中小造工(CAJS)

中小型造船業の発展を目的とした団体「(一社)日本中小型造船工業会」の公式noteです。…

中小造工(CAJS)

中小型造船業の発展を目的とした団体「(一社)日本中小型造船工業会」の公式noteです。船や造船の魅力などを中心に様々なことを幅広くお届けしていきます!

最近の記事

能登半島地震支援のための海上輸送を支える内航小型RORO船

能登半島地震で被災されたすべての方々にお見舞い申し上げます。 現在公的機関や支援団体による支援活動が行われていますが、弊会が日ごろお世話になっている日本財団も懸命に活動を行っており、各所と調整や調達の後、1月10日(火)から被災地に海上輸送にて発電機、軽油、灯油、循環型シャワーと手洗い場などを海上から輸送しています。 日本財団より写真や動画を現地からいただきましたので、道路の損傷が激しい中で、一生懸命支援品を運んでいるROROフェリー粟国の奮闘について報告します。 ■1

    • 金融業界から転職し造船所へ。㈱三浦造船所 総務部経理課 入社3年目の濵﨑さんにWEBインタビュー!

      造船所で働く職員に密着!中小造工会員造船所社員インタビュー企画第5弾!第5回目は、㈱三浦造船所 総務部 経理課 濵﨑さんへWEBインタビュー。   大分県佐伯市出身の濵﨑さん、高校卒業後は臼杵市内の金融業界へ就職。その後、地元佐伯への転職を決意し盛んな地域産業である造船業界へ。   総務部長と二人三脚で経理業務を担い、縁の下の力持ちとして活躍されています。今回も、㈱三浦造船所でのお仕事と濵﨑さんの素顔に迫ります!! 金融業界から造船業界へ!地元での就職でプライベートも充実。

      • 「Ship×Music」造船所の絶景と本物のクラシックがコラボ「名曲と絶景とワインと」株式会社三和ドック

        広島県尾道市因島にある修繕専門の造船所、株式会社三和ドック。   会社紹介動画↓ ここ、三和ドックでは秋になるとクラシックの音色が響きわたります。 フランスと日本の二拠点で活動するヴァイオリニスト 小島 燎氏、さらには、今年のスペシャルゲスト・フランスヴァイオリン界の巨匠ジェラール・プーレ氏など、名高い音楽家が集まり数々の名曲を演奏するコンサートが毎年秋に開催されています。   開催場所は、三和ドック本社ビル展望カフェ「海路平安」をはじめ「しまなみ海道・秋の音楽休暇村」と

        • 学生時代に学んだ造船工学を活かして。村上秀造船株式会社でグローバルに活躍!!

          村上秀造船㈱設計部入社3年目のサフディンさんにWEBインタビュー! 造船所で働く職員に密着! 中小造工会員造船所社員インタビュー企画第4弾! 今回は、当会会員村上秀造船株式会社に入社3年目の設計部 サフディンさんの生の声をお届けします。   インドネシア出身のサフディンさん。大学生の時に学んだ造船工学の知識を活かしたいという強い気持ちから当会が実施しているインターンシップ事業を通じて日本の造船所への就職が実現!   今では村上秀造船㈱の設計部で基本設計を担当し、知識を活かし

        能登半島地震支援のための海上輸送を支える内航小型RORO船

        • 金融業界から転職し造船所へ。㈱三浦造船所 総務部経理課 入社3年目の濵﨑さんにWEBインタビュー!

        • 「Ship×Music」造船所の絶景と本物のクラシックがコラボ「名曲と絶景とワインと」株式会社三和ドック

        • 学生時代に学んだ造船工学を活かして。村上秀造船株式会社でグローバルに活躍!!

          日本初‼水素燃料電池で動く旅客船「HANARIA」の進水式で感じた造船業の「進化」!

          9月13日に日本初の水素燃料電池で動く旅客船「HANARIA」の進水式が当会会員の本瓦造船(株)で多数の関係者が見守る中、無事に行われました。当会からも西田常務が出席し、今回もレポートしちゃいます(笑) 開会前に本瓦造船の船台に華やかに装飾された第815番船(30分後にハナリアと命名)をじっくり観察。 航空機のコックピットを意識したという操舵室周辺の丸みや窓、三胴船のようにみえる船首部など、斬新な外形の船です。 加えて、船体下部の塗装が黒なのが目につきました。 多くの

          日本初‼水素燃料電池で動く旅客船「HANARIA」の進水式で感じた造船業の「進化」!

