休職中

20代半ばのモヤモヤ。

20代半ばのモヤモヤ。

休日。家だとやることもなくて退屈だが、何となく外に出る気分でもない。なんか楽しいことないかなぁ、と思いながらゴロゴロしていた。 気を紛らすために見たYoutube動画で、ある言葉に出会った。 クォーターライフクライシス 20代半ば〜30代にかけて訪れる、人生への焦りや幸福の低迷期。 ちょうどこの年代は、社会に出て現実を思い知らされたり、恋愛に関する決断を迫られたりすることも多い。 学生時代に思い描いていた未来とは少しずつズレが生じる。そうして嫌でも自己のアイデンティテ

スキ
4
「いける」と思った。

「いける」と思った。

 今日は車の修理があって久しぶりに運転。混雑しない時間にゆったり運転できて気分も良くなり、修理後そのままイオンモールに買い物に行った。眼鏡を買いに行ったのだ。  このところ家にいて曜日感覚も薄くなっているし、道が空いてたことでイオンモールが田舎の遊び場ということ、日曜日ということをすっかり忘れていた。イオンに着くと、以前よりも駐車場が空いていてますます「今日はいける。」と思ってしまった。  でも、中に入ったら夕方なのにたくさん人がいて、目から耳から情報がどばどば入ってくる

スキ
1
iPhoneに残るたくさんの遺書

iPhoneに残るたくさんの遺書

赦してほしい睡眠導入剤を飲んでも上手く眠れないときにスマホのメモ帳に考えていることを打ち込むことが多い。 寝たいのに眠れない夜はさらに深い闇にみるみる堕ちていくから、懺悔と自己否定と謝罪の言葉でメモ帳は埋まっていて、起きたときに右手に握られたスマホには昨日の自分の遺書が遺されていた。 そんな日が続いて、私のiPhoneは遺書でいっぱいになった。 深夜から朝方にかけて、内容はいつも似たりよったりだった。 はやくわたしの人生店終いさせてくれません?という祈り。 そう祈ってしま

言葉を飲み込むこと

言葉を飲み込むこと

言葉って喉から出てくる前に 本当に伝えるかどうか決められる時間がある 優しい人は伝えない そして伝えずにその人の元から去っていってしまう でも本当に優しい人は伝えて正してくれる 後者は自分が悪く見られるということを犠牲にしてまで、伝えてくれる 相手から悪口かよってふてくされた態度を受けるかもしれないし、悪いイメージを持たれるかもしれない そんな、相手の本意をつかめずに表面しかすくえない人なんて…って思うかもしれないけど、実際そんな人が多い気がする そう考えるからこそ

スキ
5
もにゃもにゃの朝

もにゃもにゃの朝

まもなく休職100日目を迎える人の、備忘録1週間分、14週目。 ほぼ日記で、その日あったことや思ったことをつらつら…と書いている。 諸々、個人の感想です。 0920(月)曜日の感覚 土曜日に「シルバーウィークか!」と知ってしみじみしていたのに、朝起きると忘れていた。 元々不定休の仕事で曜日感覚失われていたのに、最近は仕事もしてないから拍車がかかっている気がする。 というか、これだけ頻繁に忘れて〜思い出してを繰り返しているのはボケ以上の何かなのではないかと心配してしまう。

スキ
8
うつ病患者が真剣に「ストレス解消」について考える

うつ病患者が真剣に「ストレス解消」について考える

ストレス解消ってなんだろう。 わたしの場合、体調が悪くていろいろ症状をググっても、「原因はストレスです!ストレスを解消しましょう!」の一点張り。それができたら苦労しねえんだ。わたしにとって「ストレスを解消しましょう!」というのは「裸一貫で月に乗り込んで宇宙人に挨拶しましょう!」くらい非現実的でありえないアドバイスだ。それはわたしがうつ病になる前からそうだった。地元の高校でひたすら無視されたり「ビッチは死ね」シュプレヒコールを浴びせられたり丸めた紙屑を投げつけられてクスクス笑

スキ
2
自分を喜ばせる

自分を喜ばせる

私は、人といる時は常に 楽しませなきゃいけない。 喜ばせなきゃいけない。 そんなことばかり考えて生きていた。 でも今大切なのは、自分積極的に喜ばせることだ。 最近はお金の心配から、 外食を控えていたが久しぶりにマックに行って 月見バーガーを食べた。 涙が出るほど美味しかった。 もっと甘やかしていい。

スキ
8
face myself: 他人と比べず自分と向き合う

face myself: 他人と比べず自分と向き合う

朝はだるくて、またお昼くらいに起きた。最近同じような夢を見る。 夢の内容をネットで調べてみると、何か不安に思っている証拠だと出てくる。そうなのかな、わからないけど。ネットの情報だし、ふーん、くらいに思っておく。 人と比べると不安になったり、自信を失ったりするから(元々自信なんてないが)、できるだけ他の人のことは考えないようにしている。 他人と比べず自分自身と向き合おうと思って、自分のことに集中しようと努力してはいる。 今日はチャジャン麺を食べた。これは辛くなくて、どち

スキ
7
17日目 - 先に見えるもの・

17日目 - 先に見えるもの・

起床、9時代 今朝は雨 家族といると気を遣わない しんどいときは、とびっきり休める 一人に戻ったとき、どう感じて、同行動するのだろうか 私のことを知っていく中で、好きなこと、嫌いなこと、得意なこと、苦手なこと、わかってきた 外の人に、私の気持ちを伝えるのは難易度が高い なぜか、嫌われるのが怖いから 休んでいる間、誰とも連絡を取りたくない感情が続いている したくない、というよりも、できない、という感覚のほうが近い 返事、なにを返したらいいのかわからない 文

「私がやらなきゃ。」のベクトル

「私がやらなきゃ。」のベクトル

 土日も定時後も休職中も、業務用携帯の通知が鳴り響く。teamsってとても便利だけど、いつでも仕事ができることは休めないというデメリットも生むもの。勿論、休まず仕事をしてくれている人には感謝の気持ちもあるのですが、何故そうなってしまうのか会社の仕組みについて疑問の気持ちの方が圧倒的に多いのです。  休職前、産業医に「仕事のことは忘れて休むことに専念して。早く戻ろうなんて思わなくていいから。」と言われた。それと同時に「でも、私からは連絡するから業務用携帯は見てほしい。」と言わ

スキ
5