アダコテック

AIスタートアップで1年働いた振り返りnote
+5

AIスタートアップで1年働いた振り返りnote

こんにちは!アダコテックの井上です! 弊社では、製造業の検査・検品を自動化するための画像解析AIソフトウェアを提供しています。 今回は、某大手企業からAIソフトウェアスタートアップに転職して、1年経過したので、その振り返りをしたいと思います! 出会い以下の記事の冒頭でも触れていますが、前職は光学機器メーカのニコンで、主に社内工場に導入する自動化設備の設計開発を行っていました。 「人生一度きりなんだし、色々な会社を経験したいぜ!」という短絡的な思いから転職活動を始めたのが

スキ
15
やりたい事にチャレンジできるアダコテックのエンジニアチーム
+1

やりたい事にチャレンジできるアダコテックのエンジニアチーム

はじめに弊社のエンジニアチームは業務委託やインターン生を含めると25名在席しています。 このチームで、「自社プロダクトの開発」、「顧客データの分析」、「AI検査機の開発」の業務に携わっています。 資金調達前のエンジニアチーム5名(こちらもインターン生含みます)と比べると、チームの規模も大きくなっており、近いうちにチームを複数に分ける事も必要だと思っています。 ただ、「自社プロダクトの開発」チーム、「顧客データの分析」チーム、「AI検査機の開発」チームみたいな分け方ではなく

スキ
10
スタートアップで挑戦してみてる話  ~振り返り編 1st~

スタートアップで挑戦してみてる話  ~振り返り編 1st~

製造業向け検査・検品用のAIソフトウェアを開発、提供しているアダコテックで営業を担当している小泉です。今回は『振り返り編』というサブタイトルつけていますが、いつも自分の行動の振り返り的な内容が殆どなので、ことさら強調する意味はないのですが、私はレンタル移籍中*という特殊な立場でもあり、アダコテックで四苦八苦できるその時間もついに終わりが見えてきたということもあって、フィナーレへ向けての振り返りをしておきたい!という事で今回の記事を書いてます。あと何回このアカウントで書くかは運

スキ
12
初めての転職で10名ベンチャーに行ったら価値観が変わった話
+2

初めての転職で10名ベンチャーに行ったら価値観が変わった話

こんにちは!アダコテック コーポレートの出塚と申します。 note見てくださり、ありがとうございます! はやいもので、2021年5月にアダコテックに入社してから3か月が経ちました。前職は組織コンサルティングの「識学」というベンチャー企業でしたが、私が出るころには120名を超え、グループ会社となってかなり成熟していましたので、組織的なギャップはかなり大きかったように思います。 1社目で社会人としての価値観が作られるといいますが、転職して会社組織に対する価値観がいい意味でたく

スキ
14
AIスタートアップ1年生のぼくが検査装置を納品した話
+13

AIスタートアップ1年生のぼくが検査装置を納品した話

こんにちは!アダコテックの井上です! 弊社では、製造業の検査・検品を自動化するための画像解析AIソフトウェアを提供しています。 今回は、AIソフトウェアスタートアップなアダコテックが、外観検査装置を製作してお客様の工場に納めた話をしたいと思います! お客様は山梨県にある相川プレス工業様です。自動車部品等のユニットプレス加工、樹脂成形加工、および部品アセンブリを行っています。 第1話「案件開始の日」大企業からAIスタートアップに転職し4か月目という環境の変化や業務のスピー

スキ
35
アダコテックでの2年の軌跡

アダコテックでの2年の軌跡

製造業向けに検品AIを提供するアダコテック代表の河邑(かわむら)です。2021年7月を持ちましてアダコテックに参画してから2年が経ちましたので、この機会にこの2年を振り返ってみたいと思います!技術系スタートアップの最初のステージをリアルにお伝えすることを通じて、スタートアップのカオスにご興味がある方に少しでも参考になれば幸いです。 事業 - 製造業へグッと刺さり込むまでの試行錯誤日本が誇る製造業のお客様への営業は、とても厳しく、幾度となく現場に足を運び、試行錯誤を続けた2年

スキ
20
アダコテック新米エンジニアの1日

アダコテック新米エンジニアの1日

はじめまして! 私は2021年4月よりアダコテックにエンジニアとして入社した井上 耕太朗と申します。普段はデータ分析や研究開発といった業務に携わっています。 入社してようやく3ヶ月となり、アダコテックに興味はあるけど実際の雰囲気や業務ってどうなの?という気になりポイントを新入社員というフレッシュな視点でご紹介します。 アダコテックの事業については以下の採用ピッチ資料が参考になります。 そもそもどこの馬の骨?自分も入社後に知ったことですが、アダコテックの先輩方は名だたる企業の

スキ
16
アダコテックの採用ピッチ資料1.0.0をリリースしました!

アダコテックの採用ピッチ資料1.0.0をリリースしました!

こんにちは!アダコテックでコーポレート全般を担当しています、出塚と申します。 この度、待望の採用ピッチ資料(会社紹介資料)をリリースすることができましたので、noteを投稿させていただきました! 前職でも採用ピッチの作成には取り組んだことがありましたが、ほとんど委託させていただいたので、イチから自分で作成するのは初めての試みでした。 制作の背景アダコテックは現在、主力サービスとなるSaaSプロダクトの開発メンバーなど、エンジニアを中心に採用活動に力を入れています。 採

スキ
10
(株)JDSC様と合同勉強会を開催しました

(株)JDSC様と合同勉強会を開催しました

共同勉強会を開催しました6/22に株式会社JDSC様と合同勉強会を開催しました。 弊社側から2名、JDSC様から2名の合計4名が最適化とかMLOpsとか製造業データとかをテーマに発表しました。 JDSC様からは、実戦的な異常検知事例を紹介頂き非常に勉強になりました。 (JDSC様のスライドはこちらで公開されています。) 弊社からは、私が「製造業におけるインクリメンタル学習異常検知事例の紹介」というタイトルで発表しました。 こちらの内容は一部修正の上、Zennにて公開して

スキ
17
社員全員で「アダコテックにカルチャーマッチしてる人って?」を言語化してみた話

社員全員で「アダコテックにカルチャーマッチしてる人って?」を言語化してみた話

こんにちは!アダコテックでコーポレート全般を担当しています、出塚と申します。 Joinして早くも1か月ほどが経ちますが、日々楽しいアダコライフを送っております^^ 今回のnoteでは、アダコテックの採用活動を推進していくにあたり、「カルチャーの言語化」に取り組んでみましたので、その背景や過程などをシェアさせていただければと思います! なぜやろうと思ったか採用基準には企業によって様々ですが、経験や能力を図る「スキルマッチ」と人柄や組織との相性を図る「カルチャーマッチ」の二つ

スキ
15