          世界初‼水素で動く旅客船ハイドロびんごでめぐる横浜港クルーズを開催しました!【日本財団 海と日本PROJECT】

          こんにちは、中小造工広報担当です!   2023年8月9日(水)~10日(木)の2日間。 日本財団・海と日本PROJECTとして「YOKOHAMA Hydro BINGO CRUISE」を開催。(参加費無料 事前申込み制)   当日はたくさんの小学生とそのご家族の皆さまにご参加いただきました!   今回も、大盛況となったこのイベントの様子をレポートしていきたいと思います! 世界初‼水素で動く旅客船ハイドロびんごでめぐる横浜港クルーズ!ハイドロびんごってどんな船?! 世界初

          世界初‼水素で動く旅客船ハイドロびんごでめぐる横浜港クルーズを開催しました!【日本財団 海と日本PROJECT】

          墨田川造船株式会社で「進水式見学祭」を開催しました!

          こんにちは、中小造工 広報担当です! 今回は、墨田川造船株式会社で開催した「進水式見学祭」の様子をレポートします!   日本財団「海と日本PROJECT」の一環として墨田川造船の近隣小学生ご家族を招待して開催したこのイベント。 私たち広報担当も当日はスタッフとして、皆さんのお出迎えをさせていただきました。   それでは、早速、墨田川造船株式会社の進水式見学祭に出発!!(笑) この日、入口には大きな看板が出されました! 中へ進むと、、。 「こんにちは!受付はこちらです!!

          墨田川造船株式会社で「進水式見学祭」を開催しました!

          日本初のLNG燃料フェリー「さんふらわあくれない/むらさき」体験乗船記!!

          こんにちは、中小造工広報担当です! 今回は、とっても気になる「さんふらわあむらさき」の内側を大胆にご紹介します!   と、その前に「さんふらわあくれない/むらさき」についてのお話から。 このフェリーのテーマは「復活ときずな(KIZUNA)」。   「きずな(KIZUNA)」というテーマには世代を超えて家族が集い、船旅を楽しむという願いが込められています。   フェリーさんふらわあは、そんな家族のつながり=きずな(KIZUNA)を再認識する場として楽むことができるフェリーです。

          日本初のLNG燃料フェリー「さんふらわあくれない/むらさき」体験乗船記!!

          新人造船マンが大奮闘!!汗と努力とちょこっと青春!技能の伝承「東日本造船技能研修センター」に密着!【後編】

          様々な造船所の新入社員が仲間たちと一緒に3カ月間の研修に挑む、東日本造船技能研修センターで密着取材!! 前回に続き、新人造船マンの奮闘記をお届けします。 前編の記事はこちらから↓ 最初の密着からさらに2週間後、私たちは再び東日本造船技能研修センターに向かいました。 研修が始まり、2カ月。 研修生が学んでいるのは「造船技能」 造船技能と一口に言いますが、職種も多岐にわたり「溶接」「切断」「クレーン」「塗装」「配管」「玉掛」「機関」等いろいろあります。 ここ東日本造船

          新人造船マンが大奮闘!!汗と努力とちょこっと青春!技能の伝承「東日本造船技能研修センター」に密着!【後編】

          新人造船マンが大奮闘!!汗と努力とちょこっと青春!技能の伝承「東日本造船技能研修センター」に密着!【前編】

          船をつくる造船所、あんなに大きな船も1隻1隻が手づくり。 1ミリのズレも許されません。   そこには職人ワザが光ります。 職人の感覚、経験が正確で細やかな作業を可能にします。   でも、誰もが最初から一人前の職人ではありません。 最初は技能を受け継ぐところから始まります。   学生時代に専門的な座学や実技を学んだひと、就職してから学んだひと その背景も様々です。   東日本造船技能研修センターには、職人への道を一歩踏み出した将来の船造りを支える造船マンたちがいました。   様

          新人造船マンが大奮闘!!汗と努力とちょこっと青春!技能の伝承「東日本造船技能研修センター」に密着!【前編】

          いつも本当にありがとう!!感謝の気持ちをこめて。旭洋造船「家族工場見学会」を開催!

