NTT出版

#01槇文彦×真壁智治③ オープンスペースは誰のものか?

書籍 『アナザーユートピア』(NTT出版)を起点として、これからの街づくりのヒントを探るトークイベント「Talk Night オープンスペースから街の未来を考える」。2019年10月24日に開催した第一回目では、「アナザーユートピアをめざして」をテーマとし、建築家の槇文彦氏とプロジェクトプランナーの真壁智治氏をお招きしてお話を伺いました。(全3回)

▶ ①なぜいまオープンスペースなのか?
▶ ②

もっとみる
スキありがとうございます!
6

#01槇文彦×真壁智治② オープンスペースを活かした街づくり

書籍 『アナザーユートピア』(NTT出版)を起点として、これからの街づくりのヒントを探るトークイベント「Talk Night オープンスペースから街の未来を考える」。2019年10月24日に開催した第一回目では、「アナザーユートピアをめざして」をテーマとし、建築家の槇文彦氏とプロジェクトプランナーの真壁智治氏をお招きしてお話を伺いました。(全3回)

▶ ①なぜいまオープンスペースなのか?
▶ ③

もっとみる
スキありがとうございます!
6

#01槇文彦×真壁智治① なぜいまオープンスペースなのか?

書籍 『アナザーユートピア』(NTT出版)を起点として、これからの街づくりのヒントを探るトークイベント「Talk Night オープンスペースから街の未来を考える」。2019年10月24日に開催した第一回目では、「アナザーユートピアをめざして」をテーマとし、建築家の槇文彦氏とプロジェクトプランナーの真壁智治氏をお招きしてお話を伺いました。(全3回)

▶ ②オープンスペースを活かした街づくり

もっとみる
スキありがとうございます!
3

#01槇文彦×真壁智治「アナザーユートピアをめざして」(全3回)

建築家・槇文彦さんを中心に編まれた書籍 『アナザーユートピア―「オープンスペース」から都市を考える』(NTT出版)。この本の続きを執筆者に伺うことで、これからの街づくりのヒントを探るトークイベント「Talk Night オープンスペースから街の未来を考える」を開催いたしました。
2019年10月24日に開催した第一回目では、「アナザーユートピアをめざして」をテーマとし、槇文彦氏とプロジェクトプラン

もっとみる
スキありがとうございます!
6

音楽・ダンス・芝居を誰もが楽しめるように、舞台をつくる人は何をすればいいんだろう?

書籍の一部の紹介を通して「鑑賞サービスって何」の疑問にこたえます。第1回は、3つに分けられる鑑賞サービスのなかの1つ、情報や場所に人を“つなぐ”サービスの具体例をご紹介。[本書第5章・1節より]

1 鑑賞サ ービスの種類

 鑑賞サービスとは、より多くの人が舞台芸術を鑑賞できるようにするための工夫です。鑑賞サービスは、次の3つに分けられます。

  ①「情報や場所に到達するまでの接続/移動」
 

もっとみる

【NEWS】「Talk Night オープンスペースから街の未来を考える」第2回・第3回の予約開始

第1回開催模様について

2019年10月24日、「Talk Night オープンスペースから街の未来を考える」の第1回が開催されました。「アナザーユートピアをめざして」をテーマとし、建築家の槇文彦氏とプロジェクトプランナーの真壁智治氏により、オープンスペースについての示唆に富むトークが行われました。

槇文彦氏から、これまでの経歴や近年までの様々な実績への考察を交え、論考「アナザーユートピア」に

もっとみる
スキありがとうございます!
7

【NEWS】「Talk Night オープンスペースから街の未来を考える」全3回を開催

10月24日(木)・11月21日(木)・12月3日(火)、青山にあるSHARE GREEN MINAMI AOYAMAにおいて、槇文彦氏書籍『アナザーユートピア』と連動したトークイベント、「Talk Night オープンスペースから街の未来を考える」を開催します。

<日程・テーマ・登壇者>
第1回 10月24日(木)
アナザーユートピアをめざして
槇文彦(建築家)×真壁智治(プロジェクトプラン

もっとみる
スキありがとうございます!
16

大山の麓にて

(2012/08/19記)

 初めてお誘いいただいてからほぼ十年。ようやく鳥取県伯耆町を訪れた。目的地は植田正治写真美術館である。当時、熱心に誘いの声をかけてくださったのは仲田薫子さん。植田さんのお孫さんに当たる。

 そのころ私は、東京外語大の教授だった荒このみさんが編者となり、河島英昭さん、小池滋さん、増田義郎さん、松山巌さんら錚々たる筆者が原稿を寄せてくださった『7つの都市の物語』

もっとみる

書籍『アナザーユートピア』より、建築家・槇文彦さんの巻頭エッセイ「アナザーユートピア」を公開

世界的な建築家、槇文彦さんの最新刊『アナザーユートピア』が刊行されました。槇さんはエッセイ「アナザーユートピア」で、これまでのように建築から都市をつくるのではなく、「オープンスペース」――広場、路地、道、空き地、原っぱ、等――を中心につくることが、都市の未来、賑わい、人々の交流をつくるのではないかと問題提起し、都市における「オープンスペース」の価値への再考を促しました。これにたいして、建築家、都市

もっとみる

『隈研吾という身体――自らを語る』刊行記念トークイベント 隈研吾×大津若果×真壁智治(後篇)

建築・都市レビュー叢書5、大津若果『隈研吾という身体――自らを語る』(NTT出版)の刊行を記念して、2019年1月14日、東京表参道の青山ブックセンター本店で、隈研吾×大津若果×真壁智治のトークイベント「進め! 建築の外へ」が行なわれました。
(以下はトークの内容を一部抜粋・編集したものです。)

(書影をクリックすると、3/2に大阪・梅田蔦屋で行われるイベントにジャンプします)

―――――――

もっとみる