佐倉綾音

【俺ガイル5話感想】「一色いろは」という女が罪深いという話をしよう【毎日日記十二日目】

※この話には俺ガイル5話のネタバレを含みます!!!!!!

早速ですが、本日8/7に放送された俺ガイル5話の感想を述べていきます。「感想」とは銘打っていますが、結論は一つです。つまり…

一色いろはとかいう神

5話はとにかく、一色いろはが可愛い回でした。

もちろんそれ以外にも、平塚先生とかゆきのんも可愛かったのですが。
一色いろはのSSを、アニメ放映後4年経った今でもニヤニヤしながら見ちゃう程

もっとみる

僕にとっての佐倉綾音 とは

画像は洋食プレートです。

美味しかったです。

本題

今更ながら日村がゆく最終回を見て、佐倉綾音やっぱり可愛いな〜となり、色々と思い出を書き留めようという目的の記事です。

日村がゆく最終回

今年3月に3年間の放送をもって終了したアベマの「日村がゆく」

友達のいない学生生活を過ごしていた大学1〜3年の僕を支えてくれたバラエティです。

ご存知シオプロ制作の番組ですね。

シオプロの番組って

もっとみる

AIスピーカーがめちゃ便利!

ども!👇本日のブログ👇

 なぜ今更このスピーカーの記事を書いたのか、自分で忘れないように書き留めますと、去年のクリスマス辺りに、youtube premium会員限定で無料で届いたgoogle nest miniは、家族で使ってみようと僕が提案して家のリビングに置くことになったのですが、結局誰も使わなかったので僕の部屋に来ることになり、そんじゃあ使ってみようと決心したという経緯。

 ...

もっとみる
明日も明後日も記事の更新をお楽しみに!
6

私を構成する5つのマンガ

①進撃の巨人

著:諫山創 講談社

巨人がすべてを支配する世界。巨人の餌と化した人類は
高さ50メートルの巨大な壁を築き、壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた・・・。 まだ見ぬ壁外の世界を夢見る10歳の少年、エレン・イェーガー。
エレンは、仮初めの平和に満足し外の世界へ出ることを諦めた人々に違和感を覚える。
彼らを「家畜」と呼ぶエレン。エレンを「異物」と感じる人々。
だが、壁を

もっとみる
ありがとうございます!良かったらフォローもよろしくお願いします!
5

「五等分の花嫁」総合的な感想(ネタバレあり)

この記事をご覧頂きましてありがとうございます。

雪瀬ゆののブログへようこそ。

今回は、週刊少年マガジンで連載されていた、大人気ラブコメマンガ「五等分の花嫁」の感想について、4月17日に発売された最終14巻を読み終わりましたので、総合的に良かった点と微妙だった点に分けて語っていきたいと思います。

なお、この記事の注意事項ですがすべてネタバレありでお話しします。

もちろん、ネタバレなしで読んで

もっとみる
このスキが僕のモチベーションになります...!ありがとうございます!
16

日課

今日から芸歴2年目です。最近舞台にも立てず芸人らしい活動をほとんどしていませんがそれでも2年目です。後輩も出来るので頑張りましょう!

さて、今日から新年度ということで周りの環境が変わる方も多いかと思われます。
去年の今頃はこんなことをしてたのに一年経ったらまさかこうなってるなんて!、と思われる方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。

では質問です。ちょうど一年前の今日、あなたは何をしていましたか

もっとみる

昔見た人なら楽しめるであろう『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』

2019年公開映画115本中50位。

劇場版ポケットモンスター第22作品目にして、
1作目のリメイク。
(22作品目って『アベンジャーズ/エンドゲーム』と同じだね)。

実は、ポケモン映画を見るのは生まれて初めて。
1998年当時、中学2年生だった僕は、
ゲーム(赤・緑の初代ね)はかなりやり込んでいたものの、
アニメの方はほとんど見ていなくて、当然映画もノータッチ。
(一応、予習のために3日前に

もっとみる
読んでくださってありがとうございます!
1

20年前の自分だったらドハマリしてたと思った『天気の子』

2019年公開映画113本中49位。

ようやく見れました。
新海誠監督最新作。
『君の名は。』がよかったので期待してた。

祈るだけで天気を晴れにできるX-MENなヒロインと、
家出少年の触れ合いを描いた
甘酸っぱさとスリルが入り交じる青春映画。

新海誠ワールドの、少年少女の青春を
独特の世界観でまとめあげる構図はさすがだなと思うし、
天気という身近な現象をこんな形で物語にできる才能はすごい。

もっとみる
スキありがとうございます!
3

関学声研ブログ 第43回 【舞台挨拶】

どうも皆さまお久しぶりです、GIMです。
私事で真に恐縮ですが、先日20歳になりました。
合法セイクうめぇwwww

さて、今回のテーマですが、書かれてそうで書かれていなかった舞台挨拶について書きたいと思います。

初めての現場

実は、私が初めて現場入りしたのが舞台挨拶です。あまり知られてはいないと思いますが、「ガラスの花と壊す世界」という映画です。限定上映でTOHOシネマズなどの大手では配給さ

もっとみる