ビーントゥーバー

【チョコレビュー】MURATA(叢田) / マンディアンカフェ

独断によるチョコレビューです。

宮城県多賀城市にある「MURATA」。

1個のケーキが与える安らぎや歓びを信じ、季節感溢れるケーキと伝統的なフランス菓子をつくり続けたい。

シェフ・パティシェ叢田一範氏の言葉通り、公式サイトのGallalyには美しいケーキや焼き菓子が並び、思わず時を忘れてしまいます。

そして、単一品種のカカオ豆からなるチョコレートも手掛けるMURATA。今回は「松本珈琲店」

もっとみる
天高く猫も肥ゆる秋
32

この夏はかき氷屋でした。楽しかったです。

残暑お見舞い申し上げます。

暑くて湿度が高い時期はチョコレートには不向きな季節でした。

まだまだ暑い日は続くことだと思います。

熱中症には十分気をつけてくださいね。

コロナ禍で、お店にお客さんがほぼ来なくなり、近くにある辻川山公園で出張かき氷屋さんをしていました。

自家製シロップを作ったりしました。

作り方は簡単で

カルピス、コンデンスミルク、低脂肪乳を同量混ぜ合わせるだけ(^^)

もっとみる

ベルギーチョコレートとは

残暑お見舞い申し上げます。

やっぱり冷たいデザートはまだまだやめられませんが、アルフォンソマンゴーパフェやメロンのやつやら(完売していたのでよく覚えてないだけです)

誘惑が押し寄せる時刻にもなると、やっぱり気になってしまうもんです。

カカオからチョコレートを作ることを始めてからはあまり気にはしてなかったんですが、

チョコレート=ベルギー。

一般常識みたいになってる気がします。

が、もは

もっとみる

賞味期限5分の理由

商品名:チョコフラッペ

パティシエとしてスイーツを作ったりしていたこともありまして、今もそうなんですが、こういうのも考えるのが好きでして、なんていうんでしょうか?

イートイン専用デザート?

デセールとはいえないと思います(^◇^;)

ご説明いたします。

グラスの1番底にあたるのが、コーヒーゼリー。

お世話になってるロースターさんのオリジナルアイスコーヒーブレンドディープスタイル。酸味も

もっとみる

やりたい事?

やりたい事がない。

でも、会社を辞めたい。でもやめられない!

そんな人をたくさん見てきました。

会えば会社のグチを聞かされる。

負のオーラが多い尽くしてて、

そりゃあ何をどうしたらいいのか、上手くいくのか。なんてわかりっこありません。

自分に興味がないのかな?

好きなことを自由にやって生活できたらどんだけ楽しいことか!

なんて、偉そうなことを軽はずみに言う。

住む世界がもう違う気

もっとみる

売上データではわからない、ロイヤルティの“測り方”

今回は、私達のUX設計が実際うまくいっているかどうかの検証を踏まえた、ブランドを育てる上で向き合うべき「データ」のお話です。できる範囲で公開します!

これまで4回にわたり「Minimalの特徴」「“らしさ”による差別化」「来店ハードルの下げ方」「口コミを生む“感動”と“言語化”」という切り口で、店舗や商品・接客というUXの構成要素について語ってきました。

これらのUXがうまくいっているかどうか

もっとみる
ありがとうございます!
66

ARTISAN PALETD‘OR

こんにちは。ミセスチョコです。
今回は先日 少しご紹介した
アルチザンタブレット
ベトナム ビターミルク51%で
少しアレンジしてみたので
ご紹介させて頂こうと思います。

八ヶ岳を望む山梨県清里に
三枝シェフのBean to Bar工房
「アルチザンパレドオール」
があります。

『アルチザン』はフランス語で
手工芸で製品をつくる職人
という意味です。

元々お店(旧清里マチス)は
あったのです

もっとみる
がんばらなくても いいのさー♥
3

中目黒green bean to bar グリーンビーントゥーバーで夏のチョコレート・フルーツパフェ

「どこで遊ぶことが多いの?」

と聞かれたときにはだいたい「中目黒とかですかね」

と答えることでなんとなくのお洒落さを漂わせていた大学生時代。

漂っていたかはわかりませんが。

だいたいは「へえ〜、お洒落だねえ」というベストアンサーをいただきました。みんなも使ってみてね。ハンバーガー屋さんの「GOLDEN BROWN」(駅からまあまあ歩きますが)と、チーズケーキ屋さんの「ヨハン」をおさえていれ

もっとみる
ウェルカム
10

差別化より先に考えるべき“らしさ”の話

チョコレート専門店のUXシリーズ、第2回は「らしさ」の大切さと「らしさ」がもたらしてくれる差別化(優位性)について。

「なぜMinimalはチョコレート屋なのにあえて男性的なデザインなのか?」。その理由をMinimalのビジョンやモノづくり、そして差別化の観点から整理していきます。

Minimalのデザインが比較に男性的なのは、単なる趣味嗜好ではありません。私達が10年後、50年後に叶えたいビ

もっとみる
ありがとうございます!
124

ブランド力を“不便な立地”で作る -店舗のUX-

集客しづらいエリアに敢えて出店

Minimalは、2014年12月に富ヶ谷本店からスタートしました。

当初、立地を相談した人達からは結構なダメ出しをもらいました。人通りが多く高単価を受け入れている表参道や青山、中目黒などを強くおすすめされたのです。私達の考えに賛成してくれる人は皆無でした。

なぜなら本店のある場所は、代々木公園駅もしくは代々木八幡駅から徒歩6分の住宅地という、わざわざ訪れるよ

もっとみる
ありがとうございます!
218