オキグリnote部

喉元を過ぎる前に、焼きを入れる

4月ごろから、やらなければいけないことを放置する期間がぶくぶくと膨れ上がって、歯止めがきかなくなっていた。

記事執筆や、執筆に関する下調べ、アポ取りなどが未だに残っていて、本来であればそちらを最優先するべきだ。
しかし、今ちゃんと原因と向き合って、飽きるほど理解しておかないと、堂々巡りになる恐れがあるため、急いでnoteに書き残すことにした。
思考が浅いと感じても、残しておかないと先に進めない。

もっとみる

せこい考えは、平成の時代に置いていく

自分が損をすると感じた途端、人は急に自分ごと化する。

それに似たような言葉を、広告PRの本か何かで読んだ。「得をする」よりも「損をしたくない」といった気持ちを人は強く抱くらしい。だから「あなた損してますよ?」と感じさせて商品への購買意欲を掻き立てる広告PRは有効なのだと。事実、これが実証済みだからこそ、ネガティブな感情に訴えかける広告が存在するのだろう。

ネガティブな感情といえば…

以前、自

もっとみる
な、なんと!ありがとう〜!!
6

あの頃は、二度手間が苦手だった

私が作業を効率化する理由は、きっとただひとつ。

それは「二度手間が苦手」だからだ。一度で終わらせたくて作業を開始する前に必ず行うのが手順を考えることと、事前にスケジュールを立てること。

二度手間になって無駄に時間を消費したくない。というよりは、一度作業したものが、再びゼロの状態へ戻ることに憤りを感じているからだ。そして、そんな時は必ずこう思った。

「今までの私の時間を返してぇぇ…」

とにか

もっとみる
ひゃあー。うれしいよう!!
7

スケジュール管理を身に付けると決めた

事の重大さを改めて理解し、スケジュール管理を身につけると決めた。ここで言う「スケジュール管理」とは、タスクを把握し、時間を有効活用することである。

目の前のことばかり見る癖

昔から目の前のことにのみ集中して、長期的な視点で見れないことが多かった。「とりあえず今しのげればいい」と宿題を後回しにして遊び、「後のことはどうにでもなる」と勢いで物事を決めていた。無論悪いことのみではなく、爆発力は身につ

もっとみる

沖縄の5月は梅雨、6月までインドアで

5月の沖縄は憂うつな気分が蔓延する。それは梅雨の時期に突入するからだ。稀にこの時期に快晴が続くと、ダムの水位が減少して夏場の水不足が深刻化。豪雨でも快晴でも心配事は尽きないようだ。

6月に沖縄でWebライティング講座を開催しよう。

そう思ったのは、5月18日(土)に沖縄で開催する #超実践セミナー の現地ディレクターのご相談があり、この流れに乗って沖縄のライター人口が増え続けたらいいなと思って

もっとみる
な、なんと!ありがとう〜!!
13

#残したい沖縄 フォトウォーク に参加し那覇牧志公設市場を歩いてきた

4月20日に開催された「#残したい沖縄フォトウォーク」に参加してきた。

那覇牧志の公設市場近辺を歩きながら、「残したい沖縄」をテーマにみんなで写真を撮る。当日は雨で、お世辞にも写真日和とは言えなかったけれど、後から考えてみると、それすら良い雰囲気を醸し出してくれてたなあと思える、楽しいイベントだった。

私が初めて公設市場のあたりに足を踏み入れたのは、観光客として沖縄に来ていた数年前。路上に並ぶ

もっとみる

ライター歴5ヶ月。僕が文章を書く理由

最近文章を書いていてモヤモヤすることが多かったから、思考や感情を一度全部出そうと、しばらく思うままに書いていました。
すると、文章を書く理由について少しだけ見えてきたことがあったため、久しぶりにnoteを更新します。

ライターを始めて薄れた、エッセイを書きたい欲求

ライターとして記事を執筆し始めて、約5カ月経過しました。
初めて書いた記事はこちらです。
→ナイチャーが山羊料理を食す!沖縄の食文

もっとみる

僕の#残したい沖縄について考えてみる。

最近僕のTwitterのタイムラインでよく見るハッシュタグ「#残したい沖縄」

RBCのチャレンジ企画で新しい時代にあなたが「#残したい沖縄」を募集するというもの。 これがかなり盛り上がっていて、皆それぞれ#残したい沖縄について語っている。

「#残したい沖縄」

綺麗な海、うちなーぐち、食堂、沖縄の芸能や文化、沖縄戦の記憶、6月になくなる牧志公設市場など皆が残したい沖縄は様々だ。

「じゃあ僕が

もっとみる
感謝します!(^^♪
8

町並み散策中の沖縄マジック

今日は丸一日取材。明日は1日中、原稿を書く日に当てている。昨日、途中まで書いた記事を残して、新規の原稿を書き始める。いくつか入稿された原稿の編集もしながら、マジマジと文章と睨めっこして取っ組み合う日になりそうだ。

これといって今日は書くことがなさそうだ。もっと正確にいえば、丸一日中の取材でヘロヘロ状態。今にも爆睡しそうだからだ。惰性で書いちゃだめよねぇ?いやしかし惰性でも毎日継続して書くことが大

もっとみる
ひゃあー。うれしいよう!!
9

沖縄在住ライターが足繁く通う、沖縄・宜野湾市のグルメたち(フォトエッセイ)

2017年に「SUUMOタウン」で執筆させてもらった沖縄県宜野湾市のグルメたち。公開から2年が経過して、現在の最新情報をお伝えしたい。というのも、沖縄のライターコミュニティ「OKINAWA GRIT」の中で活動する #オキグリnote部 で以前でこんなお題を出したからだ。

#オキグリnote部 から第2弾のお題が発表された。

それは「現在の居住地や沖縄で住んだ経験のある場所(1地域)を

もっとみる
キミは神だな?
8