アトリビューション

iOS 14.6の普及がiOSの広告費に与える影響とiOS 15が広告主にもたらす新しいチャレンジ

iOS 14.6の普及がiOSの広告費に与える影響とiOS 15が広告主にもたらす新しいチャレンジ

iOS 14.5の普及率は50%程度まで到達しています。当然のことながら、普及率と広告費の間には直接的な相関関係があります。(詳細なグラフについては下記をご確認ください) これは、デベロッパーが多くの予算をSKAdnetworkに配分することに未だ躊躇いがあることに起因しています。iOSの代わりに、多くのデベロッパーがAndroidアプリにより多く予算を配分しています。 しかしながら、良いニュースとしては、iOS 15以降、広告主がSKAdnetworkポストバックのコピーを

アトリビューション分析で広告効果の最適化を

アトリビューション分析で広告効果の最適化を

アトリビューション分析とは、チャネルごとの貢献度分析を指します。 簡単に言うと、どのチャネルが有効だったかを測るというもの。 マーケティング効果を測定する分析手法のひとつです。 マーケティング活動の成果への貢献度を測る際、成果に直接つながった接点だけを評価するのではなく、ユーザーがそこにだどり着くまでに通過したさまざまな広告、メディア、展示会などの貢献度も評価していきます。 そして、その結果を、予算配分の最適化に活用します。 インターネット上においても、数多くの広告施策

スキ
32
iOS 14.5におけるAndroidアプリストアの重要性

iOS 14.5におけるAndroidアプリストアの重要性

iOS 14.5による影響はいまだ不透明ですが、広告主によっては予算をAndroidにより多く按分しているケースもあります。Google Playストアへのリリースは依然として最も重要なオプションの一つですが、他のAndroidアプリストアのポテンシャルについてはあまり議論されていません。パブリッシャーはクオリティが高いユーザを獲得することができ、かつ決定的なアトリビューション手法を使用できる新しいプラットフォームを探し始めています。そのため、本日Tenjinでは他のAndr

スキ
2
アトリビューションからでは見えなかった真実

アトリビューションからでは見えなかった真実

優れたマーケターやマーケティング組織であるほど、表示されたものだけが100%だと信じず、その中のメカニズムや環境などを正しく理解する努力をしながら、どうするべきかを真剣に悩み、自らの方針を固め、実行して行く共通点を持つ──。 あともう少しで本当のポストiOS14の時代が始まりますね。皆さん、ご準備の方は如何でしょうか? IDFAが取得できない比率が非常に高くなる事に連れ、これからのマーケティングデータをどう見ていくべきなのか、大変悩ましい時期でもあるかと思います。 「マ

スキ
11
iOS 14.5: Tenjinを用いたSKAdNetworkのコンバージョンバリュー測定

iOS 14.5: Tenjinを用いたSKAdNetworkのコンバージョンバリュー測定

本日、iOS 14.5向けソリューションの第1段階(アトリビューションモデリング)のクローズドベータ版をリリースすることをお知らせいたします。最初の段階では、Tenjinにサインアップしていただいた全てのユーザー様は、SKAdNetworkのコンバージョンバリューのレポートを無料で使用することが可能です。私たちは、クライアント様の定義に基づいた64のコンバージョンバリュー全てを柔軟に使用できる手法を提供する唯一のMMPであることを特に誇りに思っています。デベロッパー様は、Ap

#22 アトリビューションってなに?

#22 アトリビューションってなに?

〜「採用」を10分間で語る、サイヨウラジオ!〜 アトリビューションをご存知でしょうか? 全く聞いたことのない方もいらっしゃると思いますが、どなたでもわかるように簡単に解説をしておりますので、webマーケティングを採用に取り入れたい方は是非ご視聴ください! ★がっつりインプットしたい方はこちら!★ https://www.neo-career.co.jp/humanresource/b-contents-middlecareer-osusume-webseminer-om/ *personality* 村山 寛 中島 尚人

スキ
1
ITマーケティング用語 アトリビューション

ITマーケティング用語 アトリビューション

"アトリビューションとは自社の商品やサービスを購入してもらう際に、どの広告活動がどれだけ役に立ったかを分析することで、より効率的な広告宣伝活動が行えるようにするために行われる、Webマーケティング用語です。 なぜアトリビューションが必要なのか、それは広告活動というものは丁寧に調査と分析を行わなければ個別の貢献度が分かりにくいからです。 アトリビューションには複数の評価方法が存在します。 もっとも一般的なラストクリック型と呼ばれるもので、商品やサービスが購入される直接的なき

スキ
5
FacebookのiOS 14対応について

FacebookのiOS 14対応について

8/26にFacebookよりiOS14の対応についてのアナウンスがありました。元のソースは下記のリンク及び、デベロッパーに送付されたメールの内容になりますが、主な変更点をまとめました。 IDFAの廃止 Apple側の変更に伴って、FacebookではIDFAの取得および取得に伴うダイアログの表示を一切行わない、とのことです。これによりFacebook側ではIDFAを使ったターゲティングや、計測ができなくなります。またダイアログを表示しない、というのはかなり思い切った方針

スキ
2
iOS14: Google及びFacebookの測定を再考する

iOS14: Google及びFacebookの測定を再考する

iOS 14以降の測定に関する最初のトレーニング資料の1つを誰でも利用できるようにすることを決定しました。以前はTenjinのクライアントのみが利用できるトレーニングでした。 9月のiOS 14リリース以降、モバイルでのユーザー獲得は、まったく異なるものに変わります。このため、これらの変更の準備を今すぐ開始することが重要です。 「iOS 14:GoogleとFacebookの測定を再考する」トレーニングでは、従来のMMPアトリビューションと新しいSKAdNetworkアトリ

スキ
2
9月以降のiOSアトリビューションに備えて:FacebookやGoogleなどのセルフアトリビューションネットワークが全てのMMPに与える影響

9月以降のiOSアトリビューションに備えて:FacebookやGoogleなどのセルフアトリビューションネットワークが全てのMMPに与える影響

iOS 14での新しいアトリビューションルールの発表以来、モバイル測定パートナーがすぐに2つの陣営に分かれることがわかりました。1つは、アップルが提供した新しいアトリビューションフレームワーク(SKAdNetwork)に基づいて、ゼロからテクノロジーを構築するやり方で、もう1つは、ユーザーレベルのアトリビューションテクニックを引き続き使用することです。 過去2週間、社内での議論、調査、およびAppleを含むクライアントやパートナーとの対話に費やしてきました。その結果、既存の

スキ
4