ねぶた祭り

ありがとうございます😆
1

青森の魅力

こんにちはやたです。

夏に、青森に行ってきました!

2泊3日のんびり旅行、そんな投稿です☺️✌️

1.弘前城の貫禄

旅行と言えば城!!!!

やっぱり城壁か白いのはタイプだなあ。

修理してたりもあったけど、充分堪能した。

個人的にはお城のまわりに魅力的な施設が多くて、観光しやすいなあと思った。

庭園付きのスターバックスとか、

美味しいハンバーガー屋さんとか、、、

http://d

もっとみる
わーい!ありがとうございます!!すき!
1

焦らなくていい。

何をしても突き抜けている感覚が無い

ある程度の範囲内でしか無いように感じる

すごい悔しい

もどかしい

凄い違和感

こんなもんなのかな?

いや、絶対に違う

三年前初めて画材を買って家で描いてみた

その一年後に初の個展を開催した

その時はよく頑張ったなどと自分の事を少し褒めたけれど

なんて事はない

こんなもんなのかな?

いや、絶対に違う

間違った事は決してしてない

だけど足

もっとみる

蝦夷轟轟

蝦夷轟轟

鳴っているか?

響いているか?

震えているか?

聴こえているか?

伝わってくれるか?

真意を読み取ってくれるか?

遠くの方で太鼓の音が響き渡り

大気や地面が震え

鼓膜が揺れる

ものすごい熱気が伝わってくる

心が震えて、理解した!

シンプルにあの時の感動を絵にしたいと思いラッセーラーと掛け声をかけながら新作に取り掛かった

筆致一つ一つがラッセーラーと響き

絵の具

もっとみる

津軽の暑い夏〜ねぶた祭り

毎年恒例、夏のこの時期は青森ねぶた祭り。青森と縁ができてから約30年。2/3くらいは来てるかな。わが家の夏の風物詩がねぶただ。

青森駅に到着するのは夜。ホームに降りると笛と太鼓のねぶた囃子が聞こえる。もうそこでねぶたモードに入る。新幹線が新青森までつながる迄はわざわざ寝台列車で行ったものだった。早朝青森駅についてからの市場での朝食が楽しみのひとつだった。

さて、ねぶた祭り。午後7時10分に「ド

もっとみる

揺れる帰路

続き④

ホテルで目覚めたあと弘前公園を散策

郷土資料館へ向かった

そこで出会ったのが棟方志功のねぷたである

資料館の入り口正面に展示されていて

棟方志功?と思わず声が出た

受付の女の方がそうですよ、写真撮っていいですからねと声をかけてくれた

これには痺れた

棟方志功は長い間僕にいろんなインスピレーションを与えてくれてる

僕が一番最初に描いた大作

「日本八大天狗集会図」は棟方志功

もっとみる

祭りが終わり

続き③

とても寂しいような感覚に襲われていた僕ではあるけれど思えば、ねぶた祭りは5日間続くのだ

僕はそのたった1日を体験させてもらったに過ぎず

この5日間を青森の方々は体験している、それも毎年である

僕は明日この時間にはもう青森には居ないのだけど、祭りは変わらず元気に続いて行く

かなり名残惜しい

しかしこの感覚も旅の醍醐味だということを僕は知っている

一人旅を良くする僕はこの感覚がた

もっとみる

祭り

続き

山車が発光したとき鳥肌が立った

ラッセーラーの掛け声に答えてついに動き出したような感じに見えた

カメラを向けながら僕は肉眼で見たかったからカメラが疎かになり、わけのわからない動画になっていた

目には焼き付いているから後悔はない

それぞれの町会が列を成してそれぞれのねぶたを引っ張ってくる、そして沿道の観客にこれ見よがしに見せつけてくるのだ、最前列の観客は頭をかがめたり、のけぞったりし

もっとみる

祭りが始まる

前々から計画してた青森のねぶた祭りについに行ってきた

一泊2日、タイミング悪く風邪をひいてしまったけど行ってよかった、体力の限界をうっすら感じたけれどなんとか楽しみ切った、いや、本当に行ってよかった、すごい熱気と大衆、今回は見る側だったけれどつぎは是非跳人として参加したいと思う

日中はわりかし静かな商店街で形成された街だった、本当にこれからあの盛大な祭りが始まるの?といった感じ

個人的に体力

もっとみる