ZinRyu

カルマンソロジーは本当に良い靴なのか?(おまけ:ZINRYU氏の妄想について)

日本製で10万超え、新進気鋭の革靴のブランド『カルマソソロジー』について、全然誰も何も言及しないから簡単にまとめておく。ググってもYouTuberのカスみたいな動画ばかりでひどすぎる。ちなみに筆者は好きでもないし嫌いでもない。ニュートラルな記述を心掛けるので、文芸要素も少ない。淡淡とその価値について批評する。

ブランドストーリー的なものは適当にどこかで読んで適当に把握して欲しい。

①「作り」は

もっとみる

自称靴師ことZINRYU氏のまとめ、疑惑、デマ (追加:2020.12.26)

インターネットで「靴師」を自称するZINRYU氏のまとめです。

「ZINRYU」とは?

靴の木型を削る「ラストメーカー」を副業で行い、主にTwitterで様々な靴のブランドを評論している自称「靴師」。
※大塚製靴の創始者「大塚岩次郎」が自らを「靴師」と称したことが元ネタの様子。
元々は2ちゃんねるのスレで活動していたという情報あり。
"Japan Leather Award 2015”日本エコ

もっとみる

091話:純正シューツリーに匹敵するシューキーパーを身の回りの品100円以下で実現する方法

靴が届きましたー!!

そのときの高揚感…至福です。そのために生きているとさえ思ってしまう。これからずっとずっと履いて、育てていこう!磨いたりケアしたり…そこからどんな表情を見せていくれるのか?妄想が止まらない。

かげかげのない一足にしたいものです。

ただ、最初に立ちはだかる関門がシューツリー。ラスト(木型)から起こしたツリーがない場合、どのようなツリーを合わせれば、型崩れしないのか?きっと諸

もっとみる
読んでいただいて嬉しいです。価値ある情報を発信できるよう頑張ります!
14

090話:足に合う靴に出会える方法

足に合った靴の良さを一人でも多くの方に実感して欲しい!

そんなわけで、WEBには落ちていない情報満載の靴の良さ・選び方を無償で公開します!これさえ読めば、きっと足にあう一足にたどり着けるはずです。

内容の一部:
✓足にフィットする革靴が見つけられない3つの壁
 (統計データでも説明しています)
✓足に合った革靴をプロが構築したアルゴリズムで推薦するWebサービス(無料)
✓試着の際に使える、誰

もっとみる
ありがとうございます。リクエストがありましたらお気軽にどーぞ
57

089話:マジックでコバ手入れ

ガンガン履くと、こんな風にコバが削れて元の革の色が出てくることがありますね。。。

こんな場合、、コバインキを使うのが一般的です。

でも、、液垂れしますし、、それが家の床にでも落ちたら、ZinRyuの家庭の危機なのです。。それに、取り出すのが面倒くさい💧子供2人を寝かしつけて時間をとるのが億劫になるときもありますね。

そんなわけで、これを使っちゃいました。

やり方を説明します:

STEP

もっとみる
ありがとうございます。リクエストがありましたらお気軽にどーぞ
37

088話:オーダー靴の価格について

1足30万円は高いのだろうか?

世の中には5千円で購入できる革靴があることも考えれば高嶺の花なのかもしれません。ここでは、個人が高く感じるかどうか?ではなく、職人が生きていけるか?を考えた観点で考えてみたいと思います。

・靴1足あたりの材料費や工賃はいくらなのか?
・工房を運営するにあたり経費は?
・1月あたり、職人にはいくらお金が残るのか?

ZinRyuは職人として生活しているわけではあり

もっとみる
あなたの応援が、私が作る靴へのプラスになります。
24

087話:現在進行中のプロジェクト

プロジェクトを複数立ち上げていることもあり、それぞれの進行状況をみなさまにお伝えすることにしました。

万が一、もしこの中に依頼しているけれど、挙げられていないプロジェクトがありましたらご連絡ください。

なお、タイトルに★がついているものが、今ZinRyuの方にボールを持っているタスクです。

1.ビスポークシューズ製作
#エイ革のブーツ  
難航しています。依頼先の工房で、製甲(カットは済み)

もっとみる
あなたの応援が、私が作る靴へのプラスになります。
10

086話:仮縫いのやり方(ZinRyuの場合)

仮縫いとは:

靴のビスポークでは、採寸した後に個々の足に合わせて木型を製作します。それゆえに、それだけ攻めて木型を削り込めるため、よりフィットし無駄のないフォルムを実現できます。

「仮縫い」とは、そのフィット感やフォルムを確認する工程です。通常は履く人が作り手と協力して、フィット感などをブラッシュアップしていきます。

      👇
採寸 → 仮縫い →引き渡し時の調整

ZinRyuが普

もっとみる
靴を作る活動もしっかり行っていきます!
5

085話:タイトすぎる革靴を履きこむ方法

今回は、自分よりウィズが1段階狭い靴を、ハーフサイズ落として履き込んでみるという実験です。

1:何故そんな事しようと思ったのか?

色んな方のフィッティングや、靴にするラストを削っていて、一つの仮説に行き着きました。

「足にあった形であれば多少の誤差は履きこむうちに吸収される」

私ZinRyuは木型設計者として、緻密なイメージをもたれがちなのですが、実は工作精度は極悪で、そんなに器用ではあり

もっとみる
スキありがとうございます。新しい靴を作るための活力になりました!
16

084話:インソールの作り方

手持ちの革靴が緩い場合、有効な手段として、インソールを靴に入れるという調整法があります。

 このnoteは有料設定していますが、最後まで公開しています。修理や靴屋を営んでいる方にも広く応用が利く内容ですので、役に立ってなおかつ気が向いた方は支援していただければ、今後の活動の励みになります!

インソールとは:

このように1mm程度の革を靴の中底に沿って切り出したものです。これを靴の中にいれるこ

もっとみる
ありがとうございます「こんな情報ほしい」がありましたら教えてください!
22