【小節】拍子(死なないために生きるむなしさ)

小五郎です(`・ω・)ゞおはよー

この「テレサとカフカと作曲の日々」は「絶望名人カフカの人生論」と「マザー・テレサ 日々の言葉」の一説を記載しつつ、作曲について書く、作曲についての勉強の note です。

今日のカフカの一言

「死なないために生きるむなしさ」
(絶望名人カフカの人生論)

生きる目的が、死なないだけと言うのはなんともツラい感じですね。しかし、よく考えてみると自分は「死なない」

もっとみる
ありがとうございます(∩´∀`)∩ワーイ
4

ビートとか作ってみたり

プログラミング始める前からビート作成を行っていました。最初に買った機材はMPC1000。よくわからんピエロがついているあれです。高校生の頃バイト頑張って買いました。

買ってすぐは、音楽の知識もリズム感もなくメトロノームに合わせて叩くもドラムがぐちゃぐちゃで挫折したのは良い思い出です。
大学でジャズをやってリズム感を得て、ネラルトさんやスペカンさんの記事を参考にさせてもらいなんとか一端に叩けるよう

もっとみる
スキありがとうございます。この記事がお役に立てたなら光栄です。
2

BLM・香港民主化運動あるいは安倍政権・lo-fi hiphop〜日刊弁慶2020.9.5

ローファイ・ヒップホップ第二弾です。一応断っておきますが、lo-fiディスじゃないですよ笑。ある意味お世話になっているし、多少恩もあります。なにせ、おかげさまでビート・ミュージックにスポット当たるようになったし。まあ別にビート・ミュージックをやりたいってわけでもないんですけれども。世の中大雑把ですので、僕はヒップホップの人だしビートの人だし、パーハップス、ローファイの人でしょうよ。

BLM・香港

もっとみる

本日の一曲 6日目 Sidewise Dub - memotone

ブリストルを拠点とするマルチインストゥルメンタリスト、作曲家、プロデューサー ウィリアム・イェーツ(William Yates)によるユニットmemotoneの2019年リリースの一曲。

メランコリーなダブといえば、まさにネリー・フーパー以来脈々と続くブリストルならではのサウンドプロダクツだが、WIRE誌が『まるでRudy Van GelderがImpulse!のために録音したセッションのダブヴ

もっとみる

kojikoji 127 _ STUDIO75覚書 vol2

6月の後半。
この時期、kojikojiさんは学業で忙しかった模様。
そのあいまにデモスケッチの録音をしていたようだ。

『ほろよい』のデモデータがBASIくんから送られてくる。
それと
とある曲のリンクが。
いわゆるリファレンスだ。

BASIくんがそのリファレンスで伝えたかったことは
kojikojiさんの歌とギターが前面にきて
そこに
パーカッション類とかストリングスとか
音数少なめに支える

もっとみる
やった〜!
5

ベネチア国際映画祭「VENICE VR EXPANDED」にVRアニメーション『Beat』ノミネート

(以下プレスリリースより抜粋)

VRアニメーション『Beat』、第77回ベネチア国際映画祭 VR部門「VENICE VR EXPANDED」にノミネート

2019年の『Feather』に続き、伊東ケイスケ監督によるVRアニメーションが2年連続でベネチア国際映画祭にて上映決定

株式会社CinemaLeapと株式会社WOWOWが共同製作を行ったVRアニメーション『Beat』は、第77回ベネチア国

もっとみる
わたしも好き!

ヴェネチア映画祭に日本のVR作品がノミネート、観客の鼓動に呼応するインタラクティブな体験【#55】

今日のトピックは「Haptics(触覚)技術を利用したVRアニメーション『Beat』」について。
昨日は「IKEAの新しい生活様式に向けた18のARプロジェクト」をまとめています。ぜひあわせてご覧ください。

―――――――――――――――――――――――――――

こんにちは、こんばんは。
VR/ARの会社を設立した大学院生(@iwhododo)です。
VRは注目の高い領域だけに、日々大量のニュ

もっとみる
ありがとうございます!
8

diz - SABORI (Prod.Wetflxx)(Video)

■■■■■■■■■■■■■■■
■Mail
elevirexe@gmail.com
■BANDCAMP
https://dizhomebody.bandcamp.com/albu...
■note
https://note.mu/deibsk
■Twitter
@oddmonado
■■■■■■■■■■■■■■■
Lyricー歌詞
■■■■■■■■■■■■■■■
いけないよ
サボりが出ちゃうし
もっとみる

90年代の音楽を知らないアナタへ その57 IF YOU HAD MY LOVE(99)/JENNIFER LOPEZ 新世紀のラテンディーヴァ衝撃のデビュー

ジェニファーロペスの音楽デビューは期待以上だった。予想を遥かに超えた音楽のクオリティが「本気度」マックスだったのだ。

それまでラテン系の中途半端なスター女優の(勝手な)イメージだったんだけど、直前に出演したジョージ・クルーニーとの共演作「OUT OF SIGHT」での姿がもの凄く魅力的でちょっと世界的にブームになった時期があった。この映画を切っ掛けとしてジェニファーロペスへの注目度・認知度が世間

もっとみる
俺も「スキ!」
5