悪魔的レザークラフト「登頂間近」
+2

悪魔的レザークラフト「登頂間近」

こんちは。 大雨降りしきるここ伊勢志摩。 みなさまのお住まいはどうですか? ↑ 前回の作業風景です。 さて、今日もやってきました。 悪魔的レザークラフトの時間ぞな。 今日はラウンドファスナーで一番大事な 張り合わせの作業。 「針合わせ」と勝手に造語を作っちゃうほど ダイジな作業なんです。 ここでしくじると滑落・・・ しあがりがとても不細工になっちゃうんですわ。 内側の本体と内側のマチの針合わせ。 内側の本体と外側のグルリの針合わせ。 ここは全

スキ
20
革のおはなし-3

革のおはなし-3

書店で初心者向けの本を買ってみた。 キーホルダーやコインケースなんかの革小物の作り方は載っていたけど鞄の作り方は掲載されていない。革鞄の作り方が載っている本を見つけても、ごくごく簡単な鞄ばかり。専門店で売っているような鞄の作り方が載っている本はほとんどない。 次は鞄工場に問い合わせてみた。 住んでいた場所の近くに鞄工場らしき建物があった。「らしき」というのはそこに「鞄工場」と看板が出ているわけではなく「◯◯工芸」という名前の看板が出ていた。でもいつも横を通り過ぎる時に窓

スキ
6
悪魔的レザークラフト「いま中腹也」
+3

悪魔的レザークラフト「いま中腹也」

こんにちは。 昨日と今日の 悪魔的レザークラフトぞな。 いよいよラウンドファスナーコインケースも 登頂アタックに差し掛かりました。 外部と内部の針穴あけ、という ラウンドファスナーの命を手がけましたよ~。 内部パーツと内部本体の穴をあけます。 外部と内部をゴムのりで接着します。 このゴムのりは、あまりくっつかないので はがさなければならないときに適しています。 なんどもトライ&エラーを繰り返し続けた ラウンドファスナー。 ようやく要領をつかんできました。 今

スキ
27
革

革製品って独特な匂いするよね。 匂いすぎたらクセになるくらい。 いや、ものによるか。 今日は久しく使ってない革のバックの匂いを"少しでも…"と思って日陰に干した。 さあ、どうかな? いや〜、これでまだ香ってくれたらキミの個性ッッ ん〜、匂いも革特有だからね、味わう。 タンネリ革といえば、モロッコに革製品を作り出してる街に行った時、リアルガチの革を見て匂って、それはすごかった‼︎ ウゥッ ばらまき土産に買った小物の革製品を友達に渡すと、何とも言えないお顔をするッッ!

【ズブの素人ですが】革のメンテナンスにチャレンジしてみた
+10

【ズブの素人ですが】革のメンテナンスにチャレンジしてみた

休日と言えばnoteを更新します、Semi.です。 状況としては現在コインランドリーでシューズを洗っておりまして、空腹と暇を持て余してスマホでポチポチ書いてます。 さてさて突然ですが私は革製品が好きです。 とっても好きなんです。 確かに革製品は全て生きものの命から生まれたもので、環境的にも倫理的にも本来いいものではないのかもしれないけれど…。 あの革の持つ柔らかくて優しい感触がたまらなく好きなんです。 そして定期的にメンテナンスをしてあげれば革製品ってすごく持つと

スキ
7
ブライドルレザーブリーフケース準備工程編
+16

ブライドルレザーブリーフケース準備工程編

皆様こんにちは。 2日に1度、工房寝落ち、全身痛くて、目が覚める 2日に1度、布団で眠りゃ、直様悪夢で、目が覚める こんな都々逸が出来る日々にも負けず製作中の鞄の準備工程を写真で綴ります。 先ずは製図から。 部分的な試作をしながらの製図。 この時点で丸3日掛かってます。 続いて荒裁ち。 ピット槽鞣しのブライドルレザー。 厚みは元厚に近い5.2mm厚。 お客さんからの達ての願いで極厚のまま制作します。 それから大量に鉋掛け。 ほぼ木工です。 ひたすら漉いたり貼っ

スキ
12
大切にしたいスニーカーの理由
+7

大切にしたいスニーカーの理由

僕は小さな規模のスニーカーブランドをやっています。 名前はblueover(ブルーオーバー)と言います。 2011年の4月に発売され、10年がたちました。 10年。 そう書くとすごい時間がたったんだなぁって、思いますが、あっという間な気もしてます。 ブルーオーバーは国内の靴の工場さんと一緒に作っている、とても小さなブランドです。10年たってもその規模はあんまり変わっていません。 僕個人が立ち上げて、いろんな仲間にたすけられて、いまでも買っていただいてるお客様がいま

スキ
15
\Makers by drip/上着に隠れるサコッシュ Inner Sacocheをイマ購入した理由。
+10

\Makers by drip/上着に隠れるサコッシュ Inner Sacocheをイマ購入した理由。

5月に発売され即完売という人気を博した、dripさんの新ブランドMakers by dripのアイテム。上着に隠れるサコッシュ Inner Sacoche(インナーサコッシュ)。 発売開始時には、購入を見合わせたわけですが、9月8日にdrip公式LINEから再販売の知らせが寄せられました。 今回は購入を決め、そして、本日届きました。 今回の記事は、販売開始され、即売り切れてから4ヶ月ほどたち、なぜ購入することを決めたのかを説明していきます。 私は、出かける際に基本的に

スキ
10
Montblanc Meisterstück ル.グラン

Montblanc Meisterstück ル.グラン

高級筆記具メーカーMontblanc写真は”Meisterstück (マイスターシュテック)ル.グラン” MontBlancの万年筆の中では定番中の定番である1924年誕生のモデルMeisterstück 。ペン先には、ブランド名にもなっているフランスとイタリアの国境に位置する、ヨーロッパアルプスの最高峰の山モンブランの標高”4810”が刻まれています。 Mont Blancという名前は「白い山」の意(コトバンクより)。そこから連想されるような、ホワイトスターと呼ばれる

9月の店舗営業につきまして
+1

9月の店舗営業につきまして

9月の店舗営業につきましては、基本的には予約営業となりますが、(メール、電話等でお気軽にお問い合わせください。) 仮にお店に来ていただきました際に、開いておりましたらそれはそれでOKとなります。 色々と不安定な日々ですが、健康なことが一番です。 まぁ、ほとんどお店は開いていますのでカブトムシに会う確率よりは俄然高くお待ちしております。 10月からは通常通りカレンダー通りの営業となりますので、宜しくお願い致します。