無用者の詩 ~ラストチャプター~

無用者の詩 ~ラストチャプター~

罪の多い人生でした 恥の多い人生でした でも俺が太宰治になるとは思いませんでした でも俺はもっと悪どい何かだったのかもしれません 三十数余年 あと幾許かで四十 この命が生きてきた事自体、間違いだったんです 父上 母上 兄弟たち 俺をただ肯定し 生きていくれることを喜んでくれてありがとう それ以上に懺悔しなきゃならないことがたくさんある 友達だった奴を裏切って 気分次第で駄々こねて 自分の否を認めないで 自分の殻にこもって 正当化重ねて 認知歪んで そしたらどうだ みんな周

スキ
4
『俺が初めてDXMキメた時の幻覚レポート』前編

『俺が初めてDXMキメた時の幻覚レポート』前編

『注意』初めにDXMとはデウス・エクス・マキナの略である。 決して乖離性幻覚剤の効果がある『デキストロメトルファン』を意味するものではない。 そのうえで、これから述べる内容は友人から聞いた話であり、それを元に考えたフィクションである。 純粋な創作活動としての文章表現であり、あらゆる行動を推奨する意図はない。 これらを理解した上で、楽しんで欲しい。 ーーー 『内容』 前半 1.『薬局と人生の冬』 2.『全然効かねーじゃんコレ!』 3.『幻覚旅行、ゲロの海と踊るシヴァ

スキ
15
254日目 生まれいことがベスト。ただ、仕方ないから最高に楽しく生きる方法を探してる。

254日目 生まれいことがベスト。ただ、仕方ないから最高に楽しく生きる方法を探してる。

考えたり悩んだりするのは、脳内の伝達物質が働いているからで、悲しくなったり、嬉しくなったりするのはただの信号らしい。 今日はこれの254日目です。 わたしは小さなころから、いろんなことが気になって仕方ない。なんでこの色なの?なんでこの形なの?なんで学校に行くの?なんで悲しくなるの?なんでなんで? 母は、このなぜなぜ星人に困ったに違いない。それでも、一生懸命話を聞いてくれたし、母親らしい答えをくれた。わかったふりはせず、わからないことはわからないと正直だったし、なぜなぜ星

スキ
3
メンヘラは何故ホロスコープで金星と冥王星のアスペクトを持っているのか
+1

メンヘラは何故ホロスコープで金星と冥王星のアスペクトを持っているのか

今回のテーマはタイトルにある通り、所謂メンヘラと言われている(自称、自覚されている)方を占っていて感じたことについて書いていこうと思います。 西洋占星術を勉強されている方はわかっていただけるのではないかと思いますが、メンヘラの方はこの金星と冥王星のアスペクト、特に0度、90度、180度のハードなアスペクト(角度)をお持ちの方が非常に多い印象。 金星が恋愛、喜び、楽しみ、オーラみたいなものだとしたら、冥王星は極限、極端、徹底、破壊と再生の意味が与えられており、この二つが組み

スキ
1
僕のお酒が好きな理由

僕のお酒が好きな理由

こんにちは。Icyです。 普段仮想通貨取引で暮らしています。 今日は僕がお酒が好きな理由をご紹介したいと思います! お酒って嫌いな人っているんですかね? 味が嫌いだとか、二日酔いがきらいだって人がいるとは思うんですが、やはり薬物なので、理性で判断できる様な代物じゃないと思うんですよ。 僕がお酒に出会ったきっかけ僕が最初にお酒を飲んだのは19の時でした。(年齢突っ込まないで) 当時フィリピンに留学していたのですが、そこのナイトバーで始めてお酒に出会いました。 最初

いつからきたの劣等感

いつからきたの劣等感

中学生のときからです。 中学生ってだいたいみんな拗らせるよね。 病んだり歪んだり。 で、高校生くらいになると色々わかってきたり、気持ちが落ち着いたり、感情のコントロールが少し上手くなってきてマシになるよね。 私の場合、環境はわりかし恵まれていた。 中学は落ち着いた所で、大体の人が優しくて 私より大人びた考えができる人が多かった。 あと頭のいい子とか、育ちのいい子、わりかし裕福な子、何かしら才能がある子が多かった。 特に私の近所の子達は、男女問わず穏やかで優秀な子が多いイ

スキ
5
月があまりにも綺麗だったから

月があまりにも綺麗だったから

好きな小説の一節をたまたま読み返した 本当に大切な人を大事にしなさい。 まとめるとすごくシンプルでありふれた言葉なのに、何故か涙が止まらなくなった。 心臓がギュッとなって、 鼻がツンっとして、 口の中の大嫌いなネギの匂いがブワーーとなって、 苦しくなる。 有名になりたい訳ではない、 でも自分が亡くなったあとにも自分の理解者に自分の思いが届けるのはロマンのあることだ。 だから何かを遺したい。 ファラオのように。 名利を何よりも大事にしている人は寂しい人だと少しだけ上か

新婚っていつまで新婚?

新婚っていつまで新婚?

2020年2月29日。 4年に1度しかないこの日に私たちは入籍した。 絶対忘れないから。 (2人とも記念日忘れがちなので) オットはコロナの影響で 在宅勤務が増えたため、 基本的にいつも家にいる。 毎日いるのが当たり前である。 しかしオットは営業職なので本来は外にでっぱなし。 今日はひさしぶりにオットは出張で家にいない。 そりゃ、毎日いれば ダラダラしきれなかったりして ストレスが溜まることもあった。 でもコロナがなければ、 いないことが普通だったのか。 え、なんか

スキ
1
30代後半で、メンヘラになったわたしへ

30代後半で、メンヘラになったわたしへ

数か月前綴ったことばを、ずっと下書きに入れていた そろそろここへ置いてあげようと思う ______ あれ?こないだ公園でビール飲んだのって1週間前だっけ? ふと、そんなことを感じた。 こんなに長く感じた1週間はいつぶりだろう すこしわくわくした 年を重ねるごとに、時間が経つのが本当に早い 子供の頃の時間軸って あっという間のようで、 もっともっと充実して長く感じていたはず。 まあ、当たり前だが、戻れないので。 というより、戻りたくもないので。笑 それよりも今を楽しみた

スキ
7