森田ひかる ミーグリレポ
+1

森田ひかる ミーグリレポ

読書の秋は「新宝島」!!

読書の秋は「新宝島」!!

さて、今年も読書の秋がやって来ました。 ということで、毎年この時期になると色々と読み漁っている私なのですが、ビビッ!と電気が走った本があったので皆さんにもぜひぜひ知っておいてもらいたいです!! ※上記のリンクで紹介している記事の中にその本のリンクが貼ってあります!! 私のnoteもフォローしてくださっているきくちしんいちさんという方がいまして。 彼は文筆家を目指しています。 その夢への第一歩として書いた小説「新宝島」。 これがなかなかおもしろいんです! 作者の娘さんで

スキ
14
動物、音楽の句。あるいは、ミーアンドユー。

動物、音楽の句。あるいは、ミーアンドユー。

マッチ1本、火事のもと。 って、言われています。 のに、トップ画像の黄色いゾウはマッチを掲げている。 蚊取り線香みたいに、鼻がグルグル。イエローノーズが、『魔法陣グルグル』。『魔法陣グルグル』に出てくるキタキタおやじは、なぜかダンスをする。 …という話はさておき、マッチ棒の赤い部分を見てみると、なんだか白いテカテカのやつがあって、強調されているデザインですね。 だから、もうすぐ燃えるのかもしれない。 そんなシチュエーションにもかかわらず、黄色いゾウはどこか遠くを見

スキ
24
買い物の秋/金曜日秋季限定企画「なにかしらの秋」2021.10.22/譜面合間日誌(平日)
+1

買い物の秋/金曜日秋季限定企画「なにかしらの秋」2021.10.22/譜面合間日誌(平日)

秋季限定企画「なにかしらの秋」 こんにちは。 「譜面合間日誌」金曜日担当の河﨑です。 今回は「買い物の秋」ということで、 最近見かけた興味はあるけどほしくはないものをご紹介します。 ゴリラです。 そこそこ大きめのゴリラです。 家具屋さんに普通に置いてありました。 ¥69,000(税込¥75,900)します。 それではまた来週。 お元気で。 良い週末を。 【今週の何か】 かっこいい

スキ
1
#3 EC農家のペルソナの作り方。私のペルソナはゴリラに上位互換しました。
+4

#3 EC農家のペルソナの作り方。私のペルソナはゴリラに上位互換しました。

↑のシリーズの第3話です。文章を書くのが苦手なのに3話まで来ました。 奇跡です。今日も頑張って書きます。 六次化の1の時点でしっかりとペルソナを作っておくというお話です。 第二話で、図らずもSTPをしましたが、そのSとTにかかわるみたいです (マーケティング素人で用語を知らないw)。 スイーツで売りなよ ペルソナマーケティングの欠点は「ニッチ化しすぎて市場が小さくて売上にならないよ~」だそうです。 当初、フィジーカー専用スポーツ干し芋をつくると決めペルソナを作りこみま

スキ
10
OH!へんろ。親子の88か所巡り(30番札所):百々山 善楽寺(高知県)
+3

OH!へんろ。親子の88か所巡り(30番札所):百々山 善楽寺(高知県)

わたしが、子どもたちと決めた今回のお遍路ルールは一つだけ。納経所で御朱印をいただくのは子どもたちの役割ということ。ちゃんと挨拶をして、御朱印をお願いし、最後はしっかり御礼をする、です。 30番札所の善楽寺の島田希保住職には以前私の授業でゲスト講師としてお話していただいたことがあります。 手に塗って使う粉状のお香「塗香(ずこう)」を広めようと、2017年頃から寺オリジナルの香りを調合し授与を始めまたそうです。新型コロナでマスクが欠かせない生活を強いられる中、他の住職からの要

スキ
4
もうすぐハロウィンだな、ひさびさのゴリ。バーニューノマンで何かアイコン仮装みたいな話で盛り上がってる、去年は冷蔵庫の中にカボチャ入れたりしたけど今年は何しよっかなー。ハロウィンといえばこういう怪しげな仮面とか黒いとんがり帽子とか蜘蛛の糸とかジャックオーランタンとか?

もうすぐハロウィンだな、ひさびさのゴリ。バーニューノマンで何かアイコン仮装みたいな話で盛り上がってる、去年は冷蔵庫の中にカボチャ入れたりしたけど今年は何しよっかなー。ハロウィンといえばこういう怪しげな仮面とか黒いとんがり帽子とか蜘蛛の糸とかジャックオーランタンとか?

スキ
27
最近物事が上手くいかない!
そろそろジャングルに帰るか…
#ゴリラ #ゴリラの日常 #クリス

最近物事が上手くいかない! そろそろジャングルに帰るか… #ゴリラ #ゴリラの日常 #クリス

金の斧を振込んだら黄金の斧が届いた(詐欺にあった話です)

金の斧を振込んだら黄金の斧が届いた(詐欺にあった話です)

去年のこと、草彅くんのミッドナイトスワンという映画にどハマりした。それはそれは美しく儚く切ない物語で、バレエを踊る14歳の少女に度肝をぬかれた。 うつくしすぎる。 愛に溢れたその映画のサントラが弾きたくなった。毎日聴いていたし、音を取ってはアプリの鍵盤でポロンポロンと弾いていた。 そしてちゃんと弾きたくなった私は楽譜を探した。 もちろんAさんに付き合ってもらって探しに行った。 結局、何軒も楽器屋さんをまわったけど見つからず「本」で残しておきたかった私の心とは裏腹にコンビニで

スキ
8
マスコットキャラという分身

マスコットキャラという分身

会社の存在を想起させる目的で、自社のマスコットキャラクターを設定すると、じわじわと効いてくる、という話 先日いただいたお問い合わせの中で「お猿さんの会社でおぼえていてお電話しました」というやり取りがあった。 お猿さんというのはおそらく弊社のマスコットキャラクター、通称イシゴリくんのことだろう。厳密に言えば猿ではないのだが、お客様に想起していただくためにかれこれ8年前に設定したマスコットキャラクターなので効用としては正解である。 このイシゴリくん、私が経営を引き継いではじ

スキ
3