春賀(haruka)

2020年よりライターとして本格稼働。SEO対策用のブログ記事、プレスリリース等のライティングや広報コンサルを中心に、化粧品・医療の研究開発や広報、出版社での勤務経験をいかして活動中。

春賀(haruka)

2020年よりライターとして本格稼働。SEO対策用のブログ記事、プレスリリース等のライティングや広報コンサルを中心に、化粧品・医療の研究開発や広報、出版社での勤務経験をいかして活動中。

    最近の記事

    今週の読書録

    今週末は3冊、今回もおいしい作品や話題作を読了。 財布は踊る原田ひ香さんの注目の新刊『財布は踊る』。 節約の末に叶えた念願のハワイ旅行は降伏の絶頂だった?! 帰国後に判明する夫の借金… 手にしたばかりの憧れのお財布も手放し、リスタート。 奨学金、投資、カードローン… お金に振り回される人々がたどり着く先とは? 目先の欲に振り回されずに着々と継続する人が報われる、アリとキリギリス型作品。 NISAや住宅投資等、最近何かと話題の資産形成についても取り上げられている話題作だ

    スキ
    6
      • 今週の読書録

        不安定な天候が続く週は、積読状態の本を一気に読み進めるには最適。 気づけば食べているシーンがある作品を選ぶことが続いていましたが、今回は久しぶりの実用書も含めて、8冊を読了。 リモートワーク終了後のバスタイムに、1日1冊は読むようにしているとあっという間に待機書籍消化。 カレーの時間 寺地はるなさんのガラスの海を渡る船に続いてもう一冊読んでみました。 作中、いつもカレーを食べている?!というくらい、カレーが登場します。 最近では、差別、〇〇ハラといわれるような発言も、一昔

        スキ
        10
        • 別府 湯めぐり 食めぐり

          山は富士 海は瀬戸内 湯は別府 以前から気になっていた別府。 本を読んで温泉欲が急上昇。 未取得の夏季休暇を利用して、別府へGo! 成田空港から大分空港まではジェットスターを利用すれば、往復の航空券は安い時には一万円前後。 大分空港との発着便は平日は一便のみなので、片方は福岡空港利用も視野に入れると選択肢がひろがります。 1日目8:30に成田を出発し、予定より早く10時頃には大分空港到着。 コンパクトな空港で、バス乗り場もすぐ目の前にあるので、待ち時間にゆっくりお化粧直し

          スキ
          1
          • 海を眺める休日

            疲れると海の見える場所でゆっくりしたくなります。 最近遠出していないので、今年の夏こそは多少どこかへ行きたい!そんな思いで近郊で探したのが、こちら。 大磯プリンスホテル あいにくの天候なので空いていたようですが、映えを追求するオシャレな人々の意欲にゆったり読書でもしようかと思っていた身としては驚愕。 雨が降ろうが強風が吹こうが彼女たちの映えにかける思いは強いようで、風邪をひくよりも映えの方が大事なのだとか。 4種類のサウナも温泉も宿泊者は無料で満喫できるので、お得です。

            スキ
            4

            今週の読書録

            暑すぎる休日には、クーラーのきいた自宅でアイスティー片手に読書する時間。 今週読んだのは、読書は自分の体験できないことを疑似体験できるという言葉を思い出す二冊でした。 ガラスの海を渡る舟寺地はるなさんの『ガラスの海を渡る舟』は、表紙が気になって手に取った一冊です。 仲のよくない兄弟がわざわざ揃って家業を継ぐからには衝突もあります。 衝突というよりは一方通行な感じではありますが、兄弟手を取り合って始めたわけではない二人が、得意なことをいかしながら着実に歩む姿は逆にリアリティが

            スキ
            2

            今週の読書録

            今週は三連休もあり、いつか読もうリストに入れていた作品をまとめ読みできました。 いつもの美味しい小説から話題の作品まで4冊を読了。 一足早い夏休み気分で、予定の空いた日には空いてるテラスでお気に入りのお茶を味わいながらゆったり読書タイム。 日中にはお昼寝をして、日が陰りつつある夕方からはお散歩も兼ねてカフェまで移動。 まだまだ日差しは強いので、日焼け対策を万全にして、空いているテラス席でゆったり読書。 海の見えるテラス席でのんびり過ごすことで、日ごろのモヤモヤも晴れていく

            スキ
            2

            今週の読書録

            こんばんは。 いつの間にか梅雨が明けたものの、スッキリしない天気の週末は読書日和です。 宙ごはん町田そのこさんの『宙ごはん』は、タイトルから想像したようなほんわか飯テロ小説ではありませんでした。 泣ける小説と言われる作品は多数あるものの、肩透かしもまた多数。 前評判をあまりあてにしていなかったものの、私は本当に涙がこぼれてきました。(ついでに鼻も) 家族という言葉でなにか思うところのある方には、お家で読むことをおすすめします。 ラストで泣けるとかではなく、何度か涙と鼻で

            スキ
            2

            今週の読書録

            こんばんは。 今週は小説に食欲が刺激される日々を過ごしていました。 最近は本格的なスパイスカレーを気軽に楽しむことのできるお店が増えて、梅雨時ですが食べ歩き熱が再燃中です。 私のカレーを食べてください幸村しゅうさんの『私のカレーを食べてください』は、毎回お馴染み「日本おいしい小説大賞」受賞作。 発売日もカレーの日に合わせるというこだわりぶり。 「運命を変えたカレー」とは何ぞや?と気になり手にとってみました。 調理師専門学校に進学したものの、脇目もふらずにカレー一色。 36

