サイボウズ式ブックス

インターネットと新聞をつなぐ広告、という試み

ライツ社の大塚です。12月17日(火)付の日経新聞朝刊で、『最軽量のマネジメント』(サイボウズ式ブックス)の全面広告を出稿しました。 広告内容は、おそらく広告のアイデアとしては日本で初めて、noteに投稿された書評記事をそのまま広告として掲載する、というもの。このアイデアに至った背景をお…

noteに投稿された書評が、日経新聞の全面広告に掲載されました。#サイボウズ式ブックス …

noteに篠田真貴子さんがつづった『最軽量のマネジメント』の書評が、日経新聞の全面広告(12月17日付)に掲載されました。『最軽量のマネジメント』は、サイボウズの出版事業として生まれた「サイボウズ式ブックス」から出版された第一弾の書籍で、出版までの経緯は「サイボウズ式ブックス編集部のnote…

「権威ごっこ」にサヨナラ。 書籍「最軽量のマネジメント」を読めば、まだ間に合う。

マネジャーにすべてを背負わせるのはもうやめよう。 表紙に書かれたこの言葉がより多くの人たちに伝わってほしい。 最近までマネジャーではなかった「私はマネジャーの○○です」 それを知るはずのメンバーからの「それはマネジャーの仕事です」 そのマネジャーの上司からの「マネジャーなんだからし…

【はじめに全文公開】 離職率28%から4%へ。サイボウズは、いかにして「働き方改革のリ…

『最軽量のマネジメント』 山田理(サイボウズ式ブックス)2019/11/7発売  「残業を削減します」 「社員の満足度を上げます」 なのに、会社の業績目標は変わらない。いったい、どうやって? 形だけの働き方改革でいちばん損しているのは、 「上」と「下」の間で板挟みのリーダーだった 部下からは…

11月9日(土)@梅田 『最軽量のマネジメント』出版記念 サイボウズ副社長・山田 理トー…

サイボウズ式ブックス創刊記念!大阪・梅田 蔦屋書店でトークイベントを開催します! メンバーのモチベーション管理、予算管理、プロジェクト管理、採用、評価……。 マネジャーにこれらすべてを背負わせるのは、正直言ってもう無理なのではないか。インターネットが発達した今、もっと、マネジャー…

サイボウズとライツ社で、出版事業「サイボウズ式ブックス」を始めます

11月7日(木)、サイボウズ式ブックスより『最軽量のマネジメント』山田理が出版されます。 「サイボウズ式ブックス」とは、グループウェア大手「サイボウズ」とベンチャー出版社である「ライツ社」が提携した立ち上げた出版事業です。 サイボウズからの公式リリースがこちらです。 今回は、サイボ…

『最軽量のマネジメント』出版記念イベントまとめ

こんにちは。サイボウズ式ブックス編集部です。 11月7日(木)に発売を控えた、サイボウズ式ブックスの第1弾『最軽量のマネジメント』。続々と出版記念イベントが決まっていますので、今日はそのお知らせをさせていただきます。 ■11月8日(金)15:50~ @幕張メッセ 毎年幕張メッセで開催されるサイ…

【冒頭〜目次公開】副社長山田理 初の著書『最軽量のマネジメント』の一部を公開します

「残業を削減します」「社員の満足度を上げます」 なのに、会社の業績目標は変わらない。 いったい、どうすればいいの? 形だけの働き方改革でいちばん損をしているのは、 「上司と部下」や「成長と残業」の板挟みとなっている中間管理職なのではないでしょうか。 サイボウズでは、世間で働き方改革…

サイボウズ式ブックス第1弾、装丁&タイトルが決定しました

先週、SNSでも拡散をしましたが、「サイボウズ式ブックス」第1弾、副社長の山田による「マネジメント本」の書籍タイトルが決定しました。 タイトルは…… 『最軽量のマネジメント』 です! これまでタイトルは、 『新しいマネジャーの教科書』 ↓ 『マネジャーにすべてを背負わせるのは、もうやめ…

「サイボウズ式ブックス」を、はじめます。

多様な個性を押し殺してしまうのではなく、むしろ、個性が発揮されればされるほどに相互作用が生まれ、おもしろいアイデアが飛び出すような、働く楽しさに満ちた「チームワークあふれる社会」をつくりたい──。 そんなビジョンを実現するため、これまでサイボウズは22年間、グループウェアの開発や、…