グラレコの力で抽象的なキーワードを一気に具体化!:グラレコ初心者向けワークショップ

5月29日、会社でグラレコ体験会を開催しました。皆さんのグラレコを見て新しい発見がたくさんあって非常に勉強になったので、気づきを共有します!

ひとつの言葉でも表現は人それぞれ!

グラレコよく出る3要素のひとつ「アイコン」のレパートリーを増やすワークを行いました。

「志」という抽象的な言葉をアイコン化してもらったところ、予想以上に幅広い表現が!

「力になるもの」「心にあるもの」「手を掲げ

もっとみる
読んでいただけて嬉しいです😊
1

ただのメモからグラレコへ。入社2年目、Webディレクターの場合

インフォバーン入社2年目の秋山です。

普段はソリューション部門のWebディレクターとしてサイトの制作進行などをしています。

最近ようやくiPadを買う決心がつきました。

きっかけは大学時代の授業

大学時代の授業でグラレコを使われているのを見たことが興味を持ったきっかけでした。

授業は1冊の本を毎週1章ずつ読んで、グループで内容について対話するワークショップ形式。

グループや個人の発言な

もっとみる

かもあきTUBE感想2020年6月2日 主婦から久しぶりに仕事復帰、お金を稼ぐ自信はどうしたらつきますか?

かもあきBiz第2弾!

モニター価格って、自分がお客様側だったらどうだろう、って考えるとよく理解できます。

「エステ1000円で受けられるの!?」って値段だけで決めた人は、2回目の正規の値段では受けないですよね。

しかも安くしたからってお客様の満足度が上がるわけではない。

むしろ高い方が上がる場合もある。

100万円の腕時計を買った人はその値段も込みでその腕時計に満足しているわけです。

もっとみる
ありがとうございます!めっちゃ嬉しいです!
3

2019/8/27 めるびる高校生未来会議(会議グラフィック)

高校三年生3人組が、小矢部市のコミュニティビルめるびるのPR活動を行うプロジェクトに帆走して、グラフィックを描いていました。

8月30日全体発表でどう話すかを模索中。

物語形式で伝えるのはどうか?対談的に司会者を入れるのはどうか?などなど発表に向けて、準備しなければいけないことを見える化していきました。

使用道具:プロッキー、模造紙

もっとみる

グラレコ成長日記|No.6~7

不定期ながらグラレコを描き描きしています。

同時並行でグラレコの勉強をしているので、参考にしている本やnoteのライターさんの紹介もしたいと思います。

私の場合は、「ファシリテーション」や「ワークショップデザイン」から「ファシリテーショングラフィック」に興味を持ちました。おそらく「ファシリテーショングラフィック」、「グラフィック・レコーディング」という言葉がワークショップデザイン界隈で流行

もっとみる
Thank you♡
11

一歩を踏み出したからこそ、見える景色もつくり出せる景色も変わる

こんにちは。インフォバーン グラレコ部員・オオツカです。インフォバーンでは、プロジェクトマネージャ、ウェブディレクター 、ワークショップデザインなどを担当していました。

グラレコをはじめたキッカケ

グラレコを知ったのは2016年に実施されたCIVICTECH FORUM。この時には公共やローカル、と言ったテーマが身近ではなかったものの、全てのセッションで取り入れられていたグラレコが張り出されて

もっとみる

オンラインだと、自然発生的にグラレコが活用されていく〜NHKクローズアップ現代+イベント/グラフィッカーとしての振り返り

\可視化であなたのやりがいある人生を応援したい/
グラフィックレコーダーの湯朝かりんです。会議やイベントで行なわれる対話の内容をリアルタイムで「直感的に見れる」形にしていくグラフィックレコーディングの制作/講師、書籍の図解イラストなどを仕事にしています。

こちらは、前回の記事で書いたイベントについて、グラフィックレコーダー(グラフィッカー)としての振り返りを備忘録的に書き留めておきます。

それ

もっとみる
ありがとうございます!
10

かもあきTUBE感想2020年6月1日 やりたいことがわからない、自分のことがわからないから脱却する方法

好きなこと、嫌いなこと、やりたいこと、やりたくないこと。

かもあきお花畑サロンに入って、色々自分のことを深掘りしてきました。

そしてすごい実感したのが

「わたし、子供の頃のこと、ほとんど忘れてるな…!!!!」

そして思い出そうとすると「楽しかった」より「嫌だった」が先行して出てくるんですよ。

あのグラレコのように、ゴミ袋に入れて厳重にしまってあった「嫌な思い出」。チラッと見て、すぐまた扉

もっとみる
ありがとうございます!めっちゃ嬉しいです!
4

✍️リモートワークにおける視覚化について

書くということ、描くということ。それは、日記を細々と書きはじめた小学生の頃から、自分自身とつながり、関わりあうための行為でした。

ペンを走らせるのは、片手に収まるほどのメモ帳、スケッチブック、いつしか模造紙へと変わっていき、グラフィックレコーダーと呼ばれる役割になり、気づけば大学院での研究テーマにもなっていました。

最近のリモートワークでの試行錯誤を踏まえて、今回は、自分がこれまで仕事や研究、

もっとみる

【活動1年目の振り返り】第2回琉球ダイアローグ研究会8/20 *グラレコつきレポート*

***
このnoteは2018年11月に「沖縄にダイアローグ(対話)の文化を醸成できたら沖縄はどうなるかなぁ」と実験的に始まった学び合う集まりで、医療・福祉・教育の領域を越えて『きく』についてをもう一度紡ぎ直してみようかとなった琉球ダイアローグプロジェクト(RDP)の記録を残していくものです。
2020年度もすすんでいきましょうね!と言っていたところですが、新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、活動

もっとみる
ありがとうございます!