『バベットの晩餐会』徹底解説

9

「クアドラプル・ミーニング(神業レベル)」『バベットの晩餐会』徹底解説:第五章・中篇



さて、第五章「STILL LIFE」の続きを見ていこう。例によって無駄話はナシで進めるよ。

第五章の前篇はコチラ!

バベットがルター派プロテスタントの「しきたり」を、一週間悩んだ末に「形だけ」受け入れたところからやな。

そうだったね。

姉妹がバベットに実演して見せた「split cod(タラの開き)」と「ale-and-bread-soup(エールとパンのスープ)」とは、「Godを父と

もっとみる

「フランスでは人々が蛙を食べます」『バベットの晩餐会』徹底解説:第五章前篇



さて、第五章『STILL LIFE』の解説をしよう。

例によって僕はイサク・ディーネセンの小説版『バベットの晩餐会』をもとに解説しています。

STILL LIFE?「平穏な生活」っちゅうことか?

普通に訳せばそうなんだけど、そんな単純なハナシじゃないんだ…

表向きは「平穏な生活」に見えるけど、実際は違うんだよね…

第5章で描かれることを要約するとこうなる…

「バベットにルター派プロ

もっとみる

「Babette can cook」『バベットの晩餐会』徹底解説:第四章後篇



さて第4章「パリからの手紙」の続きを解説しようか。

前回は無駄話ばかりで全然先に進まなかったな(笑)

ええかげんな奴じゃけん、ほっといてくれんさい♪

もうええわ!

『刑事物語』の樹木希林、亡くなっちゃったね。

ふつう「『寺内貫太郎一家』『ムー』『はね駒』などのTVドラマでお茶の間の人気者となり、その後は『東京タワー ~オカンと僕と、時々、オトン~』『万引き家族』などの映画で見せた演技

もっとみる

「ヘアードレッサーって、どんな仕事?」『バベットの晩餐会』徹底解説:第4章前篇



さて、前半の山場である第三章も片付いたことだし、次は第四章の解説といこうか。

前回を未読の方はコチラをどうぞ!

第四章のタイトルは「A LETTER FROM PARIS」や。

カナダからとちゃうで、パリからの手紙やで。

第四章は、第三章で描かれたオペラレッスンから15年後の出来事。

マチーヌは34歳、フィリッパは33歳、そしてお父さんは亡くなっている。

筑摩書房版だと「16年後」

もっとみる

「オペラレッスンで何があったのか?」『バベットの晩餐会』徹底解説:第三章後篇



さて、イサク・ディーネセン『BABETTE'S FEAST(バベットの晩餐会)』第三章「PHILIPPA'S LOVER」に隠された裏の物語「裏筋」を解説しようか。

いや…

「裏筋」というより、こちらがある意味「本筋」なのかもしれないな…

本作における作者イサク・ディーネセンの筆先は「見えない筋をいかに描くか」ということに力が置かれているように思える…

裏筋マニアか。

変な意味ちゃう

もっとみる

「なぜパパンはキスを覚えていないのか?」『バベットの晩餐会』第三章徹底解説・前篇



ノルウェーの最北端に近い村Berlevaag…

険しいフィヨルドと閉鎖的な風土は、この地と外世界を完全に遮断し、よそ者の来訪を拒み続けていた…

この村には「黄色い家」と呼ばれる場所があり、そこには、かつて「預言者/予言者」として畏怖されたDean(監督牧師/教父)が、ふたりの娘Martine(マチーヌ)とPhilippa(フィリッパ)と共に住んでいた…

カリスマ的な教父の教えは「日常生活

もっとみる

第2章「持ってるマチーヌ」『バベットの晩餐会』徹底解説



では第2章を見ていこう。

誰やねん?

ほら、金田一耕助だよ。

今日は名探偵っぽいでしょ?

また脱線の予感が…

その前に「第1章」編はコチラ!

時には~母のない子の~よ~おに~♪

またその歌か!ナンボクまで脱線しないでよ!

収拾つかなくなっちゃうでしょ…

今回のテーマは「なぜ姉妹には母がいないのか?」やで…

なぜか教団内では存在がタブーになっとるオカンの謎が明らかにされるんや

もっとみる

イサク・ディーネセン『バベットの晩餐会』徹底解説:第1章



時には~母のない子の~よ~おに~♪

いきなりカルメンマキか!

なに懐かしい歌、歌っとんねん。

いや、ちょっとこの歌についていろいろ考えててね…

誰このおじさん?

さあ、知らない人。でもいい声してるよね。

さて今回は『バベットの晩餐会』の第1章を見ていくよ。

前回を未読の方はコチラをどうぞ!

この解説記事は、あくまで原作である「小説版」の解説やで。

「わたしの知ってる映画とは違

もっとみる

イサク・ディーネセン『バベットの晩餐会』徹底解説・序章



それではイサク・ディーネセン(カレン・ブリクセン)の『Babette's Feast(バベットの晩餐会)』を解説しよう。

1987年にアカデミー最優秀外国語映画賞を獲得したな。

日本でもファンが多い作品や。

知ってる、この映画!

お洒落女子の映画ガイドに必ず名前が出て来るやつ!

そうだね、名画ガイドには必ずと言っていいほど『バベットの晩餐会』は入っている。確かに「映画として」名作だと

もっとみる