CINEMA4D

モーションキャプチャ face rig

cinema4dの新機能を使って顔のモーションキャプチャをやってみました。作成方法は後日記載します。

illustratorデータを3D化するとこうなります。

illustratorデータがあれば、cinema4dを使用して3Dにすることができます。会社のロゴ、バンドのロゴ、youtuberのロゴAiデータで何でも3Dにすることができます。制作方法は後日noteに載せます。

【Cinema 4D】タグのカラー変更機能が役に立った話

久しぶりの投稿です.

ここ数週間webGLに関する作業をこなしていました.Cinema 4DもS22へ移行し,強力になったUV展開機能に助けられています.

webGLに関してはS22でgltfエクスポータが標準搭載されたので色々と試していました.基本的には問題なく利用できていますが,一点,複数のUVWタグが書き出せないのが少々悩みどころでした.この点についてはBlenderを使用する事で今のと

もっとみる
ありがとうございます!
2

再び

今年の始め頃にWindowsデビューしたわけですが、再びマウスコンピューターにお世話になりました。今回はノートPC。最初に買ったものと同じG-Tuneというシリーズのものです。

OS/Windows10 Home
CPU/Core i7 6コア 12スレッド 3.2GHz
メモリ/64GB
グラフィック/GeForce RTX2060
ストレージ/SSD 480GB
ディスプレイ/16.1型フル

もっとみる
ありがとうございます:D
3

[cinema4d]イラレのパスを立体化したい

●イラレのパスを用意します。出来たら保存。
●保存はPDFもチェック

●c4dのプラグインでcv-artsmart
●保存したaiを選択するとパスが出来る

●パスに押し出しを適用すれば立体化される
●淵だけ押し出しされる場合は、パスを閉じるをチェックする

もっとみる
ありがとうございます!
6

[cinema4d]002:球体をうねうねさせたい

●球体に変位ノイズ
●変位の高さは自由に

●球体に頂点ウェイトと選択
●頂点マップが出来たらフィールドを作成
●フリーズをグロー
●線形フィールドを上に持ってきて、物体に当たると頂点マップが変化する
●フリーズの半径にランダムを追加すると変化の仕方が変わる
●ランダムフィールドはアニメーション速度を設定しないと全部変化しない

●変位の減衰に先ほどの頂点マップを入れると完成

もっとみる

[cinema4d] 001:物体を割りたい

●球体(割りたい物)にボロノイ分割。
●ボロノイ分割にリジットボディタグ
●平面(ぶつかる場所)に衝突タグ

●ボロノイ分割のリジットボディタグのタグの継承を子にも適用

割れる

●反発や摩擦を変更すると飛び散り方が変わる

もっとみる

知らないままでも時間は過ぎる②

ホラー映画を4Dで観たことがある。

 4Dは映像に合わせて椅子がいろんな角度に動いたり、水、風、香り、振動など、アトラ クションさながらに映像体験が楽しめる。 

 その日は直前に他の映画を見ていて飲み物を持っていたが、4D上映では揺れや振動によって溢れる可能性があると思い、慌てて一気に飲みながら席に向かうと2つ後ろの席の人は普通に飲み物とポップコーンを持って座っていた。もしかしたらそんなに気に

もっとみる

Cinema 4Dオブジェクトトラッキングビデオチュートリアル

2020年6月17日15時に開催したCinema 4Dのオブジェクトトラッキング機能を解説するウェビナーのアーカイブを公開しました。

このテクニックを覚えると、おもちゃの武器を持って撮影、形の違うCGの武器に差し替えるといったことができます。

今回のチュートリアルで使用する撮影素材はこちらからダウンロードできます。

実際トラッキングを行ったプロジェクトファイルはこちらから打ウンロードできます

もっとみる