web編集者

【依頼者向け】私にイラストを上手く頼む方法 5パターンの事例

「お仕事のご依頼について」を編集者さんに読んでもらったところ、「この次の段階、ラフは頼んでいいのかとか、そういうところを知りたい」というご意見をいただきました。

私はラフは必ず描くし、下描きレベルのものを描くタイプだと思います。
複雑なものについては、先にかなりざっくりした構成のみを「大ラフ」として出します。
でも、ラフといってもけっこう仕事のジャンルというか、どういうイラストかによるなあ…と考

もっとみる
ありがとうございます!書いてほしい記事のリクエストあればコメント欄に!
17

日本人は、変化を受け入れて適応するのが得意

コロナウイルスがもたらす変化として、個人的に注目しているのが「距離」だ。

「距離」は変化している。

今、日本人は移動する機会が少なくなって、必要最低限の移動しかしてしない。

いいことだ。

これまではどうしても「しなければいけない移動」が多かった。通勤や通学が当てはまるだろう。もともとは違ったかもしれないが、なんとなく強制感を覚えていた人もいるはずだ。

でも、これからは移動する目的を自分で

もっとみる

インプットとアウトプットのバランスを整えたいから、noteをはじめることにした。

コロナウイルスの影響で、仕事に対するスタンスが大きく変わった。

今までは自分が関わっているメディアをよりオモシロいと思ってもらうために、いろんなことを考えて、企画をつくって、協力者を探して、それを記事に落とし込んで、メッセージを伝えていた。

でも、今はそんな気持ちはない。

自分がオモシロいと思ったことを発信したい。

正直なところ、それをできるメディアがあるのであれば、それでいい。

でも、

もっとみる

大手広告代理店CDからフリーランスの編集者になるまで

20代前半、某広告代理店で少しだけ働いていたことがある。とにかく文章に関わる、何かクリエイティブな仕事がしたいと思って上京してきた私は、高い高いビルの21階でせっせと働いていた。

私は入社してすぐ、広告の制作部門に配属された。名刺に書かれた肩書はクリエイティブディレクター。業界未経験のド新人の私が到底名乗ってはいけない肩書で名刺をもらったときには恐れすら覚えたが、たかだか20歳とちょっとのばかな

もっとみる
好きの度がすぎる
29

編集者交流イベント『Web編の集い in 福岡』開催します

Web編集者の交流会『Web編の集い in 福岡』を開催します。
それぞれテーマを持ち寄り、「編集」についてゆるっとまじめに語らうランチor飲み会スタイルを予定しています。
初回なので、まずは少人数でしっぽり語り合えたらと思います。

<Web編の集い in 福岡 開催概要>
■日程:参加希望者間で調整します。なるべく希望者全員が参加できる日時で実施したいなと考えています。
■場所:天神周辺
■参

もっとみる
わーい ありがとうございます!
20

【仕事紹介・自己紹介】瀬野ひとみ(編集者・ライター)のまとめ

ご覧いただきありがとうございます。
この記事では、編集者・ライターの瀬野ひとみについて紹介しています。

よろしければお付き合いください。

自己紹介

瀬野ひとみ(せのひとみ)
編集者・ライター。1991年生まれ。福岡県出身。学校教員を経験後、広告制作会社にてクリエイティブディレクター、編集者となる。医療・教育分野のコンテンツをメインに手がける。
文芸活動においては生と生殖をテーマとした作品の制

もっとみる
やかんで湯を沸かしている夜が一番好きです
25

インターネット上に流通していない情報と人に目を向ける

インターネットに貼り付く生活を15年以上続けています。コンテンツ産業を生業にするようになってからは、もう完全に情報中毒ですね。

もちろん、企画を立てるときはネットで話題のものを拾うけれど、それはどの企業も当たり前にやっていること。そこで私は、できるだけ、インターネット上に流通していない情報を探してオフラインで交流するようにしています。

そもそも、大多数の人はネットで発信してない

もっとみる
池袋 過ぎたって この愛は え・い・え・ん
13

服が大好きなのに洗濯が大嫌いな私による「洗濯嫌いを乗り越えるための思考法」

服が大好きなのに洗濯が大嫌いだった私

料理、掃除、片付けは好き。でも、洗濯は大嫌いで苦手でした。一人暮らしをはじめてから25歳くらいまで、ひどい生活。おしゃれかどうかは別として、とにかく服が好きで、クローゼットがパンパン。それなのに「洗濯が嫌いだから」着まわしのために同じ服を買ったことも……。

「洗濯機回したことを忘れて出張に行き、生乾きのまま放置してカビさせてしまう(全部捨てた)」

「社畜

もっとみる
恋する乙女はチュッチュッチュルッチュ〜
35

完全フリーランスになって初月の業務量、全公開します。

7月から完全フリーランスになりました

6月末でレギュラーの仕事を手放して、「よっしゃ〜! 7月からどんどん働くぞ〜!」と意気込んでいたのだけれど、なんと今月はとにかくお仕事を断りまくることになってしまいました……。というのも、上旬は子どもが手足口病と発熱により保育園を欠場、下旬は夫が1週間入院。当然ワンオペ育児となり、お見舞いも必要になったからです。出張予定もあったけど、たまたま先方都合によって

もっとみる
愛あらばIT'S ALL RIGHT
10

私が独立する理由と、極力お金かけずに準備した22のTODOリスト

こんにちは。ピーター・ディーと言います。大阪でWeb編集者・ディレクターをしています。カルチャーマガジンの編集長などをしていますが、2019年7月に独立することになりました。

これから独立する人のためにも、私が独立しようと思った理由と、準備のために現時点までやったリストを書いていきます。

1.独立する理由を整理

→だいたい100個ぐらいあるんですが、一部
・産休明けの妻(会社好き)をサポート

もっとみる
ありがとうございます!励みになります
6