お題

#お祭りレポート

熱気に心がおどる夏の祭り。街中が七色にかがやく冬の祭り。参加したひとも、観たひとも!noteでお祭りのレポートを書いてみませんか?

急上昇の記事一覧

京都の夏を楽しむ │ 下鴨神社 みたらし祭

祇園祭の前祭が終わって、すっかり空気が梅雨から夏へと変わった。京都の夏は暑い。本当にうんざりするほど暑い。 けれど、そんな夏の京都にはたくさんの神事がある。神社やお寺が多いからか、いたるところでお祭りが行われているように思う。そのひとつが、下鴨神社のみたらし祭、通称足つけ神事だ。 うだるような暑さが少し和らいできた夕方に、糺の森を抜け下鴨神社へ向かう。少しずつ夕方から夜へと移りゆく空気を感じて、この移り変わりは「夏だなぁ」と思わせてくれる。 「足つけ神事」ともいわれてい

スキ
61

ボストンでの 4th of July 独立記念日(Independence day)

7月4日はアメリカの独立記念日で祝日です。 会社も4日5日が休みになり、祝日の少ないアメリカ人にとって とても重要な日であることがわかります。 ボストンと独立記念日ボストンならびにマサチューセッツ州は 英軍による虐殺 ボストン茶会事件 イギリス議会に対する反対活動 はじめての武力衝突(レキシントン、コンコード) といった独立戦争の際にきっかけとなった多くの出来事があり、 独立宣言ならびに独立記念日の制定もマサチューセッツ州の代表や議会が中心となって関わっていたこと

スキ
105

【推し活ELECTRA】年に1度のお祭りにいってきました

昨日が年に1度のお祭りだったので、お友達ふたりと現地合流して一緒に過ごすことにした。チームのお祭りは、相当有名で上京前から気になっていた。 チケットを取ってもらって、ラインで受け取る。そしてプレゼントを受け取って中を開封する。3人ともぜんぜん違う選手だったので、それもまたいいやと思った。 暑い中歩いて、サンプルや限定トレカをもらったり、全体を見ながらチェックする。地図を受け取って、指定席に向かう。滅多にいかない上段席、でステージのど真ん中だった。 「取ってくれてありがとう」

スキ
13

【鏡石移住体験】鏡石「七夕まつり」に行ってきました!

皆さんこんにちは! 福島県は本格的に梅雨の時期に入り、雨が降る日が続いています。 気温が30度に届かないことも多いので、東京とは違って蒸し暑い息苦しさを感じずに生活できています! さて、今回は7月14日に開催された「鏡石町 七夕まつり」についてレポートいたします。 七夕まつりの印象を一言で表すと、性別や年齢関係なく、たくさんの人がワクワクできるお祭りです! こうして同じ地域のみなさんが一緒になって楽しむ機会は、都会では少なくなっているので、久しぶりに童心に戻ったような、ワ

スキ
4

京都祇園祭 宵山 粽を求めて長刀鉾へ〜

7/17に京都では祇園祭の山鉾巡行がありました。 7/16の宵山の日に粽(ちまき)を求めに行ったんですが、その時の様子です。私は数年ぶりでした。 粽(ちまき)と言われると、私はまずは笹で包まれている細長いお餅を思い浮かべてしまいますが笑、祇園祭の粽はお餅は入ってなくて、笹の葉で作られた厄病・災難除けのお守りです。一年間玄関に飾ります。 この習慣をなるべく続けているんですが、行っても遅いと売り切れている時もあります笑。コロナの時はネット通販で求めていました。 粽の袋に「

スキ
54

只見線のあるまちにて2024/07/17

はい、今日の天気予報は当たったのでしょうか? いつも通り、この文章を夜中に書いていると言う定期運航っぷりに、少しばかり嫌気もさして来るのです。 もし、夜中に寝ていたら昼間はもっと活動できるんじゃないかだとか、これから昼間の暑い時間に寝なくて済むんじゃないかだとか。 そうは思っても超夜型の生活は直るはずもなく、今日もいつも通りの生活が続くのです。 さて、会津若松にも夏と言えるものがやって来ました、お日市(神社仏閣のお祭り)です。 ほんとうは7月1日から始まっていたので

スキ
57

祇園祭 神幸祭を見に行く散歩(?)(24.7.17)

