50. さらば!セクシー先輩

準決勝からしばらくして結果が貼り出された。

セクシー先輩は・・・決勝には残れなかった。

なんでだよー!

私には何故ダメだったのかはよく分からなかったが、悔しいことだけは確かだった。

さぞ落ち込んでいるであろう先輩に労いの言葉を掛けようと近づくと、先輩は思いのほかサッパリとした顔をしていた。

お、お疲れ様でした。・・・残念でしたね。

「応援ありがとね、坊や。まぁ、残れなかったのは残念だっ

もっとみる
ありがとうございます❗私もスキです!
11

セクシー掌編「マスクの下は」

リモートで出会った彼女と、いよいよリアルで会える。でも彼女は対面を恥ずかしがっていた。マスクを外したときその理由がわかった。端正なモデル顔に似合わない、ぷるんと肉厚の唇。「唇だけエロいって言われるの。だから……」もじもじと語る唇が不意に黙った。僕が自分の唇で塞いだから。

“空白”を上手に語れる女になる。

わたしは、大抵の場合、言いすぎている。
言わなくていいことを言いすぎている。

それって、セクシーじゃないんだろうなぁと薄々勘付きつつも
せっかく人間として産まれついたのに
自分の感情を口にして、言葉というものでそれを相手に伝えようとして、何がわるいのか
という思考に囚われてしまっていた。
言わないでいることの方がよほどわるいと、勝手に思い込んでいた。

最近、シンプルだけどディテールに凝った服を

もっとみる

49. セクシーな生き様は命の輝き

間もなく準決勝が始まる。

決勝に残れるのは6組だけだ。

セクシー先輩は気合とエロスがダダ漏れしている。

体表面の約70%が露出しているのに加え、そのパツンとした張りのあるガングロの肌に玉のような汗が滲んでいる。

顔も熱気で赤く上気し、背中からは湯気のようなものも立ち昇っている。

闘うオンナは美しい。

先輩、キレイっす!

「ありがと❤️ 知ってるけど💋」

全然緊張してないっすね。

もっとみる
ありがとうございます❗私もスキです!
33

妊娠…最期のドライブ その3

今夜が私達二人の最期の夜だから……だからあなたと出来る限り愛し合いたいの!いつまでも……永遠に!あなたに私のすべてを残したい!私が消えてしまうまえに!あなたの毛だらけで全身真っ黒な体のすべてに私の生きていた証を残したいの!

 嵐はますます激しさを増していく。割れたガラス戸から雨や風がひっきりなしに入ってくる。そして稲妻は暗闇で抱き合う私とダーリンのすべてを照らし出す!嵐のせいで何もかもが雨に濡れ

もっとみる
愛…いただきました
11

夏祭りを抜け出して・・・♡(高画質25枚)

今回は、着物+水着が多い回です。

夏祭りを抜け出して、二人だけの思い出をつくろう♡

モザイクかけると逆に卑猥な感じがしますね(^◇^;)笑

もっとみる
やったー☆
10

48. あの素晴らしいセクシーをもう一度

最終予選が始まった。

まずはデヴィ先輩が出場してるワルツからだ。

さすがにここまで残っているカップルは皆うまい。

ほとんど差は無いように見える。

ニーロクイーチ、ガクイーン!

応援にも力が入る。

その時、残念ながら最終予選に残れなかった部長が応援席に駆けつけた。

お疲れ様したー!

「どうだ、初めての全日本は?」

オレから見たらみんなスゲー上手いんで、誰が残るのかさっぱりわかんない

もっとみる
ありがとうございます❗私もスキです!
36

セクシー掌編「自粛ランチの終わり」

「ランチの出前でーす」
「ありがとう、毎日来てくれて。自粛中は助かったわ」
「そろそろ宣言解除ですね。いつも肉料理なのに今日はどうしたんですか」
「ふふ。メインディッシュは別なの。君ともう会えなくなるでしょ?」
お姉さんの手が指に絡みつく。そうだこの人、肉食系だったんだ。

【目印を見つけるノート】50. 真珠の耳飾りの艶めかしさ

きのうは救急車の音が4回聞こえました。

きのうは投稿サイトにあげている小説の第8章が一区切りできたので、燃え尽きています。空白改行抜きで1,158,136字ということでした。次の章に入るまで少し暇をいただこうかと思っています。

きのうはとある方の超短編私小説を拝見して、励みにさせていただきました。
びっくりしました。おもしろかったです。
ありがとうございます。
双子座の新月をゆるりと迎えられま

もっとみる
私もスキです。ありがとう。
20

セクシー掌編「お尻を振って」

橋から下を覗き、ふと昔のセフレを思い出した。「欲しがる行為を見せてごらん」の言葉に、ベッドで扇情的にお尻を振った被支配願望のある娘。興奮のまま手を伸ばしたけれど、距離を保って鑑賞していれば僕たちは続いていたかもしれない。眼下の水辺でひょこひょこ歩く鴨がそう教える。