ナダル

【234日前】ATP CUP準決勝 オーストラリア対スペインを観戦しました

育休明け、今週のトレーニングも無事終わりました。しっかりいいトレーニングが積めています。この調子この調子。

話が変わって、現在シドニーではATP CUP(テニスの国別対抗戦)の決勝トーナメントが開催されています。今日は準決勝、対戦カードは「オーストラリア対スペイン」です。

あのナダル選手を観れる絶好のチャンス!この機会を逃すまいと観戦してきました。地元オーストラリア対ナダル選手率いるスペインの

もっとみる
ありがとうございます!パラリンピック応援してください!
3

テニスATPカップ 2日めのダイジェスト

いきなりやばい試合ばかりよね

特に ジョコとアンダーソンの試合は 

7-6 7-6と 超ギリギリでジョコが制したわけですが 

内容的には もう決勝戦並でした。

アンダーソンも 復帰したばかりであそこまでやるとは 

かなり力をつけて 戻ってきたなーって感じ。

これはまたトップ10入り してくる可能性が高いね。 

そして注目の 日本ですが 

ウルグアイ相手に 全勝と 

いいスタートが

もっとみる

テニス ATPカップ 始まる前から日本がピンチになってしまっている話

来年の1月3日から 

いよいよ 国別団体戦であるATPカップが 

始まるのですが 

日本にとっては良くないことが起こっています。 

それは メンバーの欠場 しかも二人もです。 

錦織くんと 内山くんが なんと欠場するということで 

もう始まるというのに 

ウッソー って感じだよね。

しかもトップ1とトップ3の選手が抜けるわけですから 

日本にとっては 結構ピンチ 

ちなみに 日

もっとみる

エリック・バボラ氏が語る現在のバボラブランド!

欧州を代表するテニスブランドの1つバボラ社(本社フランス)の社長であるエリック・バボラ氏が、同社の今を語ったインタビューがテニスサイトに掲載されていましたのでご紹介します。

バボラ社といえば、1875年にテニスストリングを開発してテニス市場に本格参入。長きに渡りストリング事業に力を入れながら現場で選手からの生の声をもとに開発を進め、1990年代にラケット事業にも参入し多くのグランドスラムチャンピ

もっとみる

風が吹けば、桶屋が…アナ雪?

どうも、中田です。ここのところ、寒いね~。東京の気温、今日7度でしょ、あと3度落ちたら雪降るね。我が家は六本木ヒルズの最上階だから、寒さとは無関係なんだけどね。夜は東京の夜景、特にイルミネーションを一望できるからいいね。あ、部屋から見える景色を今日は特別にご提供します。

どう、彼女?良かったら、俺の部屋から素敵なTOKYO夜景を一緒に見ない?

……嘘です。東京近郊の、エレベーターの開閉時間が3

もっとみる
マジすか!サンキューの上、ヨンジューです!!
16

スペイン生活とスペインテニス

もうすぐ四年のスペイン生活を振り返り、テニスだけに限らずスペインの様々なことについ何個かに分けてシェアしたいと思います!
今回のはテニスについてです。

スペインテニス

世界で2番目とも言われているテニスアカデミー、アカデミア サンチェス•カサル. 1ヶ月のキャンプと、連続で10ヶ月、合計11ヶ月の滞在をもとに、自分の経験と感想、長所と短所などを紹介したいと思います。
スペインテニスはどういった

もっとみる

ナダルのフットワーク、解説します

ナダルのコートカバー力の高さは、ナダルの強さの秘訣の1つです。

今回は、そんなナダルのような選手に近づくために、ナダルのフットワークについて解説します。

ナダルのイメージが湧かない、という方は、こちらのスーパープレイをご覧ください。

こんなステップになっています

ナダルのフットワークを、イラストにしてみました。

上の動画の最後のポール回しを手作りイラスト化しています。チョコンと出た方向は

もっとみる
スキありがとうございます😄これからも頑張ります✊
1

全米オープンテニス2019準決勝、対戦カードと見どころは!?

みなさんこんにちは、こんばんは!テニスベアブログを担当している、テニスッキーです。

全米オープンテニス2019、しっかり観ていますか!?テニスッキーは観ています!もちろん慢性的な寝不足です。

さて、男女ともにシングルスのベスト4が出揃いました!残念ながら日本人は敗退してしまいましたが、特に男子は近年稀に見る波乱の展開…。

このタイミングで一旦、ここまでの勝ち上がり選手と対戦カードをおさらいし

もっとみる

目指せ全問正解! テニスのおもしろルールクイズ

前回から少し経ってしまいましたが、どんなテーマだったか覚えていますか?そうです!ウィンブルドンのルール特集です!

→ 伝統を重視!ウィンブルドンの特別ルール

テニス好きの筆者としては、いろいろとお話ししたいことがあるものの、あえてひとつ。望月慎太郎選手の優勝!ウィンブルドンの男子ジュニア優勝は、日本人初の快挙です。

こんな選手がもっとたくさん日本から排出されるためにも、もっともっと皆さんにと

もっとみる

フェデラーとナダルが "史上最高のライバル" だと言われる理由

今年のウィンブルドンもいよいよ大詰めですね。最終日の今日は、男子シングルスの決勝戦、ノバク・ジョコビッチ vs ロジャー・フェデラー が行われます。トップシード2人による激闘を見守りましょう。

さて、決勝戦の前には当然、準決勝があるわけで、今年はフェデラー 対 ナダル のカードが実現しました。言うまでもなく、この2人は、テニス史上最高のライバル関係と評されているわけですが、今年の試合でもまさにそ

もっとみる