ITマーケティング用語 アトリビューション
見出し画像

ITマーケティング用語 アトリビューション

"アトリビューションとは自社の商品やサービスを購入してもらう際に、どの広告活動がどれだけ役に立ったかを分析することで、より効率的な広告宣伝活動が行えるようにするために行われる、Webマーケティング用語です。

なぜアトリビューションが必要なのか、それは広告活動というものは丁寧に調査と分析を行わなければ個別の貢献度が分かりにくいからです。
アトリビューションには複数の評価方法が存在します。

もっとも一般的なラストクリック型と呼ばれるもので、商品やサービスが購入される直接的なきっかけとなったチャンネルを高く評価するというやり方です。これに対して消費者が商品やサービスの存在を認識した最初のきっかけこそ重要だと考えるのが、ファーストクリック型の評価法です。

この2つを複合させたバランス型の評価法も存在しますが、成果と接点をどの配分で評価するべきかを判断するのが難しいため、上記の2つがアトリビューションの主流となっています。"

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
かいけつ@集客マーケティング辞典

このnoteでは「ビジネス心理」の研究結果をお伝え。 と同時に、私が研究している「恋愛心理」はこちらのnoteで→ https://note.com/kaiketsux

よろしければシェアもお願いします。
3社経営|ウェブ集客に魅せられ18年。1日半分以上はパソコンに向かう。1日半分以上はスマホを見てる。やってることはビジネスリサーチ7割: 写真/デザイン2割:eスポーツ的ゲーム0.5割:ネット漫画/小説0.5割。とにかくマーケティング好き人間のコラムnote。SNS集客が得意。