smi

東京大学教育学部3年・21歳 自分の人生を振り返りながら思ったことを書きます

smi

東京大学教育学部3年・21歳 自分の人生を振り返りながら思ったことを書きます

最近の記事

うつ患者の「葬式妄想」?

近況報告 最初は、自分の言葉を伝えなければいけない狭い友人に向けて、自分の生き様を残していこうと始めたnoteが、気づけば多くの人に読んでいただき、評価もいただいた。友人や、最近はXのフォロワーさんにもnote読んでますとの声をいただくようになった。記事のハートの数では実感できない、「読んでくれる人がいる」プレッシャーが最近は重く、また自分自身の体調の不安定さからうまく言葉にできないものがあり、しばらくnoteを書けなかった。 最近、また薬の過量摂取をしてしまった。一時は

    • ひまわりの墓

      種まきの春 「こんな狭いところにたくさん植えちゃって、大丈夫かな。」 「大丈夫、ひまわりは強いから。」 19歳の春、こんな会話をしながら、私は母とひまわりの種を蒔いた。場所は、家の庭ともいえない、小さな土のスペース。元々は百日紅の木が生えていて、毎年夏に紫色の綺麗な花を咲かせていたが、ついに木を切ってしまい、寂しくなっていた。そこで、私の好きなひまわりをたくさん植えてみようと思い、種を買いに走ったのだった。 ひまわりたちはやがて芽が生え、すくすくと育っていった。大きな

      • うつ病入院体験記

        20歳、大学2年の春休みに入院 私のうつ病は、責任の重い学生団体での活動、孤独な大学生活の中で徐々に悪化していった。そして2023年12月、私は初めて向精神薬のオーバードーズをした。もう楽になりたい、その一心だった。 そして2024年3月、パートナーとの関係に悩み、起き上がれず声も出なくなる。最後には救急搬送され、医療保護入院(強制入院)となるのだった。 入院1週間前 待ちに待った、彼の誕生日。プレゼントは張り切って4ヶ月前から準備していた。夕食のレストランは彼の好き

        • 「メンヘラ」はメンタルヘルスを救うか〜「病み」と「闇」の形容〜

          「メンヘラなの?」 とある都内のカフェ。私は1つ年上の男性の友人と話し込んでいた。 利害関係のない人なので、何を話しても大丈夫かなという安心感から、私はつい込み入った話に入ってしまっていた。なぜか家族の話になって、自分はあまり家族と会話をしないと言うと、彼はニヤッと笑って言った。 「そんな闇深そうなこと言うなよ〜。」 私は黙り込んでしまった。自分は闇の部分を見せたつもりは全くなかったのに、闇深いことを言うな、と命令を受けたので、次に何を話せば良いかわからなくなってしまっ

        うつ患者の「葬式妄想」?

          最後の遺書

          遺書を書くということ 「最後の遺書」と聞いて、違和感を感じる人が多いだろうか。「頭痛が痛い」のような二重表現にも見える。 鋭い人はこの表現でわかったかもしれないが、私は複数回遺書を書いている。初めて書いたのは、高校生のときだった。大学受験のプレッシャーに押し潰され、自分で命を断つという選択肢を初めて考えたときだった。まだ親の過干渉がひどく、無断で部屋の整理もされていた時期だったので、隠した小さなメモ書きの遺書はすぐに親に見つかり、ひどく怒られた。 しかし私はそれでも懲り

          最後の遺書

          生きづらい私たち〜精神病院で出会った少年の話〜

          入院と出会い 寒い冬から、少しずつ暖かい日が増えてきた3月の下旬、私は精神病院に入院することになった。 入院患者の大半が高齢者である中で、いつも元気な、一際目立つ背の高い少年がいた。 「はるくん(仮名)は背が高いけど、こう見えてまだ中学3年生なんですよ。」 私が入院してまだ間もない頃、親切な患者の方にそう紹介された。 その頃はまだ私の状態が悪く、軽く会釈をすることしかできなかった。 少しずつ仲を深める中で知った彼の壮絶な人生 入院中、私は食堂でテレビを観ることが多か

          生きづらい私たち〜精神病院で出会った少年の話〜