今年の祇園祭、前祭の山鉾巡行は鶏鉾がアクシデントで巡行を途中で打ち切ったり蟷螂山の脚が外れりと、色々あったそうで。 そんな巡行のあった日の夜は、神幸祭の神輿渡御です。 そもそも八坂神社の神様が三基の神輿に乗られ、京都の街を回られる前の露払い的な意味合いがあるのが山鉾巡行なので、祇園祭の本来の目的は神輿渡御だとも言えるのですね。 昼間の山鉾巡行は、平日だと仕事があってなかなか見に行けないのですが、夕方から深夜に行われるお神輿は毎年のように見物に出かけています。 例年は三基

スキ
17

ブラジル人の夫と『第17回ブラジル&ラテンフェスティバル2024』@代々木公園へ。日本のメディアが来ていなくてびっくり。 しかし暑かった〜! ブラジル銀行さんのテーブルでお休みさせていただき、救われました^^ 異国情緒溢れるイベント、飛び交うポルトガル語。旅気分な午後でした

スキ
7

夏祭りスタート! いきなりゲリラ豪雨(川崎市麻生区、20日)

わたしが住む川崎市麻生区でも、夏祭りシーズンがスタートしました。 昨日の麻生水処理センターでの盆踊りが皮切りでした。 きのうも暑かったですが、コロナ明けの盆踊りは見たかった。 わたしも17時過ぎに水処理センターに向かうと、浴衣姿の女の子たちが、ルンルン気分で会場に向かっていました。 会場につくと、すでに大勢の人たちが集まって、祭りを楽しんでいました。 でも、上空に暗雲が広がっているのが気になりました。 中学生くらいの女の子どうしが、 「もし雨が降ったら、少し涼し

スキ
7

夏祭り 始まる否や 騒いでる 発散もまた 明日の力に

暑い昼間の日差しが和らぐ。日が暮れようとしている。明るいときは日差しの暑さになすすべなく、ただ全身から汗という名の液体があふれていた。日が暮れれば少しは収まる。そして吹き付ける風が心地よい。 だが、夏まつりを開催している神社の境内に入れば、多くの人が押し寄せる空間だ。熱気に翻弄される。それでも視線には温かいライトに照らされた出店が並んでいて癒される気がした。この日は年に一度の祭りである。さあ何を食べようか、飲もうかと財布を眺めながら悩むのだ。 この神社の祭りは、盆踊りでは

スキ
32

日本の夏、祭りの音

日本の夏、蝉の声。かの有名な、籠池さんみたいなこと言うてますけど。 去る7/13.14日の土日は私の地元でお祭りが開催された。地元とは言っても最寄駅の1つ隣駅だけど。 私は別に祭りに興味があるとか無いとかではなくて、人混みそのものがあまり得意ではない。(趣味故に行かざるを得ないものを除く) それでありながら、祭りに行くなんて、私にしては極めて珍しい。 では、そんな私が何故に、祭りを訪れたのか。 そこには複数の理由が。 まず一つに、元バイト先の近くであること。 懐かし

スキ
3

わんだふるぷりきゅあ!感想⑭

「わんだふるご〜」ってなんだよ、と思いながら見てました。あと「願い事わお〜〜〜〜〜ん」ってなんだよと思いながら見てました。もちろん「不思議すぎるたまご」ってなんだよとも思いました。 第22話「わんだふるご〜!」 前回で猫組加入エピソードも一段落し、箸休め的なお話でしたね。ストーリーの本筋とはあまり関係なさげだけど、ドックトレーナーというお仕事や、アジリティという犬のスポーツを教えてくれる、教育番組のような雰囲気があった気がします。物語終盤でいろはが、本格的にドックトレーナ

スキ
2

祇園祭〜動く美術館と縁の下の力持ち〜

信じられん。車輪の上に立っている扇子を持った二人の掛け声で、あの巨体が見事にズズズズズ…と30度から45度くらい向きを変える。 圧倒された後、拍手の音が鳴り響いた。 見上げると天を突くように伸びる真木とその鉾頭。 屋根にも水引にも前掛・胴掛にも美しい装飾がなされ、「動く美術館」という表現にもなるほど納得である。 これが、祇園祭の山鉾巡行か、と驚くほかない。 私と妻は祇園祭に来た。名高い祇園祭、いずれ一度は行ってみたいと思っていたが、思ったより早くその機会が訪れた。無職万歳で

スキ
14

【ゆにおのイベントレポ】或る休日に読む。ZINE展vol.6、実りある二日間でした!

