています。

そのおかげで?動物病院の先生には、

「大地くんは綺麗好きですね。」

っと言ってもらうことができました。笑

あんなに掃除嫌いだった私を変えた大地は、ホント

もっとみる

コミュ障を克服しようと頑張りすぎてた話とそこから気づいたことの羅列

小さい頃から本当に人見知りすぎて。何を話しかけていいかわからなくて。みんな早く打ち解けてる感じがするのに、私だけ全然打ち解けられてない気が常にしていた。

そこから自分はコミュ障なんだと思い込み、それがものすごくコンプレックスだったので、「私は普通じゃない。普通レベルにコミュ力つけなきゃダメだ!」と向上心を持って努力した結果、

よくしゃべるタイプのコミュ障になってた。

(なんか、コミュニケーシ

もっとみる
明日から元気になれます!
3

私が爪を噛む癖を”少しだけ”克服した方法

私は、物心ついた時から爪を噛む癖がありました。家族からは爪にワサビを塗られたり、「指を口に持っていくな」と言われたり「爪を噛んでいた人が大人になって倒れて手術をすることになってお腹を切ったら爪がギッシリ詰まっていた」と怖い話をされたり、周りの大人たちはどうにかして爪噛みをやめさせようと必死でした。

けれど、口を酸っぱく「やめろ」と言われると逆に噛みたくなります。隠れて噛むことが増えました。噛む所

もっとみる
ありがとうございます!!

逃げても逃げても追っかけてくる人間関係の悩みは、自分の人生の糧になる

人間関係って、本当に難しい。

悩みの渦中に居るときは、どこにいても、何をしていても、絶えず悩みの原因になっている相手のことを考え続け、うまく立ち回れない自分を責めて卑下し、自分の居場所のなさにも失望し、「自分はちっぽけで無力で存在価値がないダメな人間なんだ」と情けなく感じられて、心がどんどん辛くなる。こうしてメンタルがどんどん沼に沈んで落ちていく。

しかも、こんな状況では、自分の今の様子を冷静

もっとみる
わたしも大スキ♡これからもヨロシクお願いしますね~♡
22

岸田秀『ものぐさ精神分析』を用いて 自己嫌悪を構造から捉えなおし克服まで

自己嫌悪には解消できるものがあるのではないかというのが今回のnoteのテーマである。前半は岸田秀の著作『ものぐさ精神分析』のある小テーマからの引用とまとめで、後半はそれを利用した私なりの自己嫌悪の克服方法である。読むのが面倒な人は太字だけ読んでくれればよい。もっといえば『ものぐさ精神分析』買って読めばよい。

1.『ものぐさ精神分析』-自己嫌悪の効用―太宰治の『人間失格』について-引用&まとめ

もっとみる
あなたの投稿も見に行きますね。ありがとう
4

転職した。

職場を変えた。
先生から居酒屋さん。お酒も接客も大好きだから、転職決まった時には嬉しかった。

そしてそこの人間関係が素晴らしすぎて。

今まで先生って人種に多く触れてきたからか、行動を評価する・されることが当たり前だった。
あの人のクラスはこうだよね
あの子はこういう問題点があるよね
あの先生の指導はだめだよね
そんな話題が飲み会であがるたびに、自分も言われてるんじゃないかっていう不安に襲われて

もっとみる

私と摂食障害~今振り返って思うこと~⑰

みなさん、こんばんは。今日は、私の摂食障害の経験を振り返ってみて、今思うこと その17について書きたいと思います。

私と摂食障害~今振り返って思うこと~⑯ ⇩

昨日は、

その(摂食障害の)頃の私は、家で一人で居るとどうしても「食べること」を考えてしまうので、なるべく家にいない時間を作るようにしていた記憶があります。それを、同じ悩みを抱えている方々と過ごすことによって作ることが出来るのであれば

もっとみる
あっ、ありがとうございますぅ。照れますねぇ~
12

トイレいくいく症候群

次女は、チャキチャキしていて、負けず嫌い。

常に1番を狙っている。

2番になって悔しがる次女に

「頑張ったからみんな1番だよ。」って慰めると、

「1番、2番っていうのがいい!」って駄々をこねる。

前日、運動会に行ってきた。

他の子は、ニコニコしながら、踊ったり行進している。

次女はというと…

常に真顔でニコリともしない。

愛想のかけらもない。

玉入れをして、次女のチームが負けて

もっとみる
スキ、ありがとうございます!
10

人見知りをなおしたくて、メイド喫茶でお給仕をしていた話。

こんにちは、みきちむです。今回はちょっと昔の話をしたいかな。

10代のころからサブカルチャーというものが好きで。わたしの年代は通る道だと思うんだけど、わたしも例にもれず「涼宮ハルヒの憂鬱」でオタクの道に入り、20代になってからは、奈良の田舎を抜け出したくて大阪でカフェでのバイトをはじめた。そのときのわたしはやりたいことがいっぱいありすぎてなにができるのかを模索していた時期だった。



実はそ

もっとみる
いちにち、おつくまさまです!!
4

勉強法が嫌いな子へ伝えたい勉強法

こんにちは。
今日は勉強が嫌いな子に向けた勉強法についてお伝えしたいと思います。

僕は勉強が嫌いでよく「勉強しなさい!」と怒られていました。
そこで僕は自分に合った勉強法を考えました。

勉強のやる気が出なかった僕もこの方法で定期テストが70点台から80点台にアップしました!

その方法は

授業動画を見て勉強

僕は教科書やノートに向かって勉強するのがとてつもなく苦痛でした。
僕以外の勉強嫌い

もっとみる
ありがとうございます!これからも頑張るのでよろしくお願いします