Mars.Jr | Keunwoo Kim

広告・マーケティングテクノロジー、SaaSビジネスが好きです。 Linkedin https://www.linkedin.com/in/keunwoo-kim-13b7372b/

Mars.Jr | Keunwoo Kim

広告・マーケティングテクノロジー、SaaSビジネスが好きです。 Linkedin https://www.linkedin.com/in/keunwoo-kim-13b7372b/

    マガジン

    • UNICORN - What We Believe

      • 6本

      The Stories of What We Believe

      • UNICORN - What We Believe

        • 6本

    最近の記事

    ポストiOS14、Apple Search Adsの重要性が増す理由

    本稿はUNICORN IncのWhat We Believeマガジンに公開された記事です。 はじめiOS14以降のトラッキング許可に関する強制実施は2021年に延期となり、最低3.5ヶ月の期間は準備できるようになった。しかし、延期の発表前までの動きを振り返って見ると、その準備はかなりシステムや技術的な要素だけに限定されたように見えた。 iOS14以降の時代に向けて準備すべき物事は、システム的な部分だけでは無いと思う。それ以前に、アプリ事業のマーケターと組織が如何に従来の概

    スキ
    14
      • iOS 14の本当の脅威

        モバイルアプリ広告が始まった以来、Performanceという言葉はモバイルアプリマーケティングにおいて必ず出てくる言葉である事は間違い無いだろう。で、いつの間にかほぼ高い確率のケースで、‘Performance=費用効率‘という言葉として使われている。CPI、CPAが安いとか、ROASが良いとか。 少ない金額でより大きな収益性がアウトプットされること自体はいい事でそれ自体を否定する話では無い。ただ、それ自体が目的のように、それ自体がマーケター自身の存在価値で能力である様に勘

        • アトリビューション 101 (モバイルアプリ編)

          本日は広告を実施する上で、広告の成果を測定するには必ず必要な、"アトリビューション" について、モバイルアプリマーケティングが初めての方達の為に、アトリビューション(トラッキング)とは何かと、その中にある重要なポイントについて記載します。 (前からアトリビューションの基本概念について記載すると言いつつ、実際の開始まで時間がかかりましたね^^;) こちらは、"APP" に限定したアトリビューションの話となります。"WEB"のアトリビューションとは本質的には同じものですが、手法

          スキ
          3
          • モバイル広告業界の問題

            "こういうのがあっていいのか?" アトリビューション側から広告トラフィック側に転じて、初めて見えた風景だが理解に苦しむ事が幾つかある。その一つが、View through(以下、View)をClick through(以下、Click)としてアトリビューション(トラッキングツール)に送信する事だ。 "そんな事ある??"と言うリアクションは非常に正しい。が、実際起きている。 まず、View through(Impression)コンバージョンというのは、ユーザーが広告を 

            スキ
            5

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • UNICORN - What We Believe
            UNICORN Narrative. 他

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            2019不正広告まとめ by FraudScore

            不正広告を予防・探知するソリューションを提供している、FraudScore社が2019年に起きたデジタル広告における不正広告に関して、 「Ad Fraud Report 2019 by FraudScore」レポートを出しました。 世界的なトレンドや、不正広告の手法と比率などが興味深かったので、日本語でハイライトをまとめました。原本(英文)は、下記のリンクからダウンロード可能です。(基本情報入力は必要) Ad Fraud Report 2019 by FraudScore

            マーケティング先進企業のマーケティングスタック(Marketing Stack) - 後編

            前回の投稿では、マーケティングスタックの一般的な構成とその中にある"広告費用の自動集計ツール"に関する登場背景とメリット、方法論について記載をさせて頂きました。まだご覧になって無い場合には、そちらを先にご覧頂く事をおすすめします。 マーケティング先進企業のマーケティングステック 1. 広告費用の自動集計ツール (Imp, Click, Costなどの上位ファネル) 2. アトリビューションツール (Install, Revenue, Eventなどの下位ファネル) 3. デ

            スキ
            8

            マーケティング先進企業のマーケティングスタック(Marketing Stack) - 前編

            貴方の組織では今どのようにマーケティングデータを管理しているのでしょうか?  持続的な利益を生み出す為に"マーケティング"は、"革新"と共に企業にとって最も重要な機能だとピーター・ドラッカー先生も口酸っぱく話しました。 これほど重要な"マーケティング"の"データ"ですので、海外はもちろん、日本国内でもマーケティングが上手い企業は、既にBI(ビジネス・インテリジェンス)などを導入し自社のマーケティング活動をデータ化しながら、インサイトを得て、それをまた自社のマーケティング活

            スキ
            10