困った時の神頼み

オハヨ!小鳥さんだよ。 私は霊能者でもあるんだけど、よく近所のおばちゃんにも気軽に相談されるのね。 それは占いみたいな感じではなくて、ガチの霊現象が多い😅 何か後ろに居てるなぁーと思いながら話してたら、突然その人が「ねえ、後ろに誰か居てない?!左の肩!」って言うの。おるよ(笑) で、私は絵を描けるのでてきとうにこんな顔の人、って見せるんだけど 「わー!やっぱりお父さんや〜!何してんねん」 「守ってくれてるよ?心配いらないって」 「何か御供えとかいるかな?(早く帰って欲し

世界覚醒原論/デーヴィッド・アイク/ いかにして宗教は人類を奴隷化してきたのか③

+++ +++ ■前回までのお話 続きものになっているので、未読の方は最初から順に読んでいくと面白いと思います(^-^) + + + 東洋の宗教の「悟り」が優れているという優越感は危険である それではニューエイジと東洋の宗教を例にとって、すべての宗教を通じてどのようなことがなされてきたのかをこれから述べます。多くの人々は西洋の宗教の管理的なあり方と比べて、東洋の方が悟りを与えるものと思っているからなのです。この悟りという感覚は東洋哲学においては「全ては一つであり、

スキ
5
有料
100
再生

かんなぎのよろず相談処紹介動画

素人が頑張りました。 パソコンのスペックと戦いました。 もはや伝えたいことはそれだけです。

スキ
10

神憑り/神仏の承認

私が所謂、カミダーリになった話は2019年頃から始まる。元々霊能者体質の為、幼少時からその様だったとも言える。 では話そう。 私は赤堀の自宅に通っていた。 2019年4月辺りから。2018年8月、絵画の個展を開いて以来精神的にも体力的にも限界を突っ切ってちょっとした事で気圧されたり精神攻撃じゃないんかな、とか思えるくらい体質に影響が出始めていた。攻撃意思などが体感でわかってしまうのだ。思えば10歳から10年毎に霊力が強くなり運命的にも精神的にもどんどん辛くなっていた。 20

謎に包まれた沖縄ユタの歴史

皆さん初めまして! 琉球ユタHALと申します。 私は沖縄県沖縄市生まれの(ユタ)霊能者です。 沖縄県では霊能者のことをユタと称することがあります。 今日はそんな私が生業にしているユタの霊能力と歴史について話をしたいと思います。 さて、私はユタとしてこれまでに延べ人数20万人以上のセッションを行ってきました。 ユタ以外の活動としましては、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌の連載、出版、講演会、コンサート活動を行っています。 霊能者が霊能活動以外にコンサート活動やラジオ。執筆といった表

スキ
15
有料
1,240

神仏との出会い 第二章

子育て中の主婦であった私と神仏との出会いは突然かつ強烈でした。 「神仏との出会い 第一章」でのそれら体験を信じがたいとおっしゃられる方が多くいても当然だと思います。何故なら、当の本人が信じられなかったのですから。 今となってみれば、検証など必要のない人生を左右する体験こそが真実であり、表現しがたいその不思議さが信念を後押しすることも理解できるのですが、自分はおかしくなってしまったのかも知れないと当時は思っていましたし、その頃の私は自分の身に起こったことが、噓か、誠か、幻覚

スキ
4

デジュネの自己紹介

デジュネです。 25年の調理歴を持つ食育と心理のカウンセラーです。 霊能者でレイキヒーリングをやります。 アメブロに毎日何かしら書いています。 アメブロ https://ameblo.jp/dejeuner112/ 週に2,3回、オンライントークをやっています。 お茶の販売とカウンセリングのお申し込みはこちらから https://dejeuner.shopselect.net

ふしぎなおはなし

なんか最近芸能界に注目し過ぎて闇っぽいことばかり書いていたのでちょっと明るいことも書きたくなった。 私の周りは15年前くらいから霊能者しかいないのですよ。 私に近づいてくる人はみな霊能者。そしてそうでない人は去っていく。古い友達も気づいたら霊能者になってたりね。 彼らは普通の人が見えないものが見えたり、もうほんとにぶっ飛んでる経験をしている訳です。 彼らからほんと散々そう言った話を私は聞いてきているし、今も聞いています。 彼らに共通して言えることは、ほんとうに愛情深

スキ
1
+11

死者を甦らせ、血盟団事件も首謀した! 法華経信仰の傑物にして念波の霊能者・古内栄司/不二龍彦

昭和7年の2月から3月にかけて発生した、政財界の要人を標的とした連続テロ事件「血盟団事件」。井上日召とともに、テロの中心人物であった古内栄司。だが、それはあくまでも古内のほんの一面にすぎない。 彼の真骨頂は驚異的な心霊能力にあった。古内がその能力を発揮し多くの人々を救ったことなどは知られていない。 古内の知られざる秘史をひも解いてみたい──。 ◎日本神人伝◎ 文=不二龍彦 驚異的な心霊能力を発揮した古内栄司(数え年80歳、『念波』より)。 死者をも生き返らせた古内の「念

スキ
11

戯言1

・霊能者の定義(一般論)-A 1.不思議な力を持っている人 ・人に憑依した霊が見える ・神様や仏様とコミュニケーションができる ・その人の未来が見える ・その人の過去性が見える ・憑依した霊を祓う事ができる ・病気を治す事ができる ・ご先祖さんの言葉を伝えれる ・土地を浄化させる事ができる ・神様のお言葉を伝える事ができる。 ・霊能者の定義(経験論)-B  1.謙虚であり驚くべき気配りと厳しさを持つ方 ・人に気づきを与えてくれる。 ・問題の根本を教えてくれる。 ・本当のお

スキ
1