巫話:どんな風に見えてるの?とよく聞かれるので必死に説明してみる

私は「どんな風に見えてるの?」と本当によく聞かれる。

言葉では説明が難しくて、いつもどう説明したものか・・・と困っていたのだが、やはりここはなんとかして説明せねばならない。説明責任というものである。

私は、皆様が想像する「みえる人」とは少々異なるようだ。

まず、こう視覚的にリアルに見えるわけではない。霊能者の方の中には、人間と区別がつなかくて困る方もいるらしい。が、私はその分類には当てはまら

もっとみる
魔界の過疎村より心からお礼申し上げます
2

スピリチュアルな世界は信じるものではなく探究するものです

私は神秘の世界を肯定しています。
だからと言って科学を否定しているわけではありません。

どちらか一方だけに偏ることなく、どちらも尊重して生きることが大切だと思っています。

科学がどんなに進歩しても私たち人間にはまだわかっていないことがたくさんあります。
例えば、「私たちは何処から来たのか?」「命とは何か?」「死とは何か?」というようなことです。
それが神秘の世界(スピリチュアルな世界)です。

もっとみる

お知らせ「12月4日から、亡くなった方々の現代アート「My Fair Prisoners!?」を行います!」※全文掲載

そもそも

「何故亡くなった方々と話せるのか?」

大きな疑問を持たれるのが当然だと思います。

 しかし、僕が脳出血の直前に「超怠悟(ちょうだいご)」と言って、「死は全ての終わりではない。死後の世界は確実に存在する」事を悟った為に、亡くなった方々と念話(※ねんわ。霊能者が用いる話法)で話せるようになりました。

 2020年12月4日は、京都大学で臨床心理士の先輩の河合隼雄さんです。それから有名

もっとみる
ありがとうございます!

霊能力があるアスペクト

最近、霊能力のアスペクトについて考えていました。

霊能力がない人はこの世にはいないと思います。誰しもが、虫の知らせ的な直感能力は、相当社会で社畜になって、心が潰されてなければ持っているはず...

しかし、幽霊が見えるというわかりやすい霊能者から、未来を見据えたような経済手腕な社長、相手の動きを読むサッカー選手等々... この人、霊能力使ってません??常人じゃねえ...という人もいるじゃないです

もっとみる
ヘカテ、嬉しい!
18

エッセイ「本人達から聴いた、ジョン・レノンは、親友に撃って貰った事が本当の真実」※全文掲載

 社団法人真色の霊能者部「Ma vraie pensée(邦訳:本当の私の想い)」(所長:リリー、副所長:パトリック・ステイシー、 顧問:僕)では、亡くなったご家族とも本当に、過去の実際に存在していた偉人や有名人とも、直接話す事が出来ます。嘘ではありません。1回50分5000円です。(※スタッフは全員日本語が読み書き出来ますから、安心して申し込んで下さい。例え日本人以外でも、しっかり対応出来ますか

もっとみる
ありがとうございます!
2

12月4日から、亡くなった方々の現代アート作品「My Fair Prisoners!?」を行います!!

そもそも

「何故亡くなった方々と話せるのか?」

大きな疑問を持たれるのが当然だと思います。

 しかし、僕が脳出血の直前に「超怠悟(ちょうだいご)」と言って、「死は全ての終わりではない。死後の世界は確実に存在する」事を悟った為に、亡くなった方々と念話(※ねんわ。霊能者が用いる話法)で話せるようになりました。

 2020年12月4日は、京都大学で臨床心理士の先輩の河合隼雄さんです。それから有名

もっとみる
ありがとうございます!

巫話:御神籤を通して届いた、魔界の父、「おとん」からのメッセージ

人間界の父の話ではなく、私をこの人間界へ行くように命じた、魔界のドン、通称「おとん」。

この魔界の父、「おとん」には名が無い。ので、「株式会社魔界の社長」とか「おとん」とか好き勝手呼んでいるのだが、このおとんは誠に物静かで本当に昔から多くを語らず。

つまり全て「こちらで察する」しかない事が大半であり、絶対に答えを教えない、というまあ、時に「もう少し話して欲しいな」と寂しくなる事もあるぐらいに物

もっとみる
魔界の過疎村より心からお礼申し上げます
20

貧乏神が住む家

★使命で起業したい「ひとりビジネス起業家」★
使命を仕事にして7桁の売上を出していく

霊視×経営コンサルティングの友野高広です。

いつもご覧くださいまして、本当にありがとうございます。

今回のテーマは「貧乏神が住む家」です。

住みたくないですよね。福の神だったら良いですが…。

貧乏神が住んでいる家に住んでいる方っていらっしゃるんですよ。

本当に住んでいる場所の特徴は臭い。
かび臭い…、

もっとみる

巫動:「高天原」とはこういう景色なのではないかと思った押戸石の丘

ある日私は阿蘇方面へ向けて車を走らせていた。

私の車は電気自動車だ。充電が尽きればサポートへ電話して助けて貰うしか方法がない。故に、山の中を走る時は、充電ポイントを意識しながら、充電の残量を常に意識しながら走らねばならない。

この時、私は次の充電ポイントまで割とギリギリの勝負をしていた。まあ大丈夫だとは思うけれども、この先の山道の勾配次第ではルートを変えねばならないかもしれない。そんなギリギリ

もっとみる
魔界の過疎村より心からお礼申し上げます
15

占い師さん向けスランプ時の対処法

たまには占いの話でもしましょうか。
占い師さん向けですが、自分の立場に当てはめることもできるお話です。

占い師さんなのに、占いの話をしない。
Twitterでは「食レポ占い師」と最近言われていますが、これでも真面目に占い師さんとして活動していますので、たまにはやる気を出してみます。

そんな私ですが、占い歴は23年になりました。
ところが、23年間。占いをずっと続けている訳ではないのです。

もっとみる
嬉しい!ありがとうございます。
10