          2023年4月23日。絶好のイベント日和となったこの日。 旭洋造船株式会社で「家族工場見学会」が開催されました!   コロナの影響で中断していたことから、約6年半ぶりに第4回目の開催となり、社員親子だけでなく、おじいちゃん、おばあちゃん、兄弟姉妹さらには、未来の家族を加えた15家族55名の旭洋ファミリーが参加! まずは開催にあたって越智社長より、日頃社員を支えてくださっているご家族の皆様への感謝を込めた挨拶に始まり「会社説明」や「船ができるまで」をそれぞれの担当者がパワー

          いつも本当にありがとう!!感謝の気持ちをこめて。旭洋造船「家族工場見学会」を開催!

          宇宙戦艦ヤマトに憧れた青春がここに。「夢と情熱が広がる造船所」目指せ! 造船のエキスパート!

          京浜ドック㈱子安工場 修繕部 機関電気課入社2年目の竹田 博文さんにWEBインタビュー!   造船所で働く職員に密着! 中小造工会員造船所社員インタビュー企画第3弾! 今回は、タグボートの建造造船所としてトップランナーである京浜ドック㈱に入社2年目の子安工場 修繕部 機関電気課 竹田 博文さんの生の声をお届けします。   東京都三鷹市出身の竹田さん。誰にも負けないくらい船が好き。船への熱い情熱と積極的な行動力、真面目な人柄から造船所への就職という夢を実現!   今では京浜ドッ

          宇宙戦艦ヤマトに憧れた青春がここに。「夢と情熱が広がる造船所」目指せ! 造船のエキスパート!

          造船のプロがレゴ®ブロックで船をつくったら、ガチすぎた!

          中小造工広報担当です。   2023年5月に今治市のバリシップ2023が開催され、当会も日本財団とともに海と日本PROJECTとして「ドリーム<バリ>シップファクトリー“レゴ®ブロックで夢の船をつくろう”」という児童参加型特別イベントを実施しました。   そこで!!当会会員造船所の方々や広島大学大学院の学生さんに、レゴ®ブロックで船をつくってもらい会場で展示。   出来上がった作品を見て私たち広報担当は す、、、すごい!!!! とそのクオリティーに圧倒されました!   造船の

          造船のプロがレゴ®ブロックで船をつくったら、ガチすぎた!

          親子で楽しく船について学べちゃう?!大好評!レゴ®ブロックで夢の船をつくっちゃおう!

          5月25日~27日の間、愛媛県今治市で開催された海事展「バリシップ2023」当会は、日本財団とともに海と日本PROJECTとして児童参加型特別イベント「ドリーム<バリ>シップファクトリー“レゴ®ブロックで夢の船をつくろう”」を実施しました!   このイベントは今治港にある「はーばりーみなとホール」で2023/5/27~5/28の2日間で開催。   想像以上に沢山のご家族の方々にご参加いただきました。本当にありがとうございます!   今回は、大好評だったイベントの様子を大公開!

          親子で楽しく船について学べちゃう?!大好評!レゴ®ブロックで夢の船をつくっちゃおう!

          世界から見る日本の造船業界とは?世界海事大学(WMU)奨学生に聞いてみた!

          中小造工 広報担当です。 私たちは先日【世界海事大学(WMU)奨学生歓迎レセプション2023】に参加してきました! まずはじめに、 世界海事大学(WMU)はどんなところ? WMUの奨学生はどんな人? 奨学生になるとどんなことをするの? というところからお伝えしていきます! 世界海事大学(WMU)は、1983年に国連の専門機関の国際海事機関(IMO)によって設立された海事分野に特化した大学院大学でスウェーデンにあります。「海事教育訓練」や「海上安全・海洋環境管理」など7

          世界から見る日本の造船業界とは?世界海事大学(WMU)奨学生に聞いてみた!

          造船所の作業着改革。世代を超えて愛される新デザインで心機一転!!

          これは山口県下関市、旭洋造船株式会社の作業着改革のお話。   世代を超えて愛される、安全・快適・スタイリッシュな作業着誕生のきっかけは2018年、一社員からの作業着改善提案だった。 その改善提案をした社員の意見はこうだ。   “作業着が地味で目立たない、他社と似ている”   一見、なんとなく見過ごされてしまいそうな意見にも感じられるが、大切な社員の大事な意見を尊重する。そういった温かい社風が根付いていたため、改善へ動きだした。   早速、担当ベースで検討を開始した。 安全面、

          造船所の作業着改革。世代を超えて愛される新デザインで心機一転!!