うぇいうぇい! ゆにおだぜぇ。 7月の三連休、ラストすなあ。みなさんは連休、いかがお過ごしでしたか? ゆにおは、【7/13~14】に、広島市中区 ヲルガン座3階のイベントスペース・ふらんす座にて開催された ZINE委託展示販売イベント、 【或る休日に読む。ZINE展vol.6】に、出展して参りました! 主催者は、ハンドメイドやイラストでもご活躍されとる 広島在住のクリエイター・有野だものさんです。 蒸し暑いし雨降るしで、気候的には決してよかぁない……。 お客さん来て

スキ
16

家が果てしなく遠くなる祇園祭

今年もやってまいりました。 祇園祭。 京都にきて10年。祇園祭=京都の夏!といっても良いでしょう。 そして家までの道程が、最も遠くなる3日間でもある。ホントに家に帰りつけないのよ、人が多すぎて。 まだ宵々山でもないのに なかなかの人人人混み。 明日から雨予報だからかもしれません。 すべての鉾に雨対策。 サムネイルの写真は、たぶん9年前。 オフィスから絶景の眺めで、早めに仕事を終えて、みんなで宴会。  外の人混みは数時間絶えることがない。 何度か見ると、お祭りの楽し

スキ
24

神輿も人も泥まみれになる平方のどろいんきょ

埼玉県上尾市で7月に開催されている「平方(ひらかた)のどろいんきょ」に行ってきました。2023年も行ったのですが、泥と水が飛び交い参加者も見物客も泥まみれになる珍しさと、地元の方が温かく親切にしてくださったことから、去年のどろいんきょが終わった瞬間から2024年も訪れようと決めていたお祭りです。 昨年の写真も交えながら紹介します。 江戸時代の宿場町「平方宿」どろいんきょが行われる平方は荒川に接する地域で、江戸時代には船渡で渡河していました。江戸時代初頭から平方河岸が整備さ

スキ
24

「つぶやき」のようなもののようなもの。其のニ

こんにちは。natsuです。 夏ですね!そんな私は春生まれです。(なんのこっちゃい笑) 暑いですね。 だいぶ昔に良くしてくださった人生の大先輩が 「夏は暑い!冬は寒い!って決まってるの!」 と、当たり前の事を熱く教えてくれました。 はい。 その通りですが 先輩、、、その時と比べ、我々が住む地球の夏 最近少々"暑い"が過ぎています。 つぶやきnoteが溜まっていたので記事にまとめてみました。 【つぶやき】其の一 文字で書いたら閃きました。の話。 今日の晩御飯は娘の希

スキ
21

旧中山道のみこし渡御―浦和まつり2024

 今年も夏祭りシーズン到来。今日、浦和の旧中山道では「浦和まつり」の「みこし渡御」が開催されました。  今日のさいたまは35℃超えの猛暑。気温が下がり始める夕方4時頃に会場を訪れました。  新浦和橋高架下付近から調神社付近まで旧中山道を南下する(定番)コースを、浦和の各地区の神輿が練り歩きました。  猛暑にも関わらず、今年も会場は多くの人でほぼ埋め尽くされるほどの賑わいで、違う意味での熱気が伝わってきた感じでした。  浦和まつりはみこし渡御のほか、同日に南浦和駅周辺で開

スキ
9

祇園祭は思い出ギュギュっな浴衣でGO!!

“えらい地味な浴衣やな” ボソッと出た本音。 20代のとある誕生日。 「なんか気づいたら作ってしまってたので、誕生日プレゼントに!」 突然、母からのプレゼント。 浴衣を着たい意欲もなければ、着る機会も心の余裕もなく、しかも20代で着るにしては、あまりに地味な浴衣でどうするんだと。一度だけ袖を通し奥底にしまっていた浴衣。 日の出をみたのはそれから数年後、浴衣での婚活パーティ。夫と出会ったイベントだ。 私への第一印象は 「あまりしゃべらない大人しい女性」だったらしい。

スキ
15

祇園祭 前祭宵山の夜散歩(24.7.14)

祇園祭も宵山期間に入りました。 今年の前祭の宵山は、日程と空模様を考えて宵々々山の14日に家族でお出かけ。 四条通や室町通の長刀鉾や函谷鉾、また人気の蟷螂山の周りは人でごったがえすので、例年四条烏丸の西南方面の山をのんびり歩いて見て回るのが我が家の毎年のコース。 という事で、散歩記録というか散策程度ですが纏めてみました。 あと、各山や鉾の由来や解説などは他に詳しいサイトが沢山あるので、そちらを御覧くださいませ。 そういうのをここで書き出すと、いつまで経っても記事が書きあがら

スキ
13