小沢あや

ピース株式会社 代表取締役。企画・編集・会話の力で、世界をピースにしていく会社です。「つんく♂の超プロデューサー視点!」編集長。豊島区公認池袋愛好家。お仕事依頼は公式サイトのお問い合わせからお願いします。https://thepeace.jp/

小沢あや

ピース株式会社 代表取締役。企画・編集・会話の力で、世界をピースにしていく会社です。「つんく♂の超プロデューサー視点!」編集長。豊島区公認池袋愛好家。お仕事依頼は公式サイトのお問い合わせからお願いします。https://thepeace.jp/

    マガジン

    • 編集しない日記

      育児中のフリーランス編集者の日常を、月4本〜更新予定。売り上げはすべて取材資料代にさせていただきます。単品より、マガジン購読した方が圧倒的にお得です。

    • 働く女と◯◯と。

      ポッドキャスト番組「働く女と◯◯と。」のマガジンです。ピースの小沢あやによる、働く女性のゲストを迎えたトークの一部や裏側を、こちらのマガジンでも公開していきます。

    最近の記事

    • 固定された記事

    小沢あや(ピース株式会社)経歴&お仕事実績まとめ

    この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

      • 2023年1月のピースなお仕事まとめ

        今月のピースなお仕事について、表に出せるものをまとめていきます。 「ヨックモック公式note」立ち上げ+「私とヨックモック」スタートヨックモックが好き、シガールが好き、と言い続けて淡々とシガールを食べていたら、まさかのヨックモックさんとのお仕事がスタートしました! 「InstagramやTwitterだけでなく、長文が投稿しやすいnoteで、お客様とゆったりとしたコミュニケーションを取るのはどうでしょう?」「工場や店舗で働くヨックモックの中の人同士の交流も生まれますし、社

        • 飲み会前の45分

          このところ、仕事関係者とは酒を飲まないようにしている。会食はするものの、ノンアルコールで完走することが多い。 同業者間の飲み会などはしばらく距離を置いていたし、少人数でのランチに切り替えている。お酒を飲むときは、夫と子どもを連れて居酒屋に行くか、1人飲みが基本だ。

          • 人生の醍醐味は、馬鹿馬鹿しい思い出をいろんな場所に置いていくこと

            2022年12月16日、Sexy Zoneの東京ドーム初単独公演を観てきた。私にとって、初めてのジャニーズのコンサートだ。 もちろんSexy Zoneの5人の存在や輝きはデビュー当時から把握していたが、明確に「気になる存在」になったきっかけは、2017年の歌番組でモーニング娘。と共演した瞬間である。「LOVEマシーン」のコラボレーションだった。 特番の中の一曲である。きっとリハーサルや練習時間も最低限だったに違いない。なのに、彼らのダンスのキレが素晴らしかった。さらに、S

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 編集しない日記
            小沢あや
            ¥500 / 月
          • 働く女と◯◯と。
            小沢あや

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            みんなで、歳をとっていく。

            この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

            2022年12月のピースなお仕事まとめ

            2022年、ピース株式会社は2期目に入りました。今年もたくさんのご縁に恵まれ、ピースなお仕事を積み重ねることができ、感謝です。 さて、12月のお仕事。表に出せるものをまとめていきます。 「つんく♂の超プロデューサー視点!」編集長つんく♂さんの会社「TNX株式会社」と業務委託契約をし、立ち上げから編集長をしている「つんく♂の超プロデューサー視点!」。3年目になりました。書き下ろしコラムや対談コンテンツなど大充実。全文無料記事もあるので、ぜひ。ソニー・ミュージックアーティスツ

            人生のボーナスタイムのようだった一年

            2022年が終わろうとしています。一言で表すと、「人生のボーナスタイムのようだった一年」。 これまでは仕事と生活の切り替えが鍵でしたが、シームレスというか、のんびりゆっくり働けた一年です。なんせ子どもが5歳になって、ほぼ手がかからなくなりました。親が寝坊すると、ひとりでパンと牛乳とバナナで朝ご飯を済ませてくれているレベル。さらにはまだ未就学児なので、学習のサポートが最小限で済むタイミングでもあり。 2024年4月には小学生になるので、この気楽さももう少しで終わり。「来年は

            【2022年ベストバイ】小沢あやが今年買って良かったモノ

            FASHIONSNAPのこの企画が、大好きなんですよ。 いろんな人の価値観や清水買いラインがわかって面白いんです。私もこのテンションで買ってよかったもの振り返りたい。「毎年欠かさずチェックしているブランドのひとつです」って言いたい。そんな気持ちが湧き上がってきたので、やります。おしゃれな顔をして、自作自演します。はい、やるよ! Mame KurogouchiのセットアップPEACESNAP(以下、P):小沢さんといえば、「限界母さんワンピース」のイメージですが、Mame

            アイドルの卒業スピーチと会社員の退職ブログに共通する構文

            2023年を豊かに過ごすための手帳。

            いかにもnote!なタイトルの日記ですね。気がつけば師走。いかがお過ごしでしょうか。 私は先日友人と一緒に手帳を買いに行く約束をし、その足でカフェに行き、お互い目標を立ててきたところです。これが結構いいんですよ。一人だとケッ!って思ってしまうような気恥ずかしいメモなんかも、友達とならできます。 10月くらいからLOFTやハンズの手帳売り場が賑わってきていますよね。できれば、同業者とか同世代とか、ライフスタイルが近しい友人と手帳を選ぶと、お互いの暮らしのポリシーや仕事の方法

            2022年11月のピースなお仕事まとめ

            もう師走がやってくるなんて信じられません。読者の方、いかがお過ごしですか? 私は先日、友達とハンズに行って来年の手帳を買ったところです。 もう12月、つまりモーニング娘。'22から加賀楓さんがご卒業をされてしまう。つらい。まだ心の準備ができていないのですが、今月もお仕事を振り返ります。 「つんく♂の超プロデューサー視点!」編集長つんく♂さんのマガジン「つんく♂の超プロデューサー視点!」、ピースが編集担当しております。書き下ろしコラムや対談コンテンツなど大充実。全文無料記事

            限界母さんファッション2022AW〜ヒートテックを味方につけろ〜

            「初デートにサイゼリアはアリかナシか」的に、インターネットでよく起こる議論のひとつ「ヒートテックは下着か服か」。 ここでいっちょ、限界母さんがこの論争に決着をつけます。「ヒートテックは、自宅と保育園をシームレスに繋ぐ最高の部屋着」です。 まず、リアルな朝を共有します。 5年間、育児をしてみて思うんです。急いでいるときって子ども優先だし、「自分が着替える」が面倒ではないですか? 「出社」とか「友達と会う」がある日は頑張れるけど、在宅勤務中の服ってどうでもよくないですか?

            移動限界45分

            Twitterの変化を受けて、今後のSNSとの付き合い方を考える

            久々のnoteマガジン更新です。いかがお過ごしですか? のんびりしているうちに本当にTwitterがイーロン・マスクに買収されて、どんどん変革されていくようで。「こんなにズブズブのTwitterが変わってしまったら、インターネットとの付き合い方どうしようかな。良い悪いは別として、アルゴリズムや空気は今と変わるだろうし」などなど、ぼんやり考えています。 アカウントを閉じる宣言をされている方もちらほら。私としては気軽につぶやける140文字フォーマットがとても性に合っているし、

            「他人を頼る訓練」としての家事代行のススメ

            共働き育児はまず家電から朱野:私、会社員で20代の時に、「15年後にお金持ってそうな層」の研究をしてたんですよ。 小沢:楽しそうな研究! 朱野:住宅設備を売っていく上でのリサーチだったんですけど。その時にすでに「パワーカップル」が誕生していて。彼らの消費行動が中心になっていくだろう、っていう風に言われていたんです。それで、共働きカップルの研究を結構して。 その時はまだ、実家サポート付きで高収入であるがゆえに家事代行をサービスいっぱい頼んで、家政婦さんがもうフルタイムでい

            2022年10月のピースなお仕事まとめ

            ※月末なの忘れてた!駆け込み更新。また明日以降で整えます! 今月もピースなお仕事がたくさんできました。その一部をご紹介いたします。 「つんく♂の超プロデューサー視点!」編集長つんく♂さんのマガジン「つんく♂の超プロデューサー視点!」、ピースが編集担当しております。書き下ろしコラムや対談コンテンツなど大充実。全文無料記事もあるので、ぜひ。 「アイスム」企画編集食とライフスタイルのメディア「アイスム」で、連載「きのう何作った?」を制作担当しています。 「SUUMOタウン」