『ぼくにとって初めてのデジタルライカがやってきた。』
+16

『ぼくにとって初めてのデジタルライカがやってきた。』

 レンジファインダーのフィルムカメラに魅せられたぼくは・・・ その難しさと面白さの虜になっていた。 そう、ちゃんと考えて、ちゃんと操作して、ちゃんとシャッターを切らないと ちゃんとした写真が撮れない。 でも、これだと思った対象にカメラを向け、息をとめ、慎重にシャッターを切り・・・ 心の中で 『ちゃんと写っててくれよぉ』と祈る。 私の腕だと、ほとんど神頼みの世界だ。(笑) たくさんの方が、現像ができるまでのワクワクについて語っておられる。 しかし、ぼくのようなアマチュアカメ

スキ
9
【立ち食い蕎麦】碓氷峠 信越本線横川駅を歩く。
+5

【立ち食い蕎麦】碓氷峠 信越本線横川駅を歩く。

「碓氷峠の関所跡」と上毛かるたで歌われるこの地はかつて日本の鉄道技術、土木技術の結晶が詰まった有数の「産業遺構」が残る地である。かつては軽井沢への「始発駅」であった横川駅は今では信越本線の終点へと変わった。私にとっては幼い頃からここに併設されている「鉄道文化むら」に良く連れてきてもらっていたので非常に馴染み深いところでもある。 名物 横川駅の名物といえば、今や銀座などでも売られているおぎのや「峠の釜飯」がある。かつては国鉄が碓氷峠というかつてない急勾配を越えるためにドイツ

スキ
2
313.色、いろいろ

313.色、いろいろ

スキ
4
裏山の野生化した「なら鹿」

裏山の野生化した「なら鹿」

スキ
1
2021年秋その①(モノクロフィルム日記)
+9

2021年秋その①(モノクロフィルム日記)

夏が終わると少し悲しいが、秋はモノクロフィルムに一番美しく映る気がする。最近のワークフローはフィルムを2本毎に現像し、その76枚ぐらいから心に残ったものを投稿する流れだ。(緊急事態のため、レンタル暗室でプリントは全然できていない。) まずは野良猫達。 It's a little sad when summer ends, but I think autumn is the most beautiful season on monochrome film. Recently

スキ
15
311.ニモの散歩

311.ニモの散歩

スキ
5
香港のちょっとした思い出。
+1

香港のちょっとした思い出。

写真は数年前に香港島からスターフェリーを撮ったもの。 向かって左側上方にはヘリも写っている。 使用機材は確かLeica SL+バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH.だったと思う。 初めての海外が数十年前の上海。中国語を覚えながら数週間滞在した後、 船で3泊4日かけて香港に入った。 映画館やプールもあるちょっとした客船で、シングル個室3食付きで1万円程度のコスパの良さに味をしめ、その2年後にも連れと一緒に利用した。 さすがに3泊目には飽き

スキ
4
NOKTON 50mm F1.5 II VMで撮ってみた 2021年7月
+8

NOKTON 50mm F1.5 II VMで撮ってみた 2021年7月

以前に引き続きLeica M (Typ 262)とVoigtänder NOKTON Vintage Line 50mm F1.5 Aspherical II VMで撮影した写真を載せていきます。7月の写真を整理してRAW現像して載せるのが9月という...

スキ
2
ライカ落下日記(復刻)
+2

ライカ落下日記(復刻)

2005.3.2 ライカを落とした! しかも走行中の自転車から。 思い出しただけでぞっとする光景。 自分で作った革製ストラップでタスキがけにライカを下げて自転車に乗っていた。急に肩に軽い摩擦を感じて、今まで肩に感じていた重力がスッと抜けたと思うと、背後でゴン、と鈍い音がした。 自転車を止めて振り返ると、僕の視界の下隅方で、その物体はまだゴロゴロ転がっている。そして歩道の隅の金網の根元にようやく止まったその物体は、どう考えても、いや考えたくはなかったのだが、残念ながら考え

スキ
8
暇つぶし散歩「仙台駅舎」No.488
+3

暇つぶし散歩「仙台駅舎」No.488

『空間の通訳者』のたかはしです。 使用レンズ:LEICA SUMMILUX-M f1.4/35mm ASPH. 仙台駅舎です。 【気づきポイント】 仙台駅におりました。 東北の玄関口であり ペデストリアンデッキ(高架歩道)が いち早く作られました。 駅舎は40年ほど変わっていませんが 周りは大きく変わっています。 シンプルな壁面であり 駅前が変化しても 馴染むデザインだと感じました。 仙台駅におりました。 皆さんは何を気づきましたか? 何かのヒントになれば嬉

スキ
10