コーディネイト

顰みに倣う、東施
+25

顰みに倣う、東施

※こちらも過去blogからの転載。数年前に書いたものです。 【意味】顰みに倣うとは、善し悪しを考えず、  むやみに人の真似をすることのたとえ。  また、人の言動を見習うことを謙遜して言う言葉。 春秋時代、越の西施という美人が胸を病んで苦しんで、苦痛で顔をしかめているのを美しいと思った町の醜女(東施)が、それを真似て村中を歩いた。 醜女は、西施の美しさは知っていたが、西施が眉をひそめていても、なぜ美しく見えるのかということには気がつかなかった…という故事に基づく。     

スキ
5
⑥この秋はコーデュロイのコートを着たい(図あり)
+1

⑥この秋はコーデュロイのコートを着たい(図あり)

昨年の年明けに、古着屋でコーデュロイのコートを買いました。 私は「コーデュロイのコートをオシャレに着こなす」ことに「こだわり」があります。 コーデュロイのコートとの出会いは、学生時代に遡ります。 とある制作系の学生コンペで、他大学の人と知り合いました。 何日か一緒に過ごしましたが、毎回着こなしがオシャレで感心していました。 ある日その人は、すごーーーく美妙な色のコーデュロイのコートを羽織っていました。フォルムはもちろん、他のアイテムとの配色も良くて、全体的なバランスが

スキ
3
お見合いのときの服装

お見合いのときの服装

しあわせ婚ナビゲーター仲人の舘です。 お見合いのイメージが古いままだと、着ていく服といえばスーツに着物となるかもしれません。 これが現代風になると、スーツはともかく着物は重すぎます。 確かに服装は重要で、失礼のないようにするのが基本ですが、相手に気を遣わせてしまっては本末転倒です。 その上でコーディネートを考えていくのですが、女性はスカートかワンピースが正解です。 膝丈程度であれば尚良く、やはり女性らしさをアピールできる服装が好まれます。 あくまでお見合いの場における服装の

スキ
6
ダサいの嫌い
+1

ダサいの嫌い

私はすっごくお洒落と言うわけでもないけども、お洒落は人並みに好きだし、好きな服を着たいし、タイトな服を着こなすための体型維持には余念がない。 (いや、ごめん嘘ついた見栄張った、最近さぼってる。プランクしかしてない。) だから、BBA51歳更年期世代真っ只中なのだけれども、自分の好きな服を着て それ~オシャレやん~ と、言われたい。 若い頃は、いかに安く抑えてお洒落に見せるか、配色はどうするか、どの靴を合わせるか、はたまたバッグはどれにするか、と鏡の前でポージングに余念

スキ
40
もう少し夏でいたいキリギリスの着物
+12

もう少し夏でいたいキリギリスの着物

九月は夏が秋に移る途中で、日によって日差しや気温や風の感じが違います。 なので着物もいろんな可能性があって、天気とシンクロできるのが心地がいいんです。 ここのところずっと雨が降っていて気温も25度を下回って、戸惑う日が続いていました。 今日は久しぶりに雨は上がりましたが、肌寒いです。 まだ夏はちゃんと終わっていないのに。 そんな気分で着物を着たいと思いました。 * この絽の黒地の薄(すすき)の帯は「夏の終わり」にと思って、ずいぶん前に手に入れたものですが、ぴったりく

スキ
19
女の静かなる戦い

女の静かなる戦い

今の会社に入って丸4年以上になる。 オシャレマスター恋子ちゃんや、オシャレ泥棒岡山さんは入社前からいたので、私は彼女たちと丸4年以上のお付き合いになる。 ちなみに、恋子ちゃんと岡山さんの付き合いは10年以上になるようだ。 去年の今頃だったかな、恋子ちゃんに言ったことがある。 「ずっと前から気になっていたんだけど。 恋子ちゃんが美容院でイメチェンしてしばらくしたら、岡山さんも同じようにイメチェンしてくるよね。 恋子ちゃんをリスペクトしてるんだろうね、岡山さん。」 その時の恋

スキ
35
クローゼットは私の歴史
+5

クローゼットは私の歴史

必要最小限の物を揃えてミニマムな生活をするのも素敵だと思いますが、私のウォーキングクローゼットには、たくさんの洋服やバッグ、小物たちが詰まっています。 母は私のクローゼットにやって来て「あなたのこの部屋は宝の山じゃね」と言って、気に入ったスカーフなどがあると自分のコーディネイトに使っています。 何度かクローゼットの中を整理して、少なくしましたが、どうしても捨てられないのです。 クローゼットの中には、私のお洒落の歴史が詰まっています。大袈裟に言うと私の人生がそこにあるので

スキ
63
令和3年8月12日★毎日がバトル❤️自分をより生かすためにお洒落しよんよ

令和3年8月12日★毎日がバトル❤️自分をより生かすためにお洒落しよんよ

スキ
17
91歳のファッションスケッチ

91歳のファッションスケッチ

日本発のファッションショーにやってきたオシャレなファッショ二スタ(おしゃれに敏感な人)をイメージして91歳のばあばがイラストを描きました。 【帽子とワンピのコーデ】 ◇個性的な帽子と幾重にも重ねたレース使いのワンピースが魅力的 【ブラック&ホワイトコーデ】 ◇黒と白のバランスが絶妙で人目を引くワンピース姿、クールな表情が素敵 【マリンコーデ】 ◇カジュアルなのにエレガントなマリンスタイル、帽子とアクセも素敵 【クラシカルコーデ】 ◇クラシカルなのに新しいコーデ

スキ
42
新ブランド【alley】・ナチュラルダイヤモンドジュエリー・素材を活かしたカットが個性的

新ブランド【alley】・ナチュラルダイヤモンドジュエリー・素材を活かしたカットが個性的

ナチュラルダイヤモンドは カットも完璧なプロポーションではなく、 ローズカット、ラフカットなど 一点一点違うカタチも個性的です。 Pt900 ローズカットダイヤモンド 0.11ct   バラの蕾をイメージするローズカットダイヤ。 ライトブラウンのローズカットダイヤをシンプルなアームにセットし、優しい輝きを引き立てます。 Pt900 ダイヤモンド 0.03ct   つや消しを施したアームのカット面にメレダイヤをセットしました。  アームの柔らかなラインがアクセン

スキ
104