初期価格設定ってどうやって決めてるの?

初期価格設定ってどうやって決めてるの?

おはようございます。筋トレ明けで体が重いtomです。 最近週1ペースで筋トレをしているのですが、少しずつ昔の体に戻ってきている実感が出てきて楽しい。 ちょっとずつでも成長を感じるれるものっていいっすよね。 そんなこんなで昨日は京都のアウトドアショップWILD 1に行ってきました。 関西には京都にしか店舗がなく、以前からいってみたかったのです。 おしゃれなギアやウェアーが揃えられていて、アウトドア好きにの方はぜひおすすめです。 自分は特に買うものは決めてなくて、良いものあ

スキ
1
安定したサロン作りは「自分が納得出来る価格設定」と「お客様にリーズナブル」と感じてもらうこと

安定したサロン作りは「自分が納得出来る価格設定」と「お客様にリーズナブル」と感じてもらうこと

施術金額はネイリスト側で決められますよね。 ご自分のサロン価格は納得いくものでしょうか? 価格設定は" ご自分が納得できる値段 " をオススメします。 開業直後などは沢山のお客様に来て欲しいからと 自分が思う安め設定にしてしまうケースもみられますが 実は、安いから人がくると言うことも無かったり 一生懸命やってもこれだけ… と言う気持ちが生まれやすく、クオリティや接客の低下につながる可能性があります💦 逆に高め設定の場合、 ネイルは技術の世界なので、高みを目指せばいくら

スキ
2
 お客様が来てくださる理由の一つが"価格"。安い高いではなくリーズナブルかどうかがキーになっています

お客様が来てくださる理由の一つが"価格"。安い高いではなくリーズナブルかどうかがキーになっています

来店理由の大きなキーとなると考えられるのが " リーズナブル=手頃な価格である "「この内容でこの価格なら払いたい」 と思ってもらえるという事です。 お手頃価格とは 金額が低いと思われる事もあるようですが そうではなく、 サービスの内容が対価に見合っている もしくはそれ以上に価値を感じる と言う意味合いが近いと思います。 つまり20000円でも通い続けたいサロンもあれば 4000円でも高く感じるネイルサロンなら行かない。 技術・サービス・人柄・環境など お客様がどれ

スキ
3
個人事業・副業を始める方のための商品価格の設定方法〜具体的な数値からリスクを最低限に抑えてより多くのお客様にサービスを提供できる料金設定の考え方〜
+1

個人事業・副業を始める方のための商品価格の設定方法〜具体的な数値からリスクを最低限に抑えてより多くのお客様にサービスを提供できる料金設定の考え方〜

「商品の価格をいくらに設定したら良いかわからない」「とりあえず感覚的に同業者のサービスと同じぐらいに設定してしまっている」そのような方も多いのではないでしょうか? それは正直言ってかなり危なく、先行きの経営が不安すぎるのでしっかりと考えた方が良いです。 僕は現在、ピラティススタジオを経営しており、全国展開を行えるまでに事業を伸ばすことができましたが、同じような志の初心者の方からこのようなお悩みやご質問を多々いただきます。 いつもはコンサルのような形で個別にお話しさせてい

スキ
10
有料
500
残り74/100
ゲーテの言葉とマーケティング理論ー上澄み戦略と浸透戦略ー

ゲーテの言葉とマーケティング理論ー上澄み戦略と浸透戦略ー

マーケティング用語で、上澄み戦略(スキミング戦略)と浸透戦略(ぺネトレーション戦略)ってのがあります。 スキミング戦略とは、スキミング(上澄み)をすくうことを目的とした価格設定です。ぺネトレーション戦略とは、ぺネトレーション(浸透)を優先する戦略であり、新商品を市場に浸透させることを目的とした価格設定です。それぞれの戦略はターゲットとする顧客層が異なるため、市場への広がり方も異なります。 上澄みをすくうスキミング戦略は、利益を出しづらい商品の導入期に、富裕層やイノベーター

スキ
9
価格の決め方
+3

価格の決め方

こんにちは!カネ十農園のふじたくです! 自分も、自分も周りも下半期になって動きが加速している気がします。 後悔ややり残しが無いように日々やっていきたいですね! さてさて今日は価格の決め方についての話です。 よく聞く価格の決め方 よくみなさんがイメージする価格設定方法は 「コストプラス法」でしょう。 コストプラス法を簡単に説明すると「原価に利益を加えた価格」で 主に直接製品を製造するメーカーがよく用いる方法です。 計算式で表すと以下のようになります。 価格=原価(直

スキ
1
自分の相場はいくらぐらい?
+5

自分の相場はいくらぐらい?

 前回の「夜空にケツが昇ってく」にも書いたように、私は薄給で中国の大学のオンライン授業をしている。  どれだけ学生のために時間を捧げようと、給料が上がるわけではない。それでも一人一人に誠意を持って向き合いたいからと、奉仕と自己犠牲の精神にどこか酔ってたのかもしれない。  私は人の情けで生きてるヤドカリ人生。  金はないけど人が財産。  そう思って自分の人生肯定しつつも、どこかで「稼げない」自分に納得いかない思いだった。  でもそれ自作自演では?  本当は稼げるよう

スキ
6
価格理論の考え方と需要と供給

価格理論の考え方と需要と供給

倉澤資成教授の『入門・価格理論』の第1章「価格理論の考え方」と第2章「需要と供給」を練習問題とともに、再読した。やはり、経済学(その中でも理論経済学)は、いいですよね。頭がすっきり整理されますよね。経済学に対する安直な批判も、実は、大きくは、理論経済学に包含されてしまうことが多いのであろうということですよね。倉澤資成教授は、この2章分の記述で、言葉にすごくこだわりを見せていますよね。類書だと、あまり気にかけないで、やっていくところに、こだわって説明してくれていますよね。学生時

スキ
13
受発注に際して、自分が嫌われて良いと思っている。

受発注に際して、自分が嫌われて良いと思っている。

ふと、こんな言葉が浮かんだ。 発注側であれ受注側であれ、両者でサービスにおける対価を決めなければならない場面が出てくる。わりと多くの場合、発注側が受注側に対して「見積もりを出してください」と言うわけだが、受注側の立場だと「これくらいの金額で大丈夫なのだろうか」とモヤモヤすることがある。なので、あの手この手を使って相手の予算感を聞き出すわけだが、厄介なことに、窓口を担当している人が決裁者ではない場合もあり、情報をもとに弾き出した金額が「高すぎる」みたいな結末になることもあって

スキ
5