DNX Ventures

DNXは、2011年よりシリコンバレーと東京に拠点を構え、日米市場を中心にB2Bスタートアップへの投資を行っているベンチャーキャピタルファンドです。 | https://dnx.vc/jp | https://www.facebook.com/dnxventures/

DNX Ventures

DNXは、2011年よりシリコンバレーと東京に拠点を構え、日米市場を中心にB2Bスタートアップへの投資を行っているベンチャーキャピタルファンドです。 | https://dnx.vc/jp | https://www.facebook.com/dnxventures/

    マガジン

    • チームメンバー紹介

      DNXメンバーを紹介しています! 様々なバックグラウンド・専門性をもつ仲間が集まっています。

    • DNX 新規投資のお知らせ

      DNX Venturesの新規投資に関するお知らせをこちらのマガジンにアーカイブしていきます。将来的には、DNXがどのようなスアートアップに投資しているか、これらの投資先からみなさんにおわかりいただけたら嬉しいなと思っています。

    • SaaS投資家が解説 SaaS Blog

      DNX VenturesのSaaS投資家、倉林陽(Managing Director)と湊雅之(Investment VP)によるSaaSスタートアップのためのブログです。ぜひSaaSに関わるみなさんのためのヒントを提供できればと思います。ぜひご購読よろしくお願いします!

    • DNXの業界研究

    • SaaSインタビュー

      SaaSスタートアップへの投資に長年携わってきたDNX倉林が聞き手となり、SaaSスタートアップのヒントを詰め込んだ、経営者インタビューをお届けします。

    最近の記事

    固定された記事

    上場SaaS企業のバリュエーショントレンド(2021.11版)

    最近は国内でもB2B SaaSのスタートアップが盛り上がっていますが、同様に上場市場においても、SaaS企業への注目度がかなり上がってきています。特に近年は日本でもSansan、freee、Visional、Yappliなど高い時価総額での上場を実現したSaaS企業が増えてきており、機関投資家の注目は高まる一方です。そこで本記事においては、改めて日米の上場SaaS企業のバリュエーション推移・足元の水準などについてご紹介したいと思います。 まずは国内の上場SaaS企業の現状か

    スキ
    107
      • 海外インダストリーSaaS x Paymentの事例

        今年春に「インダストリーSaaS企業のFintech戦略について」と題したNoteを公開しましたが、DNXの支援先を見ても日本では景気後退下でもインダストリーSaaSスタートアップは引き続き堅調に成長しており、その中でSaaSとFintechを絡めたビジネスモデルは益々注目されてきています。今回は、”Industry SaaSシリーズ”の連載第3回として、海外のSaaS x Fintechの中でも特にPayment分野のトレンドを紹介すると共に、海外のインダストリーSaaS

        • 新メンバーのご紹介|西松葵

          2022年9月1日付にて、新メンバー西松葵さんがDNXにジョインしました。 西松さんは、大学卒業後直近まで三井物産に勤務。米国で幼少期から大学入学まで過ごし、そのグローバルなバックグラウンドを活かし、三井物産ではカタール・ロシアの液化天然ガス投資案件を担当。海外駐在し現地事業会社への出向を経験するなど20代からグローバルに活躍してこられました。今回、次のステップとしてベンチャーキャピタル・DNXへご参画いただきました。 日米ファンドで活躍間違いなしのグローバルなバックグラ

          スキ
          6
          • 新メンバーのご紹介|井無田ゆりか

            2022年9月1日付にて、新メンバー井無田ゆりかさんがDNXにジョインしました。 井無田さんは、大学卒業後JPモルガン証券株式会社の内部監査部にて勤務。日本のみならずNYにて監査業務に携わり、その後資産運用部門にてマーケティングに従事。2016年、まだ組織規模10人だった株式会社ビザスクに参画し、執行役員として複数の事業開発に携わったのち、直近は米国企業買収後のPMIのPM担当およびコーポレートグループ担当されるなど、6年間にわたり幅広い業務に従事してこられました。今回、そ

            スキ
            109

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • チームメンバー紹介
            DNX Ventures
          • DNX 新規投資のお知らせ
            DNX Ventures
          • SaaS投資家が解説 SaaS Blog
            DNX Ventures
          • DNXの業界研究
            DNX Ventures
          • SaaSインタビュー
            DNX Ventures
          • DNX 投資先関連ニュース
            DNX Ventures

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            新規投資|Revie:パーソナライズした顧客体験を

            この度DNX Venturesは、BtoC企業向けに顧客体験パーソナライゼーションSaaS「ReviewBank」を提供する株式会社Revie(以下、Revie)の総額1億円の資金調達(シードラウンド)に、ジェネシア・ベンチャーズとともに参画致しました。 Revieが解決しようとする課題とは?現在、デジタルマーケティング領域において、顧客それぞれにパーソナライズされた最適な顧客体験を提供する“パーソナライゼーション”が米国を中心にグローバルで大きなテーマとなっています。実際

            スキ
            4

            新規投資|Shippio:国際物流に変革を

            DNX Venturesは、株式会社Shippio(以下、Shippio)のシリーズBにリード投資家として出資参画させて頂きました。Shippioはメーカーや商社向けに、顧客(荷主)に代わり、貨物の輸出入に伴う、さまざまな貿易関連業務を担う、フォワーディングと呼ばれる国際輸送サービスを提供すると同時に、ソフトウェアによる業務効率化サービスも提供するデジタルフォワーダー(Shippioが商標登録) です。本稿では、我々DNX VenturesがShippioに投資した背景や理由

