ビブリオバトルサークルを立ち上げた理由

読書が苦手な人、興味ない人は多いかもしれない。

読書できる人になりたいと思ってるけど、なかなかなれない人もいるだろう。

そんな人にオススメしたいのが、

「ビブリオバトル」である。2020年のキーワードだから覚えておいてください!!

自分はビブリオバトルサークルに所属している。ビブリオバトルとは、参加者同士でオススメの本を紹介し合い、誰の本が一番読みたくなったかを競う大会である。

サークル

もっとみる

ビブリオバトル初体験レポ in SALOON

SALOON札幌レギュラーメンバーの ゆっきー こと 宮治有希乃です。

SALOON札幌は単なるコワーキングスペースではなく、メンバーを中心に多彩なイベントや講座が開催されているのが特徴でもあります。

[ほんの一例]
読書会、神社仏閣、石碑、占星術、タロット占い、俳句、メイクアップ、手帳術、イラスト、似顔絵、料理、コミュニケーション、IT活用、働き方、ゆる起業、起業支援、副業支援、強み発見、自

もっとみる
ありがとうございます!
7

小学生の親がメンタリストDaiGoの「中田式読書術」から学べる、3つのこと

僕は、小学生の娘が好きな本を紹介する動画を、YouTubeで公開しています。その意味で教育系YouTuberの端くれと言えなくもないと思うんですけど、教育系YouTuberの2大巨頭といえば、メンタリストDaigoさんと、「オリラジあっちゃん」中田敦彦さんですよね。既にご覧になった方も多いでしょうが、昨年末に、お二人のコラボ動画がアップされました↓

中田さんは「中田敦彦のYouTube大学」とい

もっとみる
うれしい!
6

ほぼ毎日 note #24 ビブリオバトルのコツ

実はワタクシ、ビブリオバトルで優勝したことがあります。
地方の小さな図書館主催のイベントですけどね(^^;
そこで得られたプレゼン、ビブリオバトルの極意を今日ここにご紹介しようと思います。
参考にするも良し、無視するもまた良し。私だけのプレゼンの流儀です。

ありがとうございます! いい日でありますように(^^)
3

冬休みの自由研究に「子供が好きな本を親に紹介する動画」を撮ってみては?

今日から仕事が年末年始の休みに入ったという方も、多いと思います。家族全員が家にいる時期、ですね。みんな、どんな風に過ごしているのかなぁと思って、noteを眺めていたら、「小中学生の冬休みって、ちょっと危険!」という、ドキッとするようなタイトルが目にとまりました↓

「冬休みは、子供たちにとって楽しいイベントが、たくさんあるねー、子供たちは楽しんでいいけど、親まで気を緩めちゃダメだよー、休み明けにテ

もっとみる

「8歳女子」シリーズ、11本目で、ついに完結!

8歳の娘が、好きな本をYouTubeで紹介する「8歳女子」シリーズ、本日公開した11本目をもって、完結いたしました。ここまでこれたのは、今までご視聴いただいたみなさんのおかげです。ありがとうございます!クリスマスを過ぎてからサンタさんの絵本を紹介するという、微妙な感じですが(笑)、ご笑覧いただければ、幸いです↓

娘はもうすぐ9歳の誕生日なので、「8歳女子」ではなくなりますが、たぶん来年も、本の紹

もっとみる

ほぼ毎日 note #21 インプットとアウトプット ビブリオバトルの話し

読書が好きです。と同時に本について語る事も好きです。

以前、#17の記事で子どもたちの読解力が危機的状況にあることを書きました。その著者である新井紀子さんは同書の中で、“読書習慣と読解力には相関関係は見られなかった“と言っています。
読書好きとしては、ショッキングな内容でした。
と同時に気付いた点があります。
冒頭で述べたように、私は読書好きであると同時に本について人と語らう事も好きなのです。

ありがとうございます! いい日でありますように(^^)
6

「好きなモノ語り」で、noteもTwitterもビブリオバトルも、うまくいく

今月になって、プロフィールを書き換えました。「自分を物語りたいなら 好きなモノを語ってモノ語りにせよ」という記事を読んだのが、きっかけです↓

「自分自身をストレートに語るよりも、自分の好きなモノについて語る方が、読んでもらえるプロフィールになる」ということが書いてありますが、これって、ビブリオバトルと同じなんですよね。

ビブリオバトルは、世間的には「本のプレゼンをする」というイメージが大きいみ

もっとみる

でも、「勝ちに行かない」ビブリオバトルは、もっと楽しいかも

昨日は、ビブリオバトルで勝つためのハウツーみたいなことを書いたけど、もちろん、勝つことだけがビブリオバトルの楽しさじゃない、と思う。それどころか「勝ちに行かない」ビブリオバトルの方が、もっと面白いかもしれない。このnoteを読んで、そう思った↓

この方は、以前ビブリオバトルに参加して、惨敗したようだ。この時のビブリオバトルでも、惨敗した時の記憶が頭によぎって、緊張してしまった。その緊張を打ち破っ

もっとみる
うれしい!
1

ビブリオバトルで「勝ちに行く」なら、YouTubeに練習動画をアップしてみては?

僕は、図書館とビブリオバトルが好きです。ビブリオバトルについてのnoteを検索していたら、「はじめてのビブリオバトル」というnoteを見つけました。はじめてビブリオバトルに参加することになった経緯と、そのための準備と、当日の感想が書いてあります↓

僕が一番「この人、いいな」と思ったのは、「勝ちに行く気で参加している」ことです↓

今回、最初に決めたのは、「本気で勝ちに行く」こと。「バトル」なのだ

もっとみる
うれしい!
5