iOS 14.6の普及がiOSの広告費に与える影響とiOS 15が広告主にもたらす新しいチャレンジ
見出し画像

iOS 14.6の普及がiOSの広告費に与える影響とiOS 15が広告主にもたらす新しいチャレンジ

iOS 14.5の普及率は50%程度まで到達しています。当然のことながら、普及率と広告費の間には直接的な相関関係があります。(詳細なグラフについては下記をご確認ください) これは、デベロッパーが多くの予算をSKAdnetworkに配分することに未だ躊躇いがあることに起因しています。iOSの代わりに、多くのデベロッパーがAndroidアプリにより多く予算を配分しています。 しかしながら、良いニュースとしては、iOS 15以降、広告主がSKAdnetworkポストバックのコピーを受け取ることが可能となります。

画像1

上記のグラフに基づくと、広告主がSKAdNetwork経由で利益を生むキャンペーンを運用することができるまでiOSの広告費は減少傾向をたどることが予想できます。もちろん、これはSKAdNetworkがどのように今後発展しているか、に大きく依存します。SKAdNetworkのポストバックを広告主に直接送ることができるオプションが最近アナウンスされましたが、これはデータにより多くの透明性を与える上で重要な方向性を示します。

iOS 15は広告主様にとってSKAdNetworkにより大きな透明性を与えます

先日のWWDC 2021では、SKAdNetworkに関する大きな変更がアナウンスされました。iOS 15がリリースされると、広告主がSKAdnetworkポストバックのコピーを直接受け取ることができるようになります。(ソース) 元々、SKAdNetworkのポストバックはアドネットワークに限定されていました。この変更は下記のような理由により重要です。

- デベロッパーは、社内のデータウェアハウスまたはTenjinのDataVault機能を利用することにより、より詳細なポストバックデータを受け取ることができます

- デベロッパーは、どのネットワークが最終的に請求対象となっているかを確認することができます

画像2

この新しいアップデートにより、Appleがアトリビューションデータを提供する唯一プロバイダーとなり、Facebookのようなセルフアトリビューションネットワークの役割の変化を加速させます。さらに、こちらに記載のように、MMPの役割も変化します。iOS 15では、あらゆるデベロッパーがその規模によらずiOSにおけるインストールアトリビューションポストバックを受け取ることができるようになります。デベロッパーは、セルフアトリビューションネットワークの影響を受けることなく、SKAdNetworkのポストバックデータを受け取り、処理し、分析するインフラを構築することが可能となります。

データの整合性がiOS 15で主なチャレンジになります

iOS 15ではSKAdNetworkのデータに関する透明性は高まりますが、iOS 14以前と同等のユーザ獲得レポートが利用可能となる、というわけではありません。広告主は、様々に散らばったデータのパズルを自らで組み合わせる必要があります。下記がその一例です。

SKAdNetworkのキャンペーンIDは、アドネットワークのキャンペーンIDとは異なります。SKAdNetworkにはアトリビューションのデータが含まれますが、アドネットワーク側にはキャンペーンのスペンド情報と、メタデータが含まれます。キャンペーンごとのCPIのような単純なメトリックを計算するには、それらのキャンペーンIDをマッピングする必要があります。アドネットワーク側ではこのようなメトリックを計算することができますが、広告主によっては不正なデータによる課金がされていないことを確かめるため、Appleから受け取ったデータをもとに、自社で計算を実施しているケースも存在します。

もう少し複雑な事例も存在します。パフォーマンスマーケティングにおいて、SKAdNetworkが有用な事例としてはsource-app-idのデータが挙げられます。これまで、多くの第三者のアドネットワークはインストールのソース情報を明示的に開示しておらず、AppleによるSKAdNetworkの導入以降もこの流れは変わりませんでした。ネットワークはSKAdNetworkのポストバックをデベロッパーまたはMMPにシェアする際にsource-app-idを省くケースがあります。しかしながら、iOS 15では広告主が直接このデータをAppleから取得できるようになるため、source-appのメタデータを確認することができます。

Tenjinでは、このデータがユーザ獲得キャンペーンにおける正しい意思決定をする際の手助けをできるよう努めてまいります。これには、データの保存機能だけでなく、広告費用の集約、SKAdNetwork、そしてIDFAを用いたアトリビューションからの新しいデータセットを統合するツールやトレーニングの提供が含まれます。

iOS 15以降のデータ分析についてのアイデアをお伺いするために、いくつかのお客様にはヒアリングを開始させていただいております。iOS 15以降のプロダクトロードマップについてご興味がある方は、info@tenjin.comまでメールでお問い合わせ下さい。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Tenjin Head of Sales in APAC https://tenjin.io