レイシズム

新潟でも 「Black lives Matter」

人種差別問題は対岸の火事ではありません。

日本人も知識をもって世界と共に歩もう。

こんにちは。 What's  Niigata         kosukeです。

6月28日(日)新潟市中央区で「Black lives Matter Niigata デモ」が行われた。市民約50人が参加し、差別根絶を訴えながら行進した。

日本の各地で同じようなデモが行われていると思います。日本人感覚だと、黒

もっとみる
感謝感謝かんしゃでーす!(^^)!
1

差別は人の心が生むもの。

差別に関して

人種差別に関して、自身はこう言う記事を書いてきましたが、その時から間違った考えや行動をおこす人は白人だけではなく、黒人にも派生するだろうと言う危惧はありましたが現実の話になりつつあります。

ツイッターで相互をさせて頂いている方が、ある記事を紹介されており自分なりに要約(記事の引用許可を取っていないので)すると、人は肌の色から差別がおこるのではなく、人の心の中の差別意識から差別が生

もっとみる
あなたにも幸を。
6

第四の権力に求めるもの

都知事選のネット討論会でMCを務めていた津田大介氏が、番組終了後以下のようなツイートをしました。

もっともな意見だな、と思いました。

ちなみに文中の「聞かざるを得なくなってるんだよな」というのは、氏がネット討論会で自ら小池都知事や小野泰輔氏両名の差別的言動について問い質していたことを指しているのだと思われます。

つまり、氏は地上波テレビの代わりに仕事をしたというわけです。

実際、必見の仕事

もっとみる

小池都知事、ネット討論会でキレるの巻

都知事選の討論会をテレビでやりません。

以前も書きましたが、マスメディアの罪は本当に重いです。

やらないのは出演を断られているからだ、という情報もツイッターなんかで見ましたが、じゃあ、「(誰それに)断られました」ってテレビ報道すればいいのに。小池都知事が断った、という情報ならそれだけで価値があると思うんですけど、そんなことは言いませんね。

そんな中、心ある人々がいます。

ネット討論会

もっとみる
ウォンチュッー!
8

レイシズムを体験した日 3

イギリスのブライトンで、ある晩、私は友人の女性と歩いていた。(白人のスウェーデン人)。ブライトンの中でも中心のエリアである。

その時、突然、背の高い中年の白人男性(恐らくイギリス人)が、我々に近づいてきて、「黒人のチン✗が最高だよ。」と言ってきた。

あまりにも急だったし、その時はなぜ我々がそう言われるのか意味が分からず、笑ってしまった。厳密に言えば、そう言われたのは友人だったわけだが、彼女は私

もっとみる

レイシズムを体験した日 2

2015年ころだっただろうか、ある晩、友達(白人オーストリア人男性)と, ブライトンにある人気のクラブ/バーに行った。店には問題なく入れたのだが、二人で店内で話していると、バウンサー(警備)が私のところに来て、いきなり「店から出て行ってもらえませんか?」と言ってきた。なぜ?と聞くと、「他の客から、あなたがDVDを売っているとの抗議があったのです。」との事。

フザけた話だが、出ていく理由は何もない

もっとみる

山本太郎、歴史否定発言(差別に加担する行為)をして離党を宣言した共産党市議に支援を宣言されてしまう

看過できないので書きます。

題名の通りです。

【閲覧注意】

ご覧になるとわかりますが、従軍慰安婦(戦時人種・女性差別)の歴史を否定する発言です。
これは立派な差別に加担する行為です。

もう一つございます。支援者や投票した市民を裏切る行為です。離党理由が差別なんてホントに私がこの人に投票してたらたまったものではないので、事務所に直接伺うレベルです。(2020/06/26追記)

こんな人に応

もっとみる
よろしければシェアもよろしくお願いします!
6

6月23日 黒人女性たちのこと

今日はニューヨークとケンタッキーで準備選が行われた。大統領選の候補選びはほとんど結論が出てしまっているが、ケンタッキーの民主党準備選に注目が集まっていた。

ケンタッキーは、上院院内総務で、アメリカの裁判所の保守化を成功させたミッチ・マコノルの州である。打倒マコノルに民主党が用意したのは、エイミー・マクグラスという元軍人でレズビアンの白人女性であるが、ブリアナ・テイラーが殺される事件が起き、BLM

もっとみる
ひゃっほう!
28

6月22日 キャンセル・カルチャー 2020年

また最近、CancelCulture系の言葉がトレンドに登場してくるようになった。週末には、#CancelYaleがトレンドしていた。

私が人生の2年弱を過ごしたイエール大学は、レイシスト大学である。ということは、これまでみんなこっそり口にしてきたことであるが、今、それが公言されるようになった。

これまでもマイノリティ学生が他のアイビーリーグに比べて少ないという批判は常にあったし、地元の黒人コ

もっとみる
ひゃっほう!
19

6月19日 Juneteenthと奴隷制の歴史

6月19日はJuneteenthである。ニューヨークでは大規模のマーチが行われ、各地でもお祝いやデモが行われる様子がソーシャルに流れてきた。奴隷の解放や自由を象徴するイベントとはいえ、奴隷の解放や自由を象徴するこの日がこれだけ盛り上がるのは、現代史上初めてのことだろう。

日本との意識のギャップにおののく日々ではあるが、日本語でも、早速ジューンティーンスを説明するコンテンツが出ていて、ちょっぴり心

もっとみる
わーい!
26