新着の記事一覧

海峡両岸問題

いつかはノーベル文学賞を!

めも。閻連科『心経』(河出書房新社/飯塚容=訳)2021年7月19日発売予定。五大宗教研修センターで学ぶ若い尼僧の物語で、老子や菩薩も登場するという意味深長な概要に惹き付けられる。閻連科氏の宗教小説である時点でただならぬ気配を感じる。 https://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309208336/

1年前

春のご飯会と2020年の作品三点・・・『邦人奪還』伊藤祐靖       『死者の声を運ぶ小舟』小川洋子  『この禍を記憶する人であれ』閻連科

疫病によって滅んでゆく村人たちの生き様を描いた『丁庄の夢』の新装版が出たよ

人々が呆気なく事切れる:河南省エイズ村の魔術的リアリズム『丁庄の夢』【推薦本】

めも。Web河出が閻連科氏の手記を全文公開。 アジアの作家たちは新型コロナ禍にどう向き合うのか。「文藝」夏季号で緊急特集。ノーベル文学賞有力候補にして現代中国の最重要作家・閻連科による書き下ろし手記を緊急全文公開。 Web河出 http://web.kawade.co.jp/bungei/3466/

2年前

書籍入手セリ 2019.08.05

3年前

閻連科『我与父輩』2009年(飯塚容訳『父を想う』河出書房新社2016年)

めも。閻連科『黒い豚の毛、白い豚の毛』(河出書房新社/谷川毅=訳)2019年7月26日発売。役人の身代わりになる男の滑稽譚、偉人の肖像画をめぐる老婆の悲哀など。2003年の『愉楽』を始め、次々傑作を生みだしている閻連科氏の自選短編集。 http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309207735/

3年前