お題

#業界あるある

業界にいるとつい気になってしまうこと、転職した後に使ってみたら全然通じなかった言葉や作法などの「あるある」を募集します。

急上昇の記事一覧

受け入れの方法とスキル 第2段階 その1

第2段階  この第2段階は、広げていく段階です。次の3つのことを同時に行います。  1支援学級の担当の先生以外の先生との関係作り(愛着を広げる)      注)通常学級担任  他の組の先生 サポーター 保健室の先生        給食の先生 技能職員 校長先生 教頭先生 交通指導員  2 4つスキルを使い要求を言葉で言わせる(言葉を広げる)       注)私の提唱している、発達に凸凹がある子どもとの関わり方        である4つのスキルを使う。下の記事参照  3 好

スキ
81

受け入れの方法とスキル 第2段階 その2

②1時間目  1時間目は、カバンの片付けをしたあと「朝の会」をします。片付けは、まだ先生と一緒にしています。  「朝の会」は、支援学級から1日を始めるメンバーが集まって、朝のあいさつをします。そして、昨日あったことを一人一人お話したあと、アンパンマン体操をします。  みーちゃんは、そのあと伊藤先生と「時間割ぎめ」です。みーちゃんは、まだ、時間割を好きなように決めていいことになっています。   注)このころ、やっとチャイムに合わせて過ごせる     ようになった。だから、時間

スキ
61

マスク補完計画

こんにちは! コロナ禍になり早2年半。 みなさんマスクは常時つけていますか? それとも基本的には外していますか? 以前ヘアカットのときマスクは必要?という記事を書きました。 こちらの記事に多数のスキ・コメントを頂きありがとうございます! 当店ではコロナ禍になってからはマスクしたままのカットでした。 最近は熱中症などの危険性なども考慮して、マスクの有無はお客様の任意としました。 結果的には、つける人外す人半々といったところでしょうか。 外せるなら外したかったという声

スキ
48

受け入れの方法とスキル       個別の指導計画(仮)その3

5認知・対人関係 [課題]   ・一緒に遊べる(関係が付いた)先生を増やしていく   ・要求は行動や表情だけで示すのではなく、言葉で言えるようになる   ・今、どこを見るのか、今、何を聞くのかを学んでいく  [具体的手立て]   ・伊藤先生とみーちゃんと新しい先生と3人で遊び、共感関係を広げて    いく   ・給食など様々な場面で、先生を紹介し共同作業していく   ・出てきた行動や表情による要求は、言語化し「覚えて」を使う   ・遊びを通して、見るべきところを見たり聞く

スキ
85

今後の教育は、さかなクンにとっての【魚】を探すこと

最近日経テレ東大学のyoutube動画を観るのが日課になっています。先日「超ファンタスティック未来」という番組の中でAIで教育改革を目指す「atama plus」社と受験も勉強も教えない「探究学舎」社の話を聞きました。動画はこちら↓ 特に印象に残ったことをまとめておきたいと思います。 ①化学の周期表の覚え方 探究学舎の宝槻泰伸さんによると「学校で周期表を覚えさせられるがその周期表がなぜあのような形になっているかを説明してくれる先生はほとんどいません。探究学舎の塾生は塾で

スキ
21

【役職者とは何か】最強を目指す君へ

最近、とっても未来を楽しみにしている若手美容師と意見交換できました。 楽しみというよりは「未来を確信している」若手美容師(役職者)です。 目標は「最強」というぶっ飛んだ若手です。 その時に伝えたかった内容をブログにします。 若手役職者のみんなにもちょうどいい内容かな。 【結論から】 自分が目指すゴールをある程度設定する。 そのゴールから「プロセス」が逆算で描けないものは実現しない。 大事なのは「ゴールを描き、プロセスを具体的にする」こと。 そしてゴールは「ワ

スキ
24

#34【これから先生になるあなたへ】事務職員(事務室の先生)とも仲良くなろう!

本記事を一言でまとめると、 「若手の先生よ、事務職員(事務室の先生)とも仲良くなっておこう!」 です。 教職9年目、職場では中堅と言われますが、まだまだ若手の気持ちでいたい《たまちゃん》です😄 【これから先生になるあなたへ】では、教育実習生や1〜3年目の若手の先生に向けて、自分の失敗談などもふまえてお伝えできることをまとめていきたいと考えています。 学校事務 学校の事務職員はどのような仕事をしているのか、一度確認しておきます。 下の引用は、神奈川県のホームページからの引

スキ
5

社員がインセンティブの話しばかりの場合は…

ちょと最近感じたこと。 どこの美容室のスタッフも、なんとなくインセンティブの話しばかり聞くことが多いです。現状に満足できていないのかわかりませんが、インセンティブの不満を聞くことが多いです。 どこのサロンとか特定ではなく、多くのサロンが。という肌感です。 【結論から】 社員がインセンティブの話しばかりの場合は未来を共有しろ。 自分の取り分を主張する人ばかりだと、人はどんどん離れていく。 それは「取り分の多いところがよく見える」から。 インセンティブではなく、きち

スキ
38

【保存版】移動・配送領域のベンチャー/スタートアップ企業紹介!注目のMaaSベンチャー/スタートアップ企業を紹介します!

こんにちは!Preventure編集部です! MaaSベンチャー/スタートアップ企業紹介です!今回は「マッチング/Door to Door」、「配車サービス」、「物流/配送サービス」の3つのカテゴリーから注目の企業を紹介します。 「マッチング/Door to Door」、「配車サービス」、「物流/配送サービス」のカテゴリーは、移動や配送による課題の解決を目指しているサービスが多くなっています。そして、移動や配送の課題を解決することは地域活性化やエネルギーなどの他の分野の課

スキ
5

教員あるあるーベスト10ー

先日こんな記事を見かけました。フォロワーの方は教育現場で働く方が多いと思うのでご紹介します。それは「教員あるある」についてです。 10位 体育館の天井に挟まっているボールが気になる (23.8%) 9位 児童・生徒の保護者が同業者でやりにくさを感じる (25.4%) 8位 自分の学校と子供の学校の行事がかぶる (26.5%) 7位 声が大きいと言われる (29.4%) 6位 スーツでもスニーカーを履く (31.2%) 5位 大切なプリントを配り忘れて焦る (33.

スキ
23