            スキ
            3

            今週の読書録

            こんにちは。 今週手にしたのは、平和な日常のありがたみを再認識できる5作品。 刺激のない日々、なんとなくスッキリしない、そんなモヤモヤを感じる方は試してみてはいかがでしょうか? 海神の子『海神の子』は、直木賞受賞作家である川越宗一さんの作品です。 海賊の集団の中で、日本の戦でいえば一番槍にあたる役目を担っていた松。 恩人を騙して殺害した夫を誅殺し、とってかわるように一門を率いる立場になる。 媽祖という航海の女神の二つ名で呼ばれ、一門に慕われる松の息子・福松は、幼少時は日本の

            スキ
            1

            お金が増える5つの習慣

            こんにちは。 長年の貯金ができない体質を改善し、順調に貯金と投資信託で残高が積みあがりつつあります。 この度晴れて、卒業以来10年以上引き落としが続いていた奨学金も全額繰り上げ返済のめどが立ちました。 ここ数年でライフスタイル自体が大きく変化したことで、新しいことを始めやすい気持ちになったこともきっかけのひとつ。 かつての結構稼いでいたものの、全然お金が貯まらない?! 住居の更新費用の引き落としを前にあたふたしていた生活から一転、収入は大きく減っても毎月計画的に貯金できるよ

            スキ
            2

            今週の読書録

            こんにちは。 急に暑くなった今週はアイスティー片手に読書タイム。 バベットの晩餐会1987年アカデミー賞®最優秀外国語映画賞受賞作品の『バベットの晩餐会』。 食を扱う作品が好きだと言ったところ、すすめて頂いた作品です。 今回は単行本の存在を知り、手に取ってみました。 料理描写は期待していた分、物足りなかったものの、映画とあわせて読むと異なる味わいがあります。 紙魚の手帖東京創元社の新しい文芸誌『紙魚の手帖』。 近年、ウェブ化が進み、紙版の文芸誌は廃刊も相次ぐ中で、昨年

            スキ
            1

            今週の読書録

            こんにちは。 今月は雨の日も多く、おうちでの読書タイムが増えました。 週末はお取り寄せグルメに舌鼓、気になる本をひたすら読み進めるという怠惰な週末は最高の贅沢です。 今週は小説、実用書、漫画まで幅広いジャンルの5冊を読了。 黒牢城米澤穂信さんの『黒牢城』は直木賞受賞をはじめ、 驚異の9冠達成! 史上初!四大ミステリランキング完全制覇! など、何かと話題に事欠かぬ作品です。 ちょっとシュールな紹介動画もユニーク。 荒木村重といえば、かつて大河ドラマ『軍師官兵衛』で目にし

            スキ
            6

            幸せを感じるおうちご飯

            こんばんは。 リモートワークが続く中で、おうちご飯は大事なリフレッシュタイム。 暮らしの断捨離で浮いた分の予算を使って、少しだけ贅沢をしている分野が私にとっては「食」です。 GW中も以前のように旅行や外出に時間を費やすことがなかった分、密かな楽しみがお取り寄せグルメ。 とは言っても、高級なお肉や海産物をどんどん取り寄せることはありません。 今回のテーマは「ご飯のおとも」です。 私のお気に入りの3種類をご紹介いたします。 サーモン塩辛今日のランチは海鮮丼。 贅沢な響きです

            スキ
            4

            断捨離できれば貯金が増える

            こんばんは。 この2年でライフスタイルや働き方の急激な変化を経て、価値観は驚くほど変化しました。 連日のリモートワークで最早以前のように外出回数は激減。 毎日異なる服を着る必要はなく、メイクも特別な外出時限定。 久ぶりにハイヒールを履けば、かつての出張で終日歩き回っていた頃が嘘のように、短距離でも生まれたての小鹿のごとくプルプルと痙攣を始めるふくらはぎ… かつてのような生活にはもう戻ることはできないように思います。 1年かけて地道に断捨離を継続し、今や段ボール4-5箱で引

            スキ
            10

            今週の読書録

            こんにちは。 今週はGW期間後半から読み始めた4冊です。 李王家の縁談林真理子さんの『李王家の縁談』では、梨本宮伊都子妃を中心に維新後~戦後の高貴な女性の生き方が描かれています。 恋愛結婚が普通ではなかった時代、名家出身の女性たちの逞しさを感じさせる作品。 いつの時代も「最近の若い人は…」というセリフが言われ続けていたのだなと思うと、高貴な姫君もどこか身近に感じます。 以前『大正の后』で貞明皇后のお話を読んでいた内容と同じ登場人物たちが、また異なる側面から描かれており、二

            スキ
            5

            今週の読書録

            こんにちは。 GWに向けて一足早く部屋の片づけを始めたところ、ついつい読書タイムに切り替わり中断する週末を過ごしました。 今週は女性作家さんの書籍4冊を読了。 様々な環境にあっても、おかれた環境でもう少し頑張ってみようかなと思える作品は、長期休暇のおともにいかがでしょうか? ボタニカ朝井まかてさんの『ボタニカ』は、2023年朝ドラの主人公として注目の牧野富太郎にまつわる作品です。 植物学者として有能な牧野富太郎は、研究以外では際立ったダメ人間だった?! 頭はよくても社会

            スキ
            6