三十歳

自分にありがとう

書きたいことはいっぱいありつつ、
燻っているうちに1か月以上経ってしまった。

久しぶりのnote更新です。

今日、無事に三十歳を迎えました!

全然実感なんてないし、相変わらず好き勝手やって元気に生きています。

よくある三十歳の抱負なんていうのも
なくはないけれど
それよりも、今思うことを綴っておきたいなと思ったので。

--

“おめでとう” よりも “ありがとう”

30年間、本当によく

もっとみる
スキされるとスキ返したくなる
16

恋は枯れた-紫陽花の追憶-

最寄駅の駅前公園は、いつもきれいに手入れされ、季節の花が咲き誇っている。冬の椿、春の桜やつつじ、六月に入ってからは紫陽花。利便性だけを考えて一年前から住みはじめた都心の街の意外なほどの風景の美しさが、無性に心を震わせる。半年ほど前、私は海外移住を真剣に考えていたのだが、本当に冬の間に日本を離れていたら、この美しさを知ることもなかった。

駅前公園の紫陽花を、毎朝通勤時に観察していた。
咲き始めのつ

もっとみる

区切りの年齢で何かしましたか?

 区切りの年齢、あるいはなにがしか定期的に何かをされてますか?。

 よくあるのが、〇才で結婚したので生活スタイルを変え、数年後の子供の成長に合わせて、自分も変えていくなんてことはあるかと思いますが、例えば、30歳、40歳、50歳、そして60歳と何かをした、始めた、捨てた、あるいは、その年齢になったら何かをするという決めとしているか?という事です。

 私自身を振り返ると、
 20歳で免許を取らさ

もっとみる
このような内容でも喜んで頂き感謝です。
7

私が死のうと思ったのは――三十歳誕生日記念エッセイ

僕が死のうと思ったのは
誕生日に杏の花が咲いたから
その木漏れ日でうたた寝したら
虫の死骸と土になれるかな
――中島美嘉「僕が死のうと思ったのは」(amazarashi作詞・作曲)

 いよいよこの日を迎えてしまった、この日まで生き延びてしまった――

 十代から二十代前半の私は、三十歳まで生きられればそれでいいと思っていた。
 そのことを私より二年早く三十路に足を踏み入れた恋人に言うと、「昔の友

もっとみる
スキありがとうございます。宜しければシェア・フォローをお願いします。
212

博士課程の折り返し

気づけば博士生活三年目に入りました。うちの大学ではだいたい四年から五年で博士課程を終えるようなプログラムになっているので、今がだいたい折り返し地点ということでしょうか。なるべく早く終わりたいですが、あと三年ぐらいはヨーロッパにいるのかなという気がしています。その後の仕事次第ではもっと長く海外にいるのでしょう。

修士のためにイギリスに来てから丸三年ヨーロッパ生活を終えました。気づいたら三十歳になっ

もっとみる

【メモ】三十歳 バッハマン作

久しぶりに新たなお気に入りの一冊に出会ったので、取り急ぎメモ。オーストリアの戦後女性詩人のインゲボルグ・バッハマンの三十歳から一部引用。若さの持つ情熱と傲慢さが歳を重ねる中で色褪せていき自省せざるを得ない主人公の心理描写とその比喩表現が的確過ぎて本当に読んでいて胸が痛くなるレベル…。以下引用



それまで彼は日々単純に生きていた。…自分にたくさんの可能性を見出し、例えば自分は何にでもなれると思

もっとみる

こんにちは30代

皆さんこんにちは。

昨日をもって30歳になりました。今日はせっかくなので今の心境や過去にあったこと等を少し整理したいなと思います。

パパになるよ

29歳も色んなことがありました。

もう随分と昔のように感じますが、まずは結婚式。『いのちのおと』というコンセプトの結婚式を作りあげたのが今年の2月でした。

結婚式のコンセプトを決めるために費やした約半年間は、無意識にわたし達を強く大きく成長

もっとみる