ゴールドスミス

永い人類の歴史の中で 🔥『努力』🔥を大切にした人の 名言を集めました👍

賢者は歴史に学ぶ📚 永い人類の歴史の中で 😢『努力』😢を大切にした人の 名言を集めました👍 更に☆彡  名言を残した方の名前に #を 付けさせて頂きました。 是非、 #名前を押すを押してみてください 😲 素敵noteクリエイター達の投稿を  ワンステップで  沢山☆ 一覧にすることができます🍀 それでは、参りましょう✨🤗 🔥『努力』を大切にした人達の名言を集めました🔥 1🤗「努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る。」 #井上靖 2🤗 「人生

スキ
15

脱・新自由主義宣言第一話「ゴールドスミスノート」

2020年、COVID-19の出現により顕となった新自由主義の欠点。自由経済とグローバリゼーションの弊害が叫ばれる中、日本におけるレーニンのお膝元ともいえるBUNKER TOKYOは、オープン当初よりポスト資本主義を研究してきました。このコロナ禍で新自由主義による格差拡大を止め、今こそ革命を起こすためには、少しでも多くの方に経済、政治等様々な真実を知って頂き、理解を深めていただく必要を感じております。現在のお金の仕組みや社会の仕組み等、シリーズとして分かりやすく解説していきま

スキ
13

お金の起源。

こんばんは。せやかて工藤です。 今日は「お金の起源」 について話したいと思います。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー みなさんはお金の起源について どのくらい知っているでしょうか? 「この記事を読まれている方の中に  お金を使った事が無い。」 という方はいらっしゃらないと思います。 むしろ毎日使っているのではないでしょうか? タイトルにもある通り、 今日は”お金の起源”についてお話します。 お金が生まれる前までは 「物々交換」が行われていました。

スキ
2

ロスチャイルドのいたフランクフルト・ゲットーの実態

みなさん、こんにちわ。 ノートでの記事は、ひさしぶり。 今日、世界を陰から動かしている「金融一族」というファミリーがいますが、実は彼らの出身地はある特定の場所に集中しています。 それがフランクフルト・ゲットーです。 ゲットーとは、ユダヤ人隔離地区のことですね。 カトリック教会が主導して初めてイタリアでゲットーが成立したのが1096年。 同じ頃、十字軍遠征といった宗教的情熱を背景に、キリスト教徒の暴徒たちがヨーロッパ各地でユダヤ人を襲い始めます。 以来、地域によってやや異なりま

スキ
2

なぜヘンリー王子の結婚で英ウィンザー朝の滅亡が確定するのか?

世界支配層には二系統がある。 プロテスタント系統とユダヤ系統である。 私は両者がどう始まって、どう動いて、どう結びついて、今日に至ったのか、だいたい把握している。両者は15世紀にはベネチアですでに邂逅している。ただし、この時点では、彼らはまだヨーロッパの片隅に生きる中小勢力に過ぎなかった。 その中小勢力が「世界支配層」になったのはナポレオン戦争後である。 イギリスは勝者となり、以後、覇権国への道を駆け上がっていく。 他方、その戦争でロスチャイルド家を含むフランクフル

スキ
2
有料
100

なぜ新英国王はチャールズ皇太子ではなくウィリアム王子なのか

ダイアナ妃が「交通事故死」したのは1997年8月31日。 それからもう20年以上になる。 事故の一年前、彼女はチャールズ皇太子と正式に離婚していた。 そして、彼女は突然、パリで「交通事故死」した、表面的には。 しかし、本当は、英ミリタリー・インテリジェンスの要人暗殺班によって消されたのである。しかも、裁可を下したのは最終的にエリザベス女王自身と考えられる。 ダイアナを暗殺するには、絶対に王室の同意が必要である。ただし、ミリタリー・インテリジェンスに直接命じたのは、夫

スキ
2
有料
100

誰も知らないダイアナ妃の「世紀の結婚」の真実

ダイアナ妃が本当はユダヤの大物銀行家の娘だったとしたら、どのような問題が生じるのだろうか? また、それが何を意味するのだろうか? 私は「それを真に理解する上でのポイントが二つある」と言った。 前回は一つ目について述べた。 それは近い将来にウィンザー朝が滅んで、新たにゴールドスミス・ロスチャイルド朝の英国が誕生するという内容だった。 今回は、二つ目について述べたい。 真実に迫るためには、最初に次の問いかけを行わなければならない。 「英王室は本当に彼女の素性を知らなか

スキ
4
有料
100

英王室がロスチャイルド・ゴールドスミス朝になる日

ダイアナ妃は真性のユダヤ人であり、本当は著名なユダヤの大物銀行家の娘だった、とするなら、いったい何が問題なのだろうか。 または何を意味するのだろうか。 それを真に理解する上でのポイントが二つある。 まずは一つ目からだ。 この事実が英王室の将来にどのような影響を与えるのだろうか? 未来の英王室と「ゴールドスミス朝グレートブリテン」の誕生1982年、ダイアナは長男ウィリアム王子を産んだ。 2003~4年頃、そのウィリアム王子とキャサリン・エリザベス・"ケイト"・ミドル

スキ
6
有料
100

本当はユダヤ銀行家の娘だったダイアナ妃

チャールズ皇太子とダイアナの「世紀の結婚」とは、本当は何だったのか? なぜチャールズは、妻ダイアナに対して異常なほど冷淡だったのか? そこには驚くべき真実が隠されている。 本当は「誰がこの世界を支配するか?」という問題なのだ。 その究極の真相に迫る前に、まずは「ダイアナとは本当は何者だったのか?」という点から解き明かしていかねばならない・・。 ダイアナの母フランシスはユダヤ系貴族出身1936年生まれのダイアナの母親は、元々の名をフランシス・ルース・バーク・ロシュ(F

スキ
16
有料
100

お金の実態を知るハナシ

最近経済を勉強してきて、ようやく「信用創造」の実態を掴むことができた、と思う。 一応社会の授業で習っていたが、やっぱり当時はまだピンときていなかった。ていうか教科書の説明だと、本質を掴むにはどうもモヤモヤとした感じがする。 昨日、ようやくこの信用創造の仕組みを比較的簡単に理解できる話の存在を知った。 イギリスの銀行の始まり、ゴールドスミスの話である。 有名な話なので、知ってる人からすれば常識なのかもしれないが、これこそ学校で教えるべきお金の実態の話であると思う。 まあ、今

スキ
1