グラグリッド

9月のグラグリッド 〜可能性に満ち溢れた未来への光が見えてきた〜
+6

9月のグラグリッド 〜可能性に満ち溢れた未来への光が見えてきた〜

私たちグラグリッドの活動状況をご紹介している今月のグラグリッド。 9月は来期まで続く大型プロジェクトが動きながらも、新たにご相談いただいているプロジェクトや探索的な研究活動も並行して元気にやっています! 9月のお仕事紹介・製薬会社様 企業戦略のグラフィック作成 ・製薬会社様 医療従事者へのフォーカスグループインタビュー ・プラントエンジニアリング会社様 企業戦略会議のビジュアライズ ・大手飲料メーカー様 新規ビジネス創出会議のビジュアライズ ・大手家電メーカー様 未来洞察

スキ
6
8月のグラグリッド〜カタチにすると何かが起きる〜
+2

8月のグラグリッド〜カタチにすると何かが起きる〜

猛暑日が続いていますが、夜になると秋っぽい涼しさを感じる季節になりました。 8月はありがたいことに、沢山のお問い合わせがあり、とても忙しい日々が続いています。 暑さと、忙しさに負けず、もりもり仕事を頑張っています! 8月のお仕事紹介・化学メーカー様 社内ビジョン浸透のためのワークショップ ・製薬会社様 企業戦略のグラフィック作成 ・大手建設会社様 企業戦略会議のビジュアライズ ・はたらきかたに関する研究会 人事戦略に関する研究会のグラフィックレコーディング ・大手家電メー

スキ
7
寄居町の空き家を拠点にした、これからはじめるコ・デザインの取り組みをご紹介!
+9

寄居町の空き家を拠点にした、これからはじめるコ・デザインの取り組みをご紹介!

デザインすることをみんなの手に これは、専修大学上平崇仁先生の著書「コ・デザイン」のタイトルになっている言葉です。 コ・デザインとは、デザイナーや限られた人々によってだけではなく、実際の利用者や利害関係者たちと積極的にかかわりあいながらデザインを進めていく取り組みのこと。 「コ・デザイン―デザインすることをみんなの手に」(p.88) 私たちグラグリッドは、企業や組織でのビジョン創造やサービス開発の現場で、関係者の皆様との関わり合いながら多くのプロジェクトを進めています。

スキ
29
7月のグラグリッド〜変革への思いを描く〜

7月のグラグリッド〜変革への思いを描く〜

梅雨も明け、本格的な夏がスタートしましたね! この暑さに負けじと、グラグリッドのメンバーは今月も事業の戦略づくりや未来の構想を描くプロジェクト活動に邁進しています。 7月のお仕事概要・はたらきかたに関する研究会 人事戦略に関する研究会のグラフィックレコーディング ・大手家電メーカー様 未来洞察 社会変化仮説のビジュアライズ ・旅行関連会社様 地域資源を活用したコンテンツ開発ワークショップのグラフィックレコーディング ・LINE様 ニュース用グラフィックデザイン(動画制作)

スキ
4
共創的な在り方が、未知のビジョンを生んでいく

共創的な在り方が、未知のビジョンを生んでいく

今回は、サービスデザインのアプローチで価値ある体験と社会の仕組みをつくるパートナーとして企業や学校とプロジェクトについて、株式会社グラグリッド 代表/ビジョンデザイナー 三澤直加氏にお話を伺った。 1)共創パートナーとしての専門性 三澤氏は、デザインのアプローチで社会課題を解決する"共創パートナー"として、企業、自治体、学校と多岐に渡り連携して、アイデアが生まれる仕組みを作り、共創の場を活性化させる仕事をしていらっしゃる。具体的には、価値ある体験と社会の仕組みをつくるため

スキ
1
武蔵野美術大学大学院造形構想研究科クリエイティブリーダーシップコースクリエイティブリーダーシップ特論2 第1回 三澤直加 氏

武蔵野美術大学大学院造形構想研究科クリエイティブリーダーシップコースクリエイティブリーダーシップ特論2 第1回 三澤直加 氏

20200518 三澤 直加 氏 デザイン、リサーチの豊富な経験と、卓越したファシリテーション技術で、商品開発におけるコンサルタントを行う。家電や情報機器のデザインから、女性の産後リハビリサービス、福島県の復興支援事業など、幅広いデザイン業務に従事。 特に、グラフィックレコーディング、グラフィックファシリテーションの活用では、協働促進、内省促進、発想の飛躍、情報発信の強化など、多くの成果を生み出し、新たな可能性を開拓し続けている。 ・実践女子大学 情報リテラシー 講師 ・金

スキ
4
「ヒトはなぜ描くのか」グラグリッド×Goodpatch Anywhere合同勉強会メモ

「ヒトはなぜ描くのか」グラグリッド×Goodpatch Anywhere合同勉強会メモ

のぞき見企画!グラグリッド×Goodpatch Anywhere合同勉強会にZoomで本日参加したので、noteにメモをまとめてみました。勉強会のテーマは「ヒトはなぜ描くのか?」です。 1. グラグリッドさんのお話 競走型サービスデザインファームである株式会社グラグリッドさんでは、描きながら考えるツール「えがっきー」を始めとしたビジュアルシンキングの取り組みを数多くされています。 以下は、三澤直加(グラグリッド代表/ビジョンデザイナー)さんのお話の個人メモです。 本能

スキ
32
「チームで私はどんな役割?」を共有する手法を考えてみた 〜2020年度春季HCD研究発表会〜

「チームで私はどんな役割?」を共有する手法を考えてみた 〜2020年度春季HCD研究発表会〜

こんにちは、尾形です。 6月6日に開催された人間中心設計推進機構(HCD-Net)主催の研究発表会で、私たちはこんな発表をしました。 「組織のダイナミズムを捉えたチームメタファグラムの可能性」 内容は、チームづくりに関する手法の提案。チームにおいて個人の特性や位置づけを共有できる絵が、今回提案した「チームメタファグラム(造語)」です。 私たちがプロジェクトを進めるにあたり、日ごろ考えていることを整理する意味でも今回の発表にチャレンジ! ここでは、その内容にふれつつ、チー

スキ
9
6月のグラグリッド〜新しいビジョンを作成中〜

6月のグラグリッド〜新しいビジョンを作成中〜

はじめまして。 4月からグラグリッドに仲間入りしました川村です。 新型コロナウイルスの拡大により、社会人1年目の私も、世間の皆さん同様にリモートワークからのスタートでした。 6月に入り緊急事態宣言が解除され、メンバーの稼働日を少し抑えながらも元気に活動中です。ちなみに6月は久々にメンバーが全員集合しました!わーい! 仕事の内容は、在宅ワークでもできるグラフィックデザイン作業を多く扱っていますが、6月に入ってからはありがたいことにお問わせが増え、絶賛提案中です! 6月のお

スキ
13