            スキ
            5

            追加投資|ROMS:Robotics as a Service

            DNX Venturesは、株式会社ROMS(以下、ROMS)のシリーズBにリード投資家として出資参画させて頂きました。ROMSは主に食品小売企業向けに、お客様の注文に対する商品準備を自動化するバックエンドフルフィルメントサービスをオールインワンで提供するスタートアップです。本稿では、我々DNX VenturesがシリーズAに続いてROMSに投資した背景や理由をROMSの魅力と共にご紹介したいと思います。 ROMSとは?ROMSはスーパーマーケットを中心とした食品小売企業に

            スキ
            5

            新規投資|immedio:より効率的なセールスを

            DNX Venturesは、株式会社immedio(以下、immedio)のシードラウンドに出資参画させて頂きました。immedioは主にB2B企業のインバウンドマーケティングに特化して、商談調整や管理業務を効率化するSaaSを提供するスタートアップです。本稿では、我々DNX Venturesがimmedioに投資した背景や理由をimmedioの魅力と共にご紹介したいと思います。 immedioとは?immedioはB2B企業の特にインバウンドマーケティングにおける潜在顧客

            スキ
            5

            追加投資|Magic Moment

            この度DNX Venturesは、株式会社Magic Moment(以下、Magic Moment)のシリーズBラウンドをリードさせていただきました。DNXとしては、2019年のシード出資以降、3度目の出資となります。本ラウンドは、DNX以外に、既存投資家のDCMベンチャーズと、新規投資家として三井物産が参画しております。今回の増資により、Magic Momentは2017年3月の創業以来、金融機関からの融資を含む累計調達額が20億円となります。今回調達した資金で、Magic

            スキ
            6

            追加投資|DIGGLE:予実管理をもっとスマートに

            DNX Ventures(以下、DNX)は、DIGGLE株式会社(以下、DIGGLE)の総額約4億円のシリーズAラウンドに、リード投資家として追加出資させていただきました。本ラウンドは、既存投資家のArchetype Venturesと新規投資家の三菱UFJキャピタル株式会社との共同出資です。 DIGGLEは「組織の距離を縮め、企業の未来の質を上げる。」というプロダクトビジョンのもとに、企業向けに予実管理クラウドサービス「DIGGLE」を提供するSaaSスタートアップです。

            スキ
            7

            新規投資|Levetty

            この度DNX Venturesは、クラウドセキュリティプラットフォーム「Cloudbase」を提供するLevetty株式会社(以下、Levetty)の総額1.3億円の資金調達(シードラウンド)を、Arena Holdingsと共同リードし、投資実行致しました。本ラウンドは、Arena Holdings以外にも、Delight Ventures、East Ventures、京大創業者応援ファンド、その他エンジェル投資家を含む多くの投資家が参画しております。 Levettyが解

            スキ
            16

            追加投資|RESTAR:不動産業界向けデータベース

            DNX Venturesは、RESTAR株式会社(以下、RESTAR)のシリーズAラウンドに、リード投資家として出資させて頂きました。RESTARは、不動産売買に関わる企業向けに商業用不動産データベースを提供するSaaSスタートアップです。2019年にシード投資をさせて頂いて以来、RESTARは優れたプロダクトを開発し、不動産投資ファンドやデベロッパー中心にシェアを広げ、驚異的な成長率でマーケットシェアを広げています。本稿では、不動産業界という身近な業界をSaaSという観点か

            スキ
            6

            新メンバー|Emma Chiu

            7月より、DNXアメリカオフィスのファイナンスチームに新しいメンバーをお迎えしました。Emma Chiu(エマ・チウ)さんです! 今回は、Emmaさんの経歴とDNXへの入社を決めた理由を伺いました。 公認会計士の資格を持つEmmaさんは、シニアファイナンスアソシエイトとして入社しました。複数のファンドの会計・財務レポートを統括し、税務申告を担当する予定です。 私はこれまで、会計、財務、税務の分野で様々な経歴を積んできており、台湾、日本、米国の3カ国にまたがるプロフェッシ

            スキ
            6

            新規投資|ハイウェイ:Partner Sales Empowerment

            DNX Venturesは、株式会社ハイウェイ(以下、ハイウェイ)のシードラウンドに出資参画させて頂きました。ハイウェイは自社製品の販売において代理店販売を利用したい企業(以下、メーカー)と代理店(以下、パートナー)に向けてパートナーセールス業務を効率化するSaaSを提供するスタートアップです。本稿では、我々DNX Venturesがハイウェイに投資した理由ともなるハイウェイの魅力について紹介したいと思います。 ハイウェイとは?ハイウェイはメーカーとパートナーの間で発生する

            スキ
            6

            新メンバー|中野智裕

            2022年6月1日付にて、新メンバー中野智裕さんがDNXにジョインしました。 中野さんは、大学時代から環境エネルギーを研究、新卒でマツダに入社し日本、そして米国へ赴任をされ、経営企画ポジションを担われました。その後Salesforceへ転職。Finance & Strategyの担当者として、グローバルなSaaSビジネスを学ばれ、投資先の一社でありSalesforceAppsのビジネスを展開しているチームスピリットにジョインされます。その後、チームスピリットの上場前後の時期

            スキ
            10

            新規投資|シンプルフォーム

            この度DNX Venturesは、Fintech x SaaS企業のシンプルフォーム株式会社(以下、「シンプルフォーム」)のシリーズAラウンドにて、リード投資家として出資を実行したことを報告いたします。既存投資家であるインキュベイトファンドと共同で、総額約7億円の第三者割当増資を完了いたしました。これまで非公開であった資金調達ラウンドや金融機関からの借入も合わせた、同社の累計の調達金額は約10億円となります。 シンプルフォームが提供するプロダクト、「SimpleCheck」

            スキ
            10