英王室がロスチャイルド・ゴールドスミス朝になる日
見出し画像

英王室がロスチャイルド・ゴールドスミス朝になる日

ダイアナ妃は真性のユダヤ人であり、本当は著名なユダヤの大物銀行家の娘だった、とするなら、いったい何が問題なのだろうか。

または何を意味するのだろうか。

それを真に理解する上でのポイントが二つある。

まずは一つ目からだ。

この事実が英王室の将来にどのような影響を与えるのだろうか?

未来の英王室と「ゴールドスミス朝グレートブリテン」の誕生

1982年、ダイアナは長男ウィリアム王子を産んだ。

2003~4年頃、そのウィリアム王子とキャサリン・エリザベス・"ケイト"・ミドルトン(Catherine Elizabeth "Kate" Middleton)なる女性の交際が公になった。

彼女の名前が浮上した時、彼女の母親キャロル・ミドルトンの旧姓がゴールドスミスであることが一部で話題になった。ただし、労働者階級の家系だと言われる。

客室乗務員をしていたキャロルは、英国航空社員のマイケル・ミドルトンと結婚したことによりミドルトン姓を名乗るようになり、そして1982年にケイトを産んだ。

キャロルの祖先はイベリア半島のスファラディ・ユダヤ系(Sephardic Jews)だとも噂されている。たしかに、ケイトにはその面影があると感じられる。

画像1

(画像説明:Carole and Kate Goldsmith)

そうでなくとも、キャロルの祖先は、労働者階級とはいえ、おそらくジェームズ・ゴールドスミスの祖先と、どこかで繋がっていると思われる。今から2世紀ほど前のイギリスでは、ユダヤ人は数万人程度。その中で同じ姓ならば、どこかの時点で親戚だったと考えるほうが自然だ。

2011年、ウィリアム王子は、そのケイト・ミドルトンと結婚した。

そして、2013年7月22日、彼女は第1子となる長男ジョージを出産した。

この続きをみるには

この続き: 2,447文字 / 画像2枚

英王室がロスチャイルド・ゴールドスミス朝になる日

山田高明 Takaaki Yamada

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。よろしくお願いします。
スピリチュアル・聖書預言・予知予言・NWO・陰謀論などの分野が得意。小説も。 サイト「フリー座」とYouTubeチャンネル「TAKAの真オカルト学院」https://www.youtube.com/channel/UCCm4K5xnN6Ss5cO0hEC0_tQ/を運営