フレディ_マーキュリー

80年代初頭、日本に新たな伝説が生まれた / レベッカの誕生と、70年代末からの音楽シーン

リクエストをいただいたので、レベッカ というバンドの初期の音について書いてみようと思います。

レベッカ は、もともとギタリストの木暮武彦という人物が結成したバンドです。彼はストレートなロックを目指していました。しかし、80年代初頭は典型的なロックはちょっと過去のものとして懐かしの存在ででした。

たとえば、この時代は、ディープパープルも、レッド・ツェッペリン、エリック・クラプトンなども遠い昔の人

もっとみる
ありがとうございました😊ご意見などコメントいただけたら嬉しいです。
53

この場を借りてフレディへの想いを綴る

書こうかどうか迷いましたが、やはり彼への愛を叫ぶことなく今年が終わるのは嫌なので、書くことにします。

昨日(11月24日)はフレディ・マーキュリーの命日でした。

私がそのことに気づいたのは、なんと、日付が変わってしまってから。つまり今日です。

私がQueen好きなことを知っている友人の一人が、「そーいえば、今日ってフレディがなくなった日なんでしょ?もう12時過ぎてるけど」と連絡してきたんです

もっとみる
ありがとうございます!!
5

11月24日の過去の思い出

おはようこんにちはこんばんは\(^▽^)/!

こたつねこです。

これを書いているのは、2020年11月24日の夕方です。またまたFacebookを見返していたらFacebookでの『過去の思い出』がそこそこ出てきたのでアップしたいと思います。
『過去の思い出』またか…と思われるでしょうね、すみませんm(_ _)m
どうしても1日ほぼ外にも出ないでいて振り返りの時(note書こうとするとか)を持

もっとみる
スキ一番乗り
5

フレディマーキュリー

もう29年になるとは、この世を去ってから。

今現在もブライアンやロジャーが元気に現役でやっているのも、あの世からフレディがこの世の未練を託していると思わずにいられない。

ポールやリンゴがあれだけ元気にやってられるのも、あの世からジョンがきっとこの世の人達に、彼らの身体を借りて発信しているのだろうと思わずにいられない。心を揺さぶるほど熱い人はどこまでも熱いのだろう!



貧乏な家に育った僕は

もっとみる
応援してね!!
6

『ボヘミアン・ラプソディ』”フレディ・マーキュリーとQueenの映画”の感想

今日も読んでくださりありがとうございます😊

映画大好きcandy@です💖

あなたは話題になってずっと観たいと思いながら見逃していた映画ってありますか?

私にとって、この『ボヘミアン・ラプソディ』がそうなんです。

Amazonプライムビデオで早速観てみました。

80年代の洋楽が大好きなのでやっぱり観て大正解の映画でした😊

映画のあらすじは、フレディ・マーキュリーとQueenのメンバ

もっとみる
励みになります🤗ありがとうございました💓
40

フレディ・マーキュリーメモリアルデー

3年前に娘は病気をしました。まだ20代前半。家から出られなくなりました。

その中で動画でKiller Queenに出会いました。「こんなにすごい音楽があったのか」と衝撃を受けたそうです。その日からQueenの曲を毎日聴く中でアダムとロジと博士が30年ぶりに奇跡の様に武道館にやって来てくれました。それが娘の久しぶりの外出となりました。Queen に出会った日から娘はブライアンのインタビューでヒアリ

もっとみる
ありがとうございます!
4

社会人退勤日記 15

11/17(火)
今日職場を出たのは17:45

帰ってやりたいことが多過ぎたので帰った。

ボヘミアンラプソディを見た。

「俺が何者かは俺が決める」

この映画はこの一言につきる。

フレディの生き方に魂が揺さぶられる。

幸せだ。

さようなら。

90年代の音楽シーンを辿る旅 (HM/HR視点から)/ 歴史との符合なのか、歴史が彼らを求めたのか、、怒りを象徴するNirvana の登場

⭐️70年代の音楽史はこちら

⭐️80年代の音楽史はこちら

喪失から始まった90年代

90年代もまた偉大なアーチストの喪失から始まりました。この喪失をそのジャンルの大きな変革と捉えると、世の中の歴史もまた、これに歩調を合わせるかのように大きな変革のうねりがはじまっていきました。

日本では、手塚治虫、石原裕次郎、美空ひばり、松田優作が。

クラシックの世界では、カラヤン、バーンスタイン。

もっとみる
ありがとうございます!ごゆっくりどうぞ!
97

10代20代のおねえちゃんのときだったら「ボヘミアンラプソディー」は全然違って聴こえたと思う。

 数年前に世間で大騒ぎしていた映画「ボヘミアンラプソディー」がTSUTAYAで旧作に並んだので借りて、子どもがテレビを見ている間にこっそり観た。

物語は1970年に始まっている。自分が生まれた年から始まり、自分が大人になったところでフレディ・マーキュリーが亡くなっているので、なんだか重ねる必要もないのに共感を持った。

私が高校生の頃は、ハードロックというのは下火になり、日本ではイカすロックバン

もっとみる
ありがとうございます。

Mercury retrograde

水星が順行に戻った。

10日後には、火星の逆行も終わるね。

この期間、私は何度も、言葉の刃による見えない流血事件を、目の当たりにしたなぁ、と思うのだ。

牡羊座の逆行火星の、不完全燃焼のフラストレーションが、天秤座の逆行水星と相まって、炎上がおこっていたのかなぁ、なんて思っていた。

note界隈でも、Twitter界隈でもね。

Mercury。

というわけで、Queen貼っときます。

もっとみる
愛と平和
52