あつこ

オーストリアで博士学生をやってます。専門は認知科学(認知心理学)。将来の夢は雑貨を売る科学者です。https://atsukotominaga.com/

あつこ

オーストリアで博士学生をやってます。専門は認知科学(認知心理学)。将来の夢は雑貨を売る科学者です。https://atsukotominaga.com/

マガジン

  • 滞洪日記5

    ウィーン滞在中の暮らしについて書いています。2021年9月〜現在:博士課程5年生

  • バーチャル研究室

    まともな研究者になるための思考練習をしています。

  • 滞洪日記4

    ブタペスト・ウィーン滞在中の暮らしについて書いています。2020年9月〜2021年8月:博士課程4年生

  • 滞洪日記3

    ブタペスト滞在中の暮らしについて書いています。2019年9月〜2020年8月:博士課程3年生

  • 滞洪日記2

    ブタペスト滞在中の暮らしについて書いています。2018年9月〜2019年8月:博士課程2年生

最近の記事

なりたい自分の質的変化

昔から自分はわりとなりたい自分像みたいなものを常に持っており、小学生あたりぐらいからは具体的にどういう風になりたいか考えていた気がする。例えば小学生の頃は内気で人と話すのが苦手だったので、誰にでも仲良く話しかけられる子を見て、あのこのようになりたいと思ったりしていた。 社交性はなかなか育つものではなかったが、高校ぐらいになるとそこまで気にならなくなった。社交性を獲得したのかどうかわからないが、少なくとも周りと比較してそこまで目立って悪くないかなとは思えるようになった。という

    • 十一月二十六日・二十七日@ウィーン

      十一月二十六日一週間だらだらして気づいたら土曜日という感じである。最近早く寝るようにしているので、今日は休日だけど普通に起きた。前日にパンを焼いたのでそれで朝ごはん。 朝は市場に買い物に行き、そのあとは久しぶりにかぎ編みを再開しようと思って太めのニードルと毛糸を買いに行く。なんだか自分は全然編み物が向いていないようで、かぎ編みだけは全然うまくならない(大した練習もしてないけど)。一方でパン作りなんかは適当にやっても一応完成するから不思議である。まぁ編み物の方が技術的に難しい

      • 十一月十九日・二十日・二十一日@ウィーン

        十一月十九日先週に一つ博論の一部の原稿締め切り、今週頭に一つフェローシップの締め切りがあって、そして日本の求人への書類をひたすら書いて書いて書き続ける時間がとりあえず終わった。全部方向性が違うのだが、しかし白紙を埋める作業はいつも通り辛く、なかなか思うように進まない。今日は久しぶりのほっとできる休日。 朝はぼーっとしてパンの仕込みをして夜に焼くことにする。パン作りは発酵で待つ以外は大した労力はいらないのだが、しかし日常でまさか自分がパンを焼いたりするようになるとは思いもしな

        • 全部自分で決めたこと

          最近叶姉妹のファビュラスワールドというポッドキャストにハマっていて、朝の通学の時間などに少しずつ聞いている。叶姉妹と言うと、昔ダウンタウンDXでものすごく高額な服を着ている謎のお金持ちの人たちというぐらいでそれ以上何も知らなかったのだが、こうやってポッドキャストで話を聞いていると、いまだに何をしている方々なのかはわからないが、お話は面白いと思う。このポッドキャストは投稿者のお悩みを聞いて人生の悩み相談をするというような趣旨である。 この回の中に、三十代を子育てに費やし、金銭

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 滞洪日記5
          あつこ
        • バーチャル研究室
          あつこ
        • 滞洪日記4
          あつこ
        • 滞洪日記3
          あつこ
        • 滞洪日記2
          あつこ
        • 滞洪日記1
          あつこ

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          十一月五日・六日@ウィーン

          ベオグラードの学会が終わって先週の日曜日にウィーンに帰ってくる。滞在許可証の有効期限最終日だったので、何か起こって(飛行機が欠航とか)オーストリアにその日のうちに帰れなかったらどうしようなどと思っていたが、特に問題もなく十一時頃の飛行機に乗ってウィーンに帰る。ちなみに既に滞在許可証は更新済みで、今回は何故かすんなり審査が通ったので、有効期限最終日の次の日にはもう新しい滞在許可証を取りに来るように言われていた。 翌朝の月曜日に移民局に行き新しい許可証をもらう。なぜか知らないが

          十月二十六日・二十七日@ベオグラード

          十月二十六日月曜日から『Psychology & Music』という国際学会のためにセルビアのベオグラードに来ている。ウィーンからそう遠くないので電車で行きたかったが、セルビアはEU圏内ではないため鉄道がつながっておらず、飛行機以外では車やバスで七時間ほど移動するというような次第だったので、あまり乗りたくないが飛行機でこちらに来た。EU圏外に出るので、もちろんパスポートチェックがあり、出入国のスタンプが押される(ヨーロッパ内の移動ではこれがないのが残念…)。 月曜日は問題な

          十月十日・十一日・十二日@マリボール・ウィーン

          十月十日@マリボール今日は朝7:58の電車に乗ってスロベニアのマリボールに住んでいる友人に会いに行く。寝坊したわけではないが、始発の中央駅に行く時間がなかったので、最寄りのMeidling駅から乗ったら、かなり混んでいてやはり席の確保のためになるべく中央駅に行くべきだなとちょっと後悔する(一応座れたけど)。しかし次の駅でほとんどの人が降り、途中のGraz以降は六席のコンパートメントの中で自分一人だけになった。 マリボール駅に着くとすぐ友達が迎えてくれる。電車で来たのはこれで

          十月四日・十月五日@ウィーン

          十月四日特に予定もないが、家にいるとダラダラしてしまうので大学に行く。昨日美容院に行って調整程度に髪の毛を切ってもらい、気分が良い。美容師さんが使っていた豚毛の硬いブラシがマッサージによく、とても欲しかったのでおいくらするのか聞いたら、120ユーロというので流石に考えることにした。日本円にして17000円ほどである。しかし一度買えば一生使えますよとも言われ、今悩み中(博士号が取れたら買いたい)。 お昼前に大学に着く。緊急に仕事探しをしているわけでもないしすべきことが他にある

          九月三十日・十月一日@ウィーン

          九月三十日今日は大学に行こうと思っていたが寝坊したし何もなかったので行かないことにする。一個下の後輩が、今更ながら(?)ラボの学生のWhatsAppグループを作ったみたいで招待が来る。グループの画像が私たちの指導教員のコラージュになっててウケる(先生ごめんなさい)。前日にラボのみんなと飲みに行って、なんだか盛り上がったことが関係してるのかもしれない。社会認知のラボにいるのに、みんな非社交的でキッチンで昼ごはん食べる人とか避けるよねみたいなことで笑った。 コロナ前から飲み会は

          海外学振不採用とこれからの展望

          五月に提出した海外学振の結果がようやく返ってきた(結果はタイトルのとおり)。出した直前にもブログを書いた。 落ちたと分かったともこの頃の気持ちは全然色褪せていなくて、本当に挑戦して良かったなと心から思ってる。なんか本気で頑張った後の結果っておまけみたいなもので、そりゃ受かった方がいいのだが、その過程自体にも価値があると思う。ただ精神的に苦痛が伴うものは、結果がついてこないと得るものが少なそうな気もするが…(私の場合は受験勉強がそれだったと思う)。 こういうフェローシップと

          九月二十日・二十一日・二十二日@ウィーン

          九月二十日昨日オランダから夜行電車で帰ってきた。よくあることだが二時間ぐらい遅れて、結局家に着いたのが昼だったので大学に行くことをやめた。もともと移民局に行くのを今日に設定していたから、一週間延ばしておいて良かったと思う。ちなみに大体ヨーロッパの鉄道は二時間以上遅れると半額返金されるのでそれはありがたい。 昨日一日休んだこともあり、今日は大学に行く。優先順位的には水曜日の面談で発表するためのデータ分析を終わらせるべきなのだが、気になったことから勝手に手が動いてしまい、十月の

          桂枝雀・サゲの四分類

          今年の夏は来客が多かった。一ヶ月ぐらい誰かといる時間を過ごすと、隙間の時間が減ったというか、あまりだらだらネットサーフィンをしたりSNSをする時間がなくなった。よって一切ブログを書いていないが今は久しぶりの一人。 一人でいる時にはしないようなことをたくさんしたので、色々書くことはあるのだが、しばらく書いていないとあまりするする書ける気がしない。とりあえず今日は父親と過ごしていた時に聞いた落語家の桂枝雀の緊張と緩和の話を書く。 父親が落語好きで私も若い頃(高校生ぐらいまで?

          博士課程最後の夏

          今年は博士課程最後の夏ということで、何となく過去を振り返ってる時点で私の中では一区切りの夏なのかなぁという気がしている。ありきたりだけど、こういう感じで博士課程が終わっていくとは、始まった時は想像もしていなかった。 博士課程の一年生から三年生の間は、ずーっと停滞している感じがあって、一年生の間は授業や試験が多かったので、必要以上に頑張りすぎたため全て終わった後プチ燃え尽き症候群になり、その後一応実験をやっていたり学会に行ったりしていたので何もしてなかったわけではないのだが、

          七月三十日・三十一日@ウィーン

          七月三十日久しぶりに先生と設定した締め切りの日に、修正した論文の下書きを提出する。自分で考えて精一杯やることは必要だが、時間が来たら手放す勇気も必要である。ということでできていないところもあるのだが、すっきりさっぱり週末を迎える。 朝ごはんは昨日焼いたパン。自分でパンを焼けるようになると結構節約になるような気がする(もちろんその分手間と労力がかかるのだが、発酵などの待ち時間があるだけで肉体的な労働は少ない)。ハード系のパンはバターとかオリーブオイルを塗って食べていたのが、恋

          七月二十日・二十一日@ウィーン

          七月二十日先週の水曜日から金曜日まで音楽と認知科学の学会がウィーンであったので参加した。二年以上ぶりの対面の学会で、いろんな人と交流できたのはよかったし、個人的には初めての口頭発表で準備段階から色んな経験ができた。学会自体は小規模でフレンドリーな雰囲気だったのだが、認知科学よりは音楽の研究をメインにしている人が多かったので、自分はその間のいるというか、むしろ認知科学よりだったため、なんとなく疎外感も感じたのが正直なところである。この気持ちはまた別の記事で書こうと思う。 学会

          七月九日・十日・十一日@ウィーン

          七月九日論文の改稿作業を徐々に進めているのだが、思っているような感じに仕上がらなくて焦る。土曜日だが作業しようと思うが、前日にそこそこ頑張ったのでやる気が出ない。もう少しだから終わらせて自由になりたいのに。 頭の中では論文直さなきゃと思いつつ、身体は休みを欲しているので結局作業しない。他にしたくないことがある時に限ってマイクラの建築案とか改築案が湧いてきてやめられなくなる。そしてしばらく中断していたどうぶつの森(スマホでできるやつ)を再開して果物を集めたり、オンライン麻雀で