【その7:Day6】「文系かつIT音痴の未経験者が3ヶ月でAIエンジニア・データサイエンティストにどこまで近づけるかマジでチャレンジ」_Python編(2020/07/07)

どうも、totaです。チャレンジ6日目(Day6)の報告です。が、その前にとてもうれしくありがたいことがありました。というのもある方からnoteの"サポート"をいただきました。感謝でございます。初学者の学習過程を情報発信することで少しでもお役に立てたら嬉しい限りです。引き続きよろしくお願いします。

それではまずはここまでの流れです。
Day1: Docker + JupyterLab環境構築
D

もっとみる
マジでありがとうございます!!!!
4

【その6:Day5】「文系かつIT音痴の未経験者が3ヶ月でAIエンジニア・データサイエンティストにどこまで近づけるかマジでチャレンジ」_Python編(2020/07/06)

こんにちは、totaです。チャレンジ5日目の報告です。
あっという間に5日目が終わりました。ここまでのチャレンジの経過を記載しておきます。
Day1: Docker + JupyterLab環境構築
Day2: Python基本文法, NumPy
Day3: Pandas(.fillna()まで)
Day4: Pandas(.apply()まで)
Day5: Pandas(.pivot_table

もっとみる
マジでありがとうございます!!!!
6

【分析】大学生でデータ分析と出会った話【python】

こんにちは!高校生の時から興味のある分野が見つからなかったもろ〜んです

データ分析ってどんなかんじ?
スタートはどんな感じなの?

データ分析に興味を持ち始めたあなたは、こんな疑問があると思います。

今回は、大学で出会ったデータ分析に惹かれて現在も勉強しているもろ〜んが、どのような手順を踏んでここまで来たのか執筆します。

ここまで、といっても学生奨励書で受賞されたレベルですけれどね。

--

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!

文系未経験からデータサイエンティストに転職した人の統計勉強法

こんにちは、Hawaii(Twitter:@Hawaii07597403)です。
前回noteで投稿した記事「文系未経験からデータサイエンティストに転職するまで」やTwitterから、ありがたいことに「どのように勉強したのか」「お勧めの書籍はあるか」といった質問をたくさん頂戴しました。

統計やプログラミングについての勉強法をまとめてnoteで記事にしようと2か月程前に思っていたのですが、何となく

もっとみる
興味を持っていただきありがとうございます!
8

翻訳としてのデータ分析#31 ハコの名は

原文抜粋 :「コールテン」か「コーデュロイ」か

翻訳というのは自分の哲学や趣味を主張する場じゃないからね。小津安二郎がこんなことを言っています。「なんでもないことは流行に従う。重大なことは道徳に従う。芸術のことは自分に従う」。翻訳という作業は、その意味では「芸術のこと」にはほとんど関係ない。

まったく関係ないっていうと語弊がありますが、ほとんどのことは「流行に従う」でいい。長いものに巻かれるの

もっとみる
スキのコンバージョン、ありがとうございます!
2

「文系かつIT音痴の未経験者が3ヶ月でAIエンジニア・データサイエンティストにどこまで近づけるかマジでチャレンジ」_その5_Python編(2020/07/05)

どうも、totaです。よろしくお願いします。チャレンジ4日目を報告します。

7月1日にMacBookAirを購入して始まったこのチャレンジ。あっという間に4日がすぎてしまいました。この4日間は完全にかめさん(twitter:@usdatascientist)の以下ブログとudemy講座にお世話になっています。

Terminalとはなんぞや?というマジでIT音痴の自分がここまでこれたのも上記ブロ

もっとみる
マジでありがとうございます!!!!
8

画像分類コンペに、初学者が参加してみた#機械学習

せっかく半年の #データサイエンティスト 修行(データミックスさんのデータサイエンティスト養成講座を卒業)したものの。業務でガチの機械学習つかわない。ので、知識が落ちる前に、 #機械学習 コンペにエントリーぐらいしてみよう、と。そんなときでした。日本企業開催コンペの情報が!

日本絵画に描かれた人物の顔分類に機械学習で挑戦!https://www.nishika.com/competitions/

もっとみる
ありがとうです!
2

翻訳としてのデータ分析#30 確信は控えめに記す

原文抜粋 : perhapsの実現の程度

perhapsという言葉は、けっこう確信があるときでも使う。いわゆるunderstatement──あえて控えめに言って、かえって説得力を強めるってことはあるんですね。

原則としては、perhapsはほとんどmaybeくらいの弱い意味である。ただし、それがunderstatementであって、実はほとんど確信しているという場合もある。

『ぼくは翻訳に

もっとみる
スキのコンバージョン、ありがとうございます!
1

「文系かつIT音痴の未経験者が3ヶ月でAIエンジニア・データサイエンティストにどこまで近づけるかマジでチャレンジ」_その4_Python編(2020/07/04)

どうも、totaです。チャレンジ3日目の報告です。

ここまで1日目にDocker+JupyterLabでの環境構築、2日目にpython基本文法とNumPyを学んできました。

ここまで大変だったのは最初の環境構築ですね。DockerやTerminal(今回はiterm2を使いました)での操作が不慣れな人間には難しかったです。ですが以下のかめさん(twitter:@usdatascientist

もっとみる
マジでありがとうございます!!!!
13

東大博士課程修了、入社5年目データサイエンティストの私がアトラエを辞めない理由

アトラエ5年目データサイエンティストの杉山です。

最近、私は色んな人から(社内からも(!))、杉山はどこでも働けそうなのに何故アトラエを辞めずに働いているの? なんていうことをよく聞かれます。

ぶっちゃけ、いつでもどこでも行けそうな人なんてアトラエにはゴロゴロいると思いますが、、、。今日はその1人として、考えていることを書いてみようかと思います。

私はこんな人

学歴:博士(数理科学)を取得

もっとみる
データは嘘をつかないよ😎
75