㊗️ご快復!山下達郎ライブ楽屋に現れた〈トレンディなオッサン〉??

実は、実話。

“あの”山下達郎さん、

かつてはライブ後

「出待ち」するファン一人ひとりを楽屋に入れて

サイン会(のようなこと)をされていた。

筆者も「出待ち」するひとりだった。

神奈川県民ホールでのライブ後、

いつも通りに「出待ち」をしていたところ。

見たことのある男性が楽屋に入ろうとする。

よく見るとやはり

テレビで視たことがある〈アノ人〉だ。

高身長の〈アノ人〉は、

もっとみる
人生はROCKだ!
2

Vol.17 ぎんざNOW! ①概要編

バラエティ番組の革命

1972年から79年までTBSテレビで夕方の時間帯に放送されていたバラエティ番組です。
「銀座テレサ」というサテライトスタジオに観客を集め、そこから毎日生放送する「笑っていいとも!」のようなスタイルで、夕食時間(いわゆるゴールデンタイム)前の視聴率の取りづらい時間枠に学校から帰ってきた中高生をターゲットにすることで大ヒットしました。

関東ローカルの番組なのですが、実は先に

もっとみる

私を誹謗中傷した人への対応

私を誹謗中傷した人のSNS、ネット掲示板などの投稿について書いています。

私はこれまで誹謗中傷を受けて、とてもショックでした。

これまで生きてきて、初めて感じるほどの悲しみと怒りでした。

今は周りの人に相談し、慰めてもらってなんとか平静を保っています。

私がおそらく初めてインターネット上で誹謗中傷を受けたのは、私がテレビ番組に出演したときです。

今後も、別件でそのようなことがあるかもしれ

もっとみる

バーチャル張本さん

テレビ・ラジオ問わず、最近では「リモート収録」を多く見聞きするようになりました。

特に、テレビ業界におけるバラエティ番組においては、新たな試みとして注目が集まっていますが、私個人としては特段物珍しくはないかなという印象を持っています。

リモート収録の技術自体はありましたが、コストが莫大にかかるゆえに、テレビ業界ではあまり多用していませんでした。
しかしながら、科学技術の進歩は著しく、近年ではス

もっとみる
励みになります!
12

カルテットをようやく視聴

https://www.hulu.jp/quartet

2017年にTBS系列で放送されていた「カルテット」をhuluにてようやく視聴。なんでこんな良作を未見だったの!と不思議で放送期間を調べてみたら、2017年1月17日~3月21日。この間のわたしは就職活動真っ最中で、ドラマなんて見ている余裕はなかったです。リアルタイムで見ていたら相当な影響を受けていたはずなので、見なくてよかった、今見て正解

もっとみる
ありがとうございます!
1

「坂上&指原のつぶれないお店」で放送のオイシックス(oisix)の情報まとめ

オイシックス(oisix)が、TBS「坂上&指原のつぶれないお店」でテレビ放送!

外出自粛モードの世の中と、全国から選び抜かれた安全性と美味しさを備えた素材を家まで届けてくれるサービスが、今大人気!

そんなテレビ番組で紹介されるオイシックス(oisix)のことをダイジェストでまとめました。

おそらく「坂上&指原のつぶれないお店」の放送を見て、注文が殺到するはず!

番組を見てオイシックスが気

もっとみる

MBS(TBS)ドラマイズムで「映像研には手を出すな!」観た

先に最終回(録画)観ちゃったよ。

映画もやるでよ。百目鬼氏はドラマでちょっとしか出てこなかったから映画で出てくるんだろう。楽しみだぜ。

原作と実写化の幸せな乖離。

原作ファンも乃木坂ファンも納得の出来栄え。

原作がもともと好きで、全巻持ってますが、

同じようで違う、まるで並行世界。

全6話、非常に楽しみました。

アニメは未視聴ですが。

1話を観たときに感想をつぶやいたんですが、

もっとみる

嘘のないヒト

こんにちは。

1人で過ごす毎日の"おかげ"で

皆さんも大切な人に気づけたり

自分に必要なものって何なのか

考えたのではないでしょうか?

私もこの2ヶ月、いつも以上にテレビを観て、新聞を読み、ラジオを聞きました。

どんな風に伝えていて

それをどう受け止めるのか

考える時間がたっぷりある"おかげ"で

こんなにも、コトバって

届いたり、届かなかったり、響いたり、響かなかったり、するん

もっとみる
ハピネス🧡
197

続・時代劇レヴュー㉜:雲を翔びこせ(1978年)

タイトル:雲を翔びこせ

放送時期:1978年9月

放送局など:TBS

主演(役名):西田敏行(渋沢栄一)

脚本:広沢栄

TBSが1978年に放送したスペシャル時代劇で、幕末から明治にかけてを舞台に、実業家として活躍した渋沢栄一の半生を描いた珍しい作品である。

渋沢の青年期から物語は始まり、多くの志士や幕府の要人などと関わりながら成長していく渋沢の姿や、従兄で自身も明治になって実業家とな